女性の補正タオルで手作り(写真詳細解説付き)

着物のときの補正を手作り・ウエストとヒップの上とバスト(写真詳細解説付き)

着物のときの補正・タオルで手作り・ウエストとヒップの上とバスト(写真詳細解説付き)

着物のときの補正・タオルで手作り・ウエストとヒップの上とバスト(写真詳細解説付き)

着物を着るときの体型補正は、人によって必要な補正のしかたが違います。

 

市販の補正用具・用品で間に合う人もいますし、そうでない人もあるはずです。

 

ここでは手作り派の人におすすめしている、タオルでの体型補正用品を紹介します。

 

タオルで手作りする利点は、自分にあった補正の量を調整できる、洗いやすいという特徴があります。

 

市販品にプラスしたり、市販品ではちょっと不満という人に利用していただきたいです。

 

スポンサーリンク


 

女性の着物補正用品を手作りする

 

着物のときの補正ウエスト補正用品手作りしたもの

 

体型を補正する最も大切な部分がウエストです。

 

バストとウエストの差が10センチ以上あるなら、ウエストの補正をした方がよいでしょう。

 

ウエストの補正用品としては、形を固定してしまう方法とそうでない方法があります。

 

 

形を固定する方法の利点・欠点

 

形を固定する補正用品は、すばやく取り付けができるという利点があります。

 

欠点としては、洗った後の乾燥が遅いという点です。

 

タオルを折るだけで補正もできますが

 

形を固定せず、タオルをひらいたままで補正することもできます。

 

その都度タオルを折って紐で留めるわけですが、つけるときは少々手間がかかるものの、洗いやすく乾きやすいという利点があります。

 

 

洗い替えでき便利なので固定型がおすすめ

 

着物をよくお召しになるなら、タオルを固定したものを数枚手作りしておくのが一番いいと思います。

 

すぐに身に着けられ簡便ですし、洗い替えの用意さえあれば乾きにくいのはさして気になりません。

 

 

では、自分にあった補正用品を作ってみましょう!

 

ウエスト補正用品の作り方(形を固定する方法)

 

着物のときの補正ウエスト補正用品手作りしたもの

 

フェイスタオルを幅半分に折って、端に腰紐を取り付けます

 

タオルの端は写真のように三角に折り曲げてから、腰紐を取り付けると着装しやすいです。

 

腰紐は半分の長さに切って使えます。

 

それでは長すぎる場合は、60〜70センチほどにすると使いやすいと思います。

 

バスト・ヒップとウエスト差が大きい方は、フェイスタオルを2枚重ねる、またはくぼみの大きい部分にさらに薄いタオルを重ねるなど調整します。

 

 

着物のときの補正・ウエスト補正紐取り付けアップ

 

タオルの布地が動かないように、全体を粗く縫いとめておきます。

 

紐はしっかり縫い付けてくださいね。

 

 

作った補正用品の使い方

 

使い方は、タオルの真ん中をお腹(おへその少し上のウエストの一番細い部分)にあてて後ろに回します。

 

紐を前に回して前で結びます。

 

結び方はとりやすければなんでもOKです。

 

 

詳しく作り方はこちらです⇒「ウエスト補正用品・タオルで胴帯の作り方を詳しく解説中」

 

 

手作り・ヒップの上のくぼみ補正用品

 

着物のときの補正・ヒップの上のくぼみ補正手作り品

 

これはヒップの上のくぼみだけに使う補正用具です。

 

お太鼓結びのときはヒップの上も補正もしておくと、たれが跳ね上がらずお太鼓が整いやすいです

 

 

ヒップの上のくぼみ補正用品作り方

 

フェイスタオルを幅半分にしてから、四分の一の長さにして腰紐を取り付けます。

 

幅が20センチくらいのものが使いやすいと思います。

 

腰紐を取り付けますが、一本では長すぎる場合は短くして取り付けてください。

 

ちなみに私は1メートル20センチほどにしています。

 

くぼみが大きい方は、さらにハンドタオルを足して調整してください。

 

タオルの布地が動かないように、全体を粗く縫いとめておきます。

 

紐はしっかり取り付けてくださいね。

 

ヒップの上のくぼみ補正・使い方

 

使い方は、タオルをヒップの上のくぼみにおいて、紐を前に回して前で結びます。

 

ウエストの補正のあとで、このヒップ上の補正をします。

 

 

ウエスト補正とヒップの上のくぼみ補正を合体させた補正用品・手作り

 

着物のときの補正・ウエスト補正とヒップの上のくぼみ補正合体手作り品

 

上記の二つを合体させたものを作っておくと、一度の装着で補正ができるのでとても便利です

 

この場合はヒップの上の補正に合わせてから、前に巻いてきて前で結びます(ひもを長くして背で結んでもよいです)。

 

 

アレンジ・お腹が出ている人向き補正品

 

着物のときの補正・お腹が出ている人向きのアレンジ手作り品

 

これは、ウエストの後ろ側とヒップの上を同時に補正するためのものです。

 

お腹の出ている方でその割にはヒップの上にくぼみの大きい方用に作ったものです。

 

やはり紐をあらかじめ取り付けておくので、装着が簡単です。

 

ただ、洗った後の乾きは、布の重なりが多くなる分遅くなるので、その点ご注意ください。

 

 

このように、フェイスタオルやハンドタオルと紐を利用して、補正量を調整して、自分にぴったりの補正用品を作ってください。

 

 

バストにボリュームが欲しいときの補正

 

着物のときの補正・バストにボリュームが欲しいときの補正

 

それからもうひとつ、胸が薄い方や痩せている方で、上半身にボリュームが欲しいなというときの補正です。

 

フェイスタオルを利用して、胸の補正用品を作りました。

 

これは薄いタオル生地ですが、礼装などのときはもっと厚い生地のものを利用してもいいですよ。

 

ご自分の目指す着物姿に近づけてくださいね。

 

 

バストにボリュームが欲しいときの補正用品・作り方

 

着物のときの補正・バストにボリュームが欲しいときの補正作り方

 

バストの補正用品の作り方です。

 

まずフェイスタオルをたてを半分に折ります。

 

着物のときの補正・バストにボリュームが欲しいときの補正作り方

 

上の片方の端を、手前側の布は手前に、向こう側の布は向こうに下ろします。

 

着物のときの補正・バストにボリュームが欲しいときの補正作り方

 

今下ろした端を、斜め線(折り曲げた線)まであげます。

 

向こう側も同じようにします。

 

頻繁に使う場合は、この状態を保つため、粗く全体を縫いとめておきます

 

 

着物のときの補正・バストにボリュームが欲しいときの補正ボディに

 

たまに使うだけなら、縫わずにその都度胸にあてて補正します。

 

紐は使わず、この上に長じゅばんを着ていきます。

 

 

以上、タオルを必要な補正の形に作って、紐をつける方法を紹介しました。

 

タオルをそのまま利用する補正方法

 

着物のときの補正・タオルを折ってひもでとめる方法ボディに

 

あらかじめ作っておかずに、着物を着る都度タオルを適した形に折って、体の補正をすることもできます。

 

ウエストのくぼみには、フェイスタオルを半分の幅に折って胴に巻き、腰紐で押さえます。

 

ヒップの上のくぼみには、フェイスタオルを幅半分にしてから、四分の一の長さにして、ヒップの上のくぼみに当て紐で押さえます。

 

上の写真は、ウエストの補正用とヒップの上のくぼみの補正用のタオルを、同時に体につけて腰紐でとめました

 

 

自分で行うときの注意点

 

自分で行うには、補正用タオルを体に置いたら、腰紐の中央をお腹にあてて後ろに回し、持ち替えて前に回して結びます。

 

そのとき後ろのヒップの上の補正タオルを必ずしっかりと押さえるようにしてください。

 

腰紐のかける位置は、中央より少し上にします。

 

木綿の下着を着用していれば、タオルがするっと落ちることはないと思いますが、上体を少し前に曲げると補正がやりやすくなりますよ

 

ウエストの補正は、フェイスタオル一枚ないし二枚重ねてから半分の幅に折って、利用してください。

 

タオルの厚さによって、補正できる分量が変わりますので、自分の体に合わせて一番適したタオルの厚さや大きさを選んでください。

 

 

紐の代わりにテープなどを利用する補正方法

 

これまでタオルと腰紐を使って補正しましたが、紐を減らす目的であればテープを使っても留められますのでおすすめです。

 

ウエストの補正を紐で留める代わりに、テープを2〜3箇所ぴたっとはります

 

ヒップの上のくぼみの補正のタオルを留めるときも、紐の代わりにテープをぴたっとはって留めます。

 

 

ひもの代わりにテープを使うときの注意点

 

はるときはいいのですが、はずすときにタオルのループがひっぱられてしまうことがあるので注意してください。

 

テープは医療用のサージカルテープが、つけやすくはがしやすいです。

 

 

着物のときの補正・タオルで手作り・ウエストとヒップの上とバスト(写真詳細解説付き)まとめ

 

タオルとひもを使った、簡単にできる手作りの補正用品を紹介しました。

 

自分の体型に合わせて作ることができ、吸湿性がよく洗えるという利点があります。

 

ヒップの上のくぼみの補正は、お太鼓のときにたれが跳ね上がらずお太鼓の形が整います。

 

ぴったりのものをいくつか用意して、着物ライフをさらに楽しんでくださいね!




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方