裾直し(ひとえ着物)・誰でもできる写真付き手順

裾直し(ひとえ着物)・誰でもできる写真付き手順

スポンサーリンク

裾直し(ひとえ着物)・誰でもできる写真付き手順

着物イメージ画像

よく着るきものの裾は、擦り切れたり破れたりしやすいですね。

 

破れをそのままにしておくと、破れがひどくなっていったり、もう着なくなってしまうことにもなりかねません。

 

ひとえ着物の裾直しは、専門家にお願いすればいとも簡単に直してくれますが、ちょっと知識があれば、自分でもお直しができますので、覚えておくといいですよ。

 

慣れればちょいちょいっとできるはずです。

 

裾を直すには、破れているところを切り離して、あらたに裾を作ります。

 

裾は切り離しただけ短くなりますし、三つ折りをする分が短くなります。

 

だから大きな破れになる前にするのが得策です。

 

三つ折りの方法は、簡単にできる方法で、ごわつかないやり方を紹介します。

 

男性のひとえの着物も同じ方法で直すことができます。

スポンサーリンク


 

裾直しの方法

 

破れてしまったところ(擦り切れたところ)のギリギリのところで切断します。

 

裾はつま先からつま先まで、まっすぐに切り離します。(広くて平なところに着物を置くと線つけとか切り離しがやりやすいです)

 

衿下のところを15センチほどほどき、写真のように折る線の印をつけます。

 

ここではわかりやすくするため、鉛筆で黒く線をひいてますが、ヘラかあとで消えるペンなどでされるといいですよ。

 

 

衿下はもともと三つ折りしている線に合わせてください。

 

たぶん7ミリか8ミリの幅で折ってあるはずです。

 

裾はその1.5倍の幅で折ってあったはずですが、もう切り離して折り目は見えませんから、衿下の幅の1.5倍の幅で印をつけ、三つ折りにします。(通常は裾は1センチの幅で三つ折りします)

 

裾直しの印つけ・紙に書いたもの

 

写真を参考にして、出来上がりの角Bから上に△分あがって右に○分入ったA そしてBから下に△分下がって左に○分はいったC

 

に印をつけます。

 

 

 

 

 

 

裾直し・印つけのアップ

 

印つけのところのアップです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直しの印つけ

 

例では黄色い布に、印をつけてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直し・三つ折りの方法

 

三つ折りの仕方は、衿下を一度折ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直し・衿下折ってからAとCを結ぶ線を折る

 

AからCを結ぶ線で折ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直し・衿下をもう一度折る

 

衿下をもう一度折って出来上がりにし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直し・裾を一度折り

 

裾を一度折り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直し・裾をもう一度折って出来上がり線

 

裾をもう一度折ると、出来上がり線になり、すると角が合うはずです。

 

角のことを額縁と呼んでいます。

 

しっかりとアイロンをあてておきます。

 

 

 

 

 

 

裾直し・衿下から縫い額縁小さくくける

 

では衿下のほどいたところを縫って裾に向かいます。

 

角にきたら内側を小さくすくうように縫っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直し・小さくくけている様子

 

角の額縁を、小さくすくうように縫っている様子。

 

一番角は1〜2ミリぬいのこしてもどります。

 

針目が出ないようにします。

 

 

戻ったら、表側にひと針出して、それから裾をくけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直し・縫い終わった裏の様子

 

縫い終わったとして、さきほどの額縁あたりの裏の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾直し・縫い終わった表の様子

 

その表側の様子です。

 

縫い糸(黒)が小さい針目で見えている様子。

 

 

これは上前になるつま先のところでしたので、下前になるつま先のところも、同じように行ってください。

 

 

 

 

 

 

裾直し・裾の縫い方

 

つま先以外、裾の端から端まで、三つ折りにして縫うわけですが、身頃の折り目があるところでは、針目を出すようにしてしっかりと縫い付けるようにします。

 

こうして、三つ折りがくずれないとともに、「きせ」もくずれないようにしておきます。

 

通常裾の三つ折りは、1センチが適切です。

 

 

 

裾直し・裾の縫い方の上前方向のアップ

 

三つ折り縫いは、1〜2ミリはいったところをくけていきます。

 

縫い代の多いところや、きせのあるところは、表と裏にひと目針を出して、縫いとめるようにします。・・・と書いてあります。

 

通常裾の三つ折りは、1センチの幅が適切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の場合はおはしょりがあるので、調整はおはしょりですることになりますが、男性の場合はおはしょりがありません。

 

そのためたいていの場合は、「内揚げ」がされていて、このような裾直しで裾が短くなってしまう場合に、内揚げをその分下すことになります。

 

 

見にくいところもあるかもしれません。今日は雨で、いつもの作業場所の明かりが足りない感じです。(-"-)

 

3月だというのに足先も冷え切っています。でも頑張りました。(^.^)/~~~

 

お気にいりのひとえ着物を、長くたのしんでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方