着物の前合わせは左前?右前?一度で覚える方法とは

着物の前合わせは左前?右前?一度で覚える方法とは

スポンサーリンク

着物の前合わせは左前?右前?一度で覚える方法とは

着物の衿合わせは右前

着物の前合わせは左前か右前か?いざ着物を着ようとしてどっちだったっけ?と迷うことがありますね。

 

それに「前」という言葉からすると、自分にとって前となると、着たときに手前ということなのかそれとも人から見て前側なのか?

 

なんとも分かりづらいですよね。

 

同じ疑問だとは思うのですが、上側になる方が左なのか右なのか、という迷いと同じですよね。

 

前合わせがどちらかわからなくなって、もし亡くなった方の着方と同じになってしまうと・・・大変なことになるかもしれない・・・のでけっこう重大なことです。

 

でも、たまにしか着物を着ない人でも、間違わず一度で覚えられる方法がありますよ。

スポンサーリンク


 

着物は「右前」に着る

 

まず着物の衿合わせるときに「右前」「左前」という言葉を使います。

 

着物は左右の同じ形の、衿から身ごろが続いた衣装ですから、どちらから合わせるかによって衿の出方が変わります。

 

着物を着るときの「前」という言葉の意味は、時間が前という意味で先に合わせた方を前と呼びます

 

着る人本人の右手に持っている右側の衿を先に合わせて、後から左手に持っている左側の衿を合わせるので,
右が先⇒右が時間的に前⇒右前ということです。

 

混乱の元は着物の「上前(うわまえ)」「下前(したまえ)」

 

上と下という言葉で混乱してしまうのは、通常着物を着るときに、「上前(うわまえ)」「下前(したまえ)」という言葉を用いるからだと思います。

 

着物の部位には「上前」という言葉と「下前」という言葉がちゃんとあります。

 

「上前」というのは、着たときに上にくる(着ている人にとって外側にくる)身頃のことで、左手に持っている方の身頃のことです。

 

外側にくる場所なので、振袖や訪問着などでは、模様が一番豪華に描かれていいる場所です。

 

この「上前」(着たとき上にくる身ごろ)に続く衿が、当然外側にくるわけで、右手に持っている「下前」の衿が先に体に合わせられています。

 

着付けのときに出てくる言葉でいくと、

 

着付けるとき下になる身頃が「下前」(右手にもっている身ごろ)

 

着付けるとき上になる身頃が「上前」(左手に持っている身ごろ)

 

ということになります。

 

今までのことを整理すると、右手に持っている身ごろ(衿に続いている)を先に合わせるので、時間的に前、つまり「着物の着方は右前」ということになります。

 

衿だけ見ると、着ている本人の右側が先で、左側が後です。

 

着物の衿合わせは右前

 

 

着物の衿合わせ・間違わない覚え方

 

この衿の合わせ方は、男性も女性も同じです。

 

もちろん浴衣も着物の仲間なので、同じです。

 

このようになったいきさつは、1200年ほども前にさかのぼります。

 

衿合わせが「右前」と統一されたのは、719(養老3)年のことで、それまでは特別の決まりはありませんでした。

 

元正天皇によって「衣服令」が発令され、衿は先に右を合わせる着装法「右衽着装法(うじんちゃくそうほう)」が定められたのです。

 

以来着物のときの衿合わせは「右前」が習わしになって現代に至っています。

 

逆の左前にするときは、仏式の葬儀で、亡くなった方に着せる着物のときです。

 

その時の着物は経帷子(きょうかたびら)といって、生前とは逆の衿合わせをして、死後の世界へお送りする習わしとなっています。

 

そのため、着物を左前に合わせて着ていると、「早死にする」などといわれ縁起が悪いとされるのです。

 

着物を着る機会といっても、夏に浴衣をたまに着るだけという方だと、「左前」に着てしまっている方を見かけることもあります。

 

外出先で気づいても帯を締めているので、衿合わせは直しようがありません。

 

できれば間違いたくないですよね。

 

そこでです。

 

いざ着物を着ようとなったとき、どっちだったかな?と迷うことが今後なくなるように、こんな風に覚えておくといいですよ。

 

着物の衿合わせ(前合わせ)の覚え方・どれか一つでOK

 

◆右利きが多いので、右手で懐に入れることができるようになっている。

 

◆着物姿を人から見られるとき、そのとき相手にy(小文字のワイ)のように見えている。

 

◆女性の場合はいつもの服の逆の合わせ方で、男性は服と同じ。

 

このどれかで覚えておけば、今後衿合わせに迷うことはなくなるはずです。(^o^)丿

 

 

 

先に合わせる方を前といい、右側を先に合わせるので「右前」という。

 

着物は右前に着る。

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方