女性の補正タオルで手作り(写真詳細解説付き)

女性の補正タオルで手作り(写真詳細解説付き)

スポンサーリンク

女性の補正タオルで手作り(写真詳細解説付き)

ウエスト補正用具

タオルで体型を補正すると、一人ひとりの体型にあった補正ができるという利点があります。

 

もちろん女性が着物を着るときの補正用具・用品は、市販されているものが沢山ありますから、その中から選ぶのもいいのですが、補正量が調整できるものは少ないようです。

 

市販されているものは「補正下着」や「着物ファンデーション」という名称で販売されています。

 

市販されているものは、体に巻きつけてマジックテープや紐で留めるだけという手軽なものがほとんどですので、利用している方も多いです。

スポンサーリンク


 

でもそれらに似たものを手作りすることもできますので、手作り派の方は一度お試しください。

 

フェイスタオルや腰紐で自分にあったものを複数作っておくと、洗い替えにも便利です。

 

手作りする方法としても、形を固定してしまう方法と、その都度タオルを折って紐で留めるという方法があり、形を固定してしまう方法だと、すばやく取り付けができる利点がありますが、洗った後の乾燥が遅いという欠点もあります。

 

一方、その都度タオルを折って紐で留めるという方法は、つけるときは少々手間がかかりますが、汗をすったときに洗いやすいですし、開いて乾かせるので乾燥しやすいという利点があります。

 

このあたりは、着物をお召しになる機会が多いか少ないか、手作り派かそうでないかなどでも分かれるところですので、お好みで試してみてくださいね。

 

手作りする補正用具・用品・形を固定する方法

 

ウエスト補正固定式

 

フェイスタオルを幅半分に折って、左右に腰紐を取り付けます。

 

タオルの端は写真のように三角に折り曲げてから、腰紐を取り付けると着装しやすいです。

 

腰紐は、半分の長さに切って使えますが、半分では長すぎる場合は、60〜70センチほどにすると使いやすいと思います。

 

ウエストのくぼみが大きい方は、フェイスタオルを2枚重ねて厚みを増して使用します。

 

 

 

ウエスト補正固定式・紐の取り付けアップ

 

タオルの布地が動かないように、全体を粗く縫いとめておきます。紐はしっかり縫い付けてくださいね。

 

使い方は、タオルの真ん中をお腹にあてて後ろに回し、紐を前に回して、前でしばります。

 

 

 

 

作り方の説明が不足しているので、もっと詳しく作り方を解説しました。こちらも参考にどうぞ⇒補正用タオル胴帯の作り方詳細解説です

 

ヒップの上のくぼみ補正・固定式

 

ヒップの上のくぼみだけに使う、補正用具です。お太鼓結びのときはここの補正もしておくとよいです。

 

フェイスタオルを幅半分にしてから、四分の一の長さにして腰紐を取り付けます。(タオルの大きさによって調整してください。幅が20センチくらいのものが使いやすいと思います)

 

腰紐を取り付けますが、一本では長すぎる場合は、短くして取り付けてください。(ちなみに私は1メートル20センチほどにしています。)

 

くぼみが大きい方は、さらにハンドタオルを足してみてください。

 

タオルの布地が動かないように、全体を粗く縫いとめておきます。紐はしっかり取り付けてください。

 

使い方は、タオルをヒップの上のくぼみにおいて、紐を前に回して前でしばります。

 

ウエストの補正のあとで、このヒップの補正をします。

 

 

 

 

ウエストとヒップの上同時補正・固定型

 

上記の二つを合体させたものを作っておくと、一度の装着で補正ができるので便利に使えます。

 

この場合はヒップの上の補正に合わせてから、前に巻いてきて前で縛ります。

 

 

 

 

 

 

 

ウエスト後方とヒップの上同時補正・固定型

 

写真のものは、ウエストの後ろ側とヒップの上を同時に補正するためのもので、お腹の出ている方でその割にはヒップの上にくぼみの大きい方用に作ったものです。

 

どれも紐をあらかじめ取り付けておくので、装着がより簡単になるタイプの補正方法です。

 

ただ、洗った後の乾きは、布の重なりが多くなる分遅くなるので、その点ご注意ください。

 

 

それからもうひとつ、胸が薄い方や痩せている方で、少し上半身にボリュームが欲しいなというときの補正です。

 

胸を厚くする補正・固定型

 

フェイスタオルを利用して、胸の補正用品を作りました。

 

これは薄い生地ですが、礼装などのときはもっと厚い生地のものを利用してもいいですね。

 

 

 

 

 

胸を厚くする補正・タオルを半分に折る

 

作り方です。まずフェイスタオルをたてを半分に折ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

胸を厚くする補正・上の片方端を下ろす

 

上の片方の端を、手前側の布は手前に、向こう側の布は向こうに下ろします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸を厚くする補正・今下ろした端を斜め線まであげる

 

今下ろした端を、斜め線(折り曲げた線)まであげます。向こう側も同じようにします。

 

頻繁に使う場合は、この状態を保つため、粗く全体を縫いとめておきます。

 

 

 

 

 

 

胸を厚くする補正・胸の補正に使います

 

たまに使うだけなら、縫わなくてもよいです。

 

胸にあてて、胸の補正にします。

 

紐を使わず、この上に長じゅばんを着ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りする補正用具・用品・タオルをそのまま利用する方法

 

着物を着るときに、その都度タオルを適した形に折って、体の補正をしていくこともできます。

 

ウエストのくぼみには、フェイスタオルを半分の幅に折って胴に巻き、腰紐で押さえます。

 

ヒップの上のくぼみには、フェイスタオルを幅半分にしてから、四分の一の長さにして、ヒップの上のくぼみに当て、紐で押さえます。

 

 

ウエスト後方とヒップの上同時補正・固定型

 

写真はウエストの補正用とヒップの上のくぼみの補正用のタオルを、同時に体につけて、腰紐でとめました。

 

自分で行うには、補正用タオルを体に置いたら、腰紐の中央をお腹にあてて後ろに回し、持ち替えて前に回してしばります。

 

そのとき後ろのヒップの上の補正タオルを必ずしっかりと押さえるようにしてください。

 

腰紐のかける位置は、中央より少し上にします。

 

木綿の下着を着用していれば、タオルがするっと落ちることはないと思いますが、少し体を前に曲げると、補正がやりやすくなりますよ。

 

ウエストの補正で、フェイスタオル一枚では足りなければ、二枚重ねてから半分の幅に折って、利用してください。

 

タオルの厚さによって、補正できる分量が変わりますので、自分の体に合わせて一番適したタオルの厚さや大きさを選んでください。

 

 

紐の代わりにテープなどを利用する補正方法

 

上記のように補正を手作りする場合は、タオルと腰紐を利用しますが、紐を減らす目的であれば、テープを使っても留められますのでおすすめです。

 

ウエストの補正を紐で留める代わりに、テープを2〜3箇所ぴたっと張ります。

 

ヒップの上のくぼみのタオルを留めるときも、紐の代わりにテープをぴたっとはって留めます。

 

はるときはいいのですが、はずすときにタオルのループがひっぱられてしまうことがあるので、その点は注意してください。

 

また、腰紐でタオルを留める際に、慣れないうちはタオルがずり落ちそうになるかもしれないので、それを食い止めるために補助的にテープを使ってもよいです。

 

テープは医療用のサージカルテープが、つけやすくはがしやすいです。

 

ヒップの上のくぼみの補正は、お太鼓結びにするときは必ずされるとよい補正です。半幅帯のときはこの補正はしなくても大丈夫です。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方