補正用タオル胴帯の作り方詳細解説です

補正用タオル胴帯の作り方詳細解説です

スポンサーリンク

補正用タオル胴帯の作り方詳細解説です

女性イメージ画像

ウエストを補正する用具をタオルで作っておくと、洗いやすいうえに、自分の補正したい分だけの厚みにできるので便利です。

 

普段着物には薄め、礼装用には厚めを作っておくと、さらに便利です。

 

作り方を詳しく説明しました!

 

必要なものは、フェイスタオルと糸・針・腰ひもだけです。ではぞうぞ( ^^) _

スポンサーリンク


 

補正用タオル胴帯の詳細説明

 

フェイスタオル二枚を重ね端を縫う

 

まず、フェイスタオル二枚を用意して、端がの厚みのある部分が重ならないようにして、半分の幅に折り重ねます。

 

長さがまったく同じより、少し違う二枚にする方がよいです。

 

14〜15センチの幅になるようにします。

 

周囲を粗く縫います。

 

 

全体を粗く縫います

 

その後、全体を粗く縫います。

 

洗ったときも布が動かないように、3センチほどの縫い目で、全体を粗く、隙間なく縫います。

 

 

 

 

 

 

 

 

両端を折り曲げる

 

端は折り曲げて、写真のようにし、開かないように縫います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰ひもを両端に縫い付けます

 

腰ひもを半分の長さにして、切ったところを3センチほど折りこんで、しっかりと縫い付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエスト補正用具出来上がり

 

もう一方の端にも腰ひもを取り付けて、出来上がりです。

 

 

腰ひもの半分の長さですと、普通サイズの方なら長すぎると感じるかもしれません。

 

60〜70センチにしても間に合うはずですので、ひとつ作ったら使い心地を確かめてください。

 

 

タオルが重ねっていますので、乾くのに時間はかかりますが、汗をかく季節には複数持っておくと、洗い替えにとても便利ですよ。(^o^)丿

 

「補正用タオル胴帯」は浴衣にももちろん利用してくださいね。

 

 

◆紐は腰ひもでなくてもよいですが、幅が3〜5センチくらいのものが扱いやすいです。

 

◆着物に影響しない色であれば、どんな色や絵がついたものでも。色落ちしなければ。

 

◆バストやヒップとの差が大きい方は、タオルをさらに一枚増やすか、厚みのあるタオルを用いるようにしてください。

 

◆ふくよかな方でバストやヒップとの差が小さい方は、タオルを一枚にするなど、ご自身に合わせてください。

 

◆これはウエストのくぼみを補正するものですので、バストヒップとウエストの差があまりない方は不要でしょう。

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方