袴姿(女性の卒業袴)と着付け方法

袴姿(女性の卒業袴)と着付け方法

スポンサーリンク

袴姿(女性の卒業袴)と着付け方法

女袴着姿・訪問着に紫の袴

短大、専門学校、大学などの卒業式では、女性の袴姿がとてもりりしく美しく映えます。

 

明治から続く女学生の袴姿は、若さと学びの象徴です。

 

いよいよ卒業を迎えた晴れの日の彼女たちに、拍手を送りたくなりますね。

 

また卒業生を見送る先生方の袴姿も素敵です。

 

きっと卒業式の一日が、印象深いものになりますよ。

 

着付け方はおなじですから、機会があればぜひお試しください。

スポンサーリンク


 

女性の袴の着付けの基本

 

卒業式にふさわしい着物と袴を選びます。

 

近年では衣装が華美になりつつあって、振袖に袴を合わせる方も多くなりました。

 

袴も一色でなく、ぼかしがはいったもの、多色のもの、刺繍が施されたものなど、多様になっています。

 

衣装が華美になるにしたがって、髪型やメイクアップも華やかになっています。

 

どんな袴姿にするかは、お好みがありますので一概にはいえませんが、その学校で代々続く風習にのっとって、清々しく晴れやかな印象になるように装うのがよいと思います。

 

生徒さんを見送る先生方の袴姿については、よりつつましやかでさっぱりとした着物と袴がお似合いになると思います(着物は色無地、淡い色目のものが主流でしょう)。

 

着付けについては、草履の場合はくるぶしあたりまでの長さの袴丈、ブーツの時はさらに数センチ短く着付けます

 

袴の丈にも種類があり、前もって身長や履物によって自分に適した長さのものにするようにしてください。

 

 

女袴の着付け

 

伊達衿を取り付けます

 

ここでは伊達衿を付けて着物を着ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・裾を短く着付ける

 

着物の裾を短く着付けます。

 

長じゅばんが裾まであるような場合は、長じゅばんも短く着付けます。

 

長じゅばんを短く着付けるには、着物の着付けと同じく、腰ひもで裾をあげて胸紐、伊達締めで整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・脇のおはしょりを整えます

 

袴の脇からおはしょりが見えるので、ここはキレイに整えておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・半幅帯で一文字結び

 

半幅帯で一文字結びをします。

 

滑りにくいウールが適していると思いますが、なければ浴衣帯でも。

 

着物と袴の間の色なので、バランスのよい色にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・前から回した紐を帯結びに掛ける

 

前帯が1〜2センチ出る長さで、袴の前側をあて、紐を後ろに回します。

 

後ろで帯の結び目の上から下へと交差させて前に回します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・前の紐のそれぞれを帯の結びの上で交差させます

 

前の紐のそれぞれを帯の結びの上で交差させ、前にまた紐をもっていきます。

 

後ろはこのようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・前に戻した紐を左前で交差させる

 

前にもどした紐を、左前の位置で交差させて、再び後ろに回します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・帯結びの下で締める

 

後ろに再び回した紐を、帯の結び目の下でしっかりと締めます。

 

蝶々結びにしたら、その結び目を裏に返しておくとほどけにくいです。

 

または蝶の部分を回してきた紐に引っ掛けるようにしてもほどけにくいです。

 

手直しができない部分ですので、しっかりと締めます。

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・後ろの袴を結びの上にのせ紐を前に

 

後ろ側の袴を帯の結び目の上にのせて、紐を前に回し、左前の位置で蝶々結びをします。

 

長い方の紐を結び目の後ろを下から通して、前にたらします。

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

女袴着付け・完成

 

 

長じゅばんも着物と同じくらいの丈にする必要があるので、着物を着付ける前の長じゅばんの長さにも注意してください。

 

長じゅばんの丈を短くするには、着物を着るときと同じように腰ひも胸紐をして、伊達締めで整えます。

 

一文字結びの結び方はこちらにあります⇒一文字結びの結び方

 

ここで使っている伊達衿は、自分で作ったものです。

 

 

少しの布でできますよ。こちらで作り方を説明しています⇒伊達衿の作り方

 

 

女袴の歴史

 

卒業式に用いる袴は女袴と呼ばれています。

 

袴には何種類かの形状のものがありますが、明治時代、女性が袴を着用しだしたころは、男性用の袴しかありませんでした。

 

明治初期に女性にも学問の扉が開かれてからは、袴が女学生の制服となったのですが、男性用の袴を着用していたので、醜く荒々しいとの評判が出ました。

 

また袴といえば男性が正装の際に身に着けるもので、男性の権威を見せつけるものであったので、女性が着用することをよしとしませんでした。

 

明治16年には男袴の着用が禁止され、再び着物だけの時代になりました。

 

その数年後に、これからも女性が活躍する時代になるということで、下田歌子さんが女性のための袴を考案しました。

 

それが、今の袴の元です。

 

今の袴とそっくりな、前にプリーツが入って丈が短いものだったのです。

 

宮中の女性は袴を着用していたことや、天皇家が見学に来られる際に着物だけでは失礼だから、という理由などもあって、下田歌子さん考案の袴が採用されたというわけです。

 

女学生専用の袴の色は、海老茶色と決まっていました。

 

明治30年過ぎで1万人だった女学生は、裕福な家庭の女子のみが通える憧れの存在でした。

 

それが大正の末期には女学生の数は30万人に。

 

少女向けの雑誌で取り上げられる女学生ファッションが大流行して、ビーズのバッグ、編み上げのブーツ、洋花の模様の大胆な着物、半衿とのコーディネートなどなど、女学生の増大とともに女性のファッションも花開いていきました。

 

そんな時代を経て洋服を着用する女性が増加しましたが、卒業式には女学生の清楚で凛々しい袴姿が残りました。

 

30年ほど前の管理人の卒業式時代は、色無地か矢絣とほぼ着物は決まっていましたが、現代では、「可愛い着物にりりしい女袴」が卒業式に一番の人気スタイルになっているようです。

 

新しい時代を袴で迎えた女性たちの姿が、学業を終え、独り立ちしていく女性にふさわしい姿として歓迎されているようです。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

着物でクリスマスコーディネート・手持ちでできる大人なアレンジ(40代〜)
絶対自分で!華やかな訪問着の着付けをマスター・お友達と一緒に
真冬に浴衣のけいこ・その日におさらいで着実に上達のFさん
お茶のお稽古に着物でTさんの二重太鼓の練習風景
お嬢様の成人式に参列・訪問着の自装練習中のSさん
春秋冬の三シーズンに着られる着物や帯で着回し自在
七五三詣り二児のお母様として訪問着の練習中の知世さん
秋の始まりの着物姿・紅葉の柄の帯をいつもの着物に
訪問着に二重太鼓・品のよい色気を考えながら着こなす梨紗さん
芯なし昼夜帯(腹合わせ帯)のアレンジ結び・春秋冬のプライベート着物に
麻着物と絽袋名古屋で装う夏のコーディネート例(40代50代)
おろしたての麻名古屋帯で装う涼やかな夏のお出かけ着の恵さん
他装(浴衣を着せてあげる)の基本をマスター・浴衣姿がお手本になるゆき子さん
一度の練習で浴衣モデルに・祐子さんの選んだコーディネート
入学式(卒業式)のお母様(母親)の着物と準備
教員(先生)の袴姿・送る立場での装い方
絽の紅型着物に麻の帯で誰にも負けない上質なおしゃれのKさん
初夏に楽しみたい縞木綿の着物
季節を問わない着物姿(普段着〜お出かけ着)40代以降
夏のおしゃれ着物コーディネート例(薄物カジュアル)
歌手坂本冬美さんの紅白歌合戦の衣装・着物でブーツ姿がステキでした
着物コーディネート紬・40代以降のおしゃれ着の例

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方