女性用兵児帯の作り方と結び方・誰でもできる手順書付き

女性用兵児帯の作り方と結び方・誰でもできる手順書付き

スポンサーリンク

女性用兵児帯の作り方と結び方・誰でもできる手順書付き

自分で作った兵児帯でリボン返しアレンジ

兵児帯はもともとは男性と子供の使う帯でしたが、近年女性も兵児帯をよく用いるようになりました。

 

女性が兵児帯を使うときは、主に浴衣のときです。

 

夏、浴衣の販売コーナーには、柔らかく薄い生地の色鮮やかな兵児帯が置かれています。

 

でも兵児帯は浴衣のときだけでなく、普段に着物を着るときに利用しても、まったく問題はありません。

 

ただし普段用〜軽いお出かけ程度の着物のときに合わせる帯です。

 

気軽な着物の装い方として、これからますます人気が出てくるのでは?と予想しています。

 

まだ商品そのものの数が少ないように思いますので、気にいった生地があればご自分で作ってみてはどうでしょう。

 

一番簡単にできる帯ですので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク


 

女性用兵児帯の作り方

 

出来上がり 幅35〜40センチ、長さ360〜400センチ の範囲

 

着物など和装品の反物で作れば、長辺の始末が不要なので、短い辺両端の始末だけで済みます。

 

その場合は、両端を三つ折りにして、手縫いまたはミシン縫いで始末します。

 

 

反物から自作した女性用兵児帯

 

この紺色の兵児帯は、着物の反物で端の始末だけしてある帯です。

 

長さを390センチにしました。

 

幅は測ってみたら38センチありました。

 

 

 

 

 

 

ちょうど適した反物があればいいのですが、そうでない場合、洋服用生地でよいので、薄くて張りのある生地を選びます。

 

化繊素材のものがふわっとして兵児帯に向いていると思います。

 

もちろん木綿や絹でもよいですが、裏地などをつけないので、生地の一枚だけで判断することになります。

 

 

木綿の絞りの生地

 

写真の例は、木綿の絞りの生地です。

 

白地に赤黒い絞り染めのあるものです。

 

測ってみたら欲しいだけの長さがなかったので、中心に60センチ継ぎ足しました

 

帯は締めるものなので、継ぎ目がしっかりした方がよいので、袋状に縫いました。

 

 

 

 

1センチずらして手前の5ミリ内側を縫う

 

袋縫いは、表と表を合わせて、1センチずらし、内側(短い方)の端から5ミリはいったところで縫い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い方を8ミリ内側に折って

 

その後長い方を端から8ミリで折り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今縫った縫い目のところでまた折って、その端を縫います

 

今縫った縫い目のところでまた折って、その端を縫います。

 

裏側からは縫い目が二本見えています。

 

表側からは一本縫い目が見えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長辺の一方はミミになっている生地なので、それはそのままです。

 

長辺のもう一方は、7〜8ミリ幅の三つ折りにし、端を縫います。

 

 

最後に端を三つ折り縫いして完成

 

最後に、短い辺の両方を同じく三つ折りにして、端を縫います。

 

完成です。

 

 

生地が足りなかったので、この例では真ん中に60センチ継ぎ足ししました。

 

端に継ぎ足すと、結んだ表情に継ぎ目が出てしまうことがあるため、胴に巻く部分の隠れるところに継ぎ足すようにしてください。

 

 

作った兵児帯でリボン返し

 

作った兵児帯でリボン返しという、簡単な帯結びをしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作った兵児帯でリボン返し・少しアレンジ

 

同じリボン返しですが、羽根とひだを少し変えました。

 

表情が少しですが、変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青い兵児帯で角出し太鼓

 

先に紹介した反物で作った青い兵児帯で、角出し太鼓を結んでみました。

 

これは落ち着いた雰囲気になりますから、40代以降の方に特におすすめしたい結び方です。

 

この結び方の詳しい解説はこちらです⇒角出し太鼓(兵児帯)の結び方とアレンジ

 

リボン返しはこちらで詳しく手順を説明しています⇒リボン返し(兵児帯)の結び方とアレンジ

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方