か行

か行

スポンサーリンク

片身替わりの着物

「片身替わりの着物」というのは片方の身ともう片方の身が別々の生地で仕立てられた着物です。片方の身といっても、衿と袖もまとめて片身としていますので、写真のように背中心から左右が分かれた地色や文様の生地になります。「片身替わりの着物」は、能装束にもある柄付構成で、舞台映えする立ち姿になります。着物は着る...

≫続きを読む

 

下駄(げた)

下駄は昔の人が普段にはいていた履物です。木製の板に歯を取り付け、鼻緒をすげて履きます。鼻緒は木製の台に3個所穴をあけて取り付け、足をいれます。鼻緒は、やわらかい緩衝材を入れた丈夫な布で、台とは別々に売られていました。好きな鼻緒を選んで台に取り付けますが、新しい鼻緒をつけるときは、「鼻緒をすげる」とい...

≫続きを読む

 

懐剣(かいけん)

布袋に入った短剣を帯にさします。打掛けは、武家の花嫁衣裳であったこと、武家の娘は短剣の扱いをたしなみとして身につけていて、外出時などは常に懐剣を身に着け、護身武器としたことから、「いざという時は自分で自分の身を守る」という意味が込められています。

≫続きを読む

 

肩裾模様・裾模様

肩裾模様は、肩と裾に模様があるもので、訪問着がこれにあたります。肩裾模様といっても、衿、胸、袖にわたって、模様がつながる豪華なものもあります。裾模様は、着物の腰から下、または裾の部分に模様があるものをいい、留袖、色留袖がこれにあたります。留袖は既婚者の着物で、年齢によって七寸模様、五寸模様、三寸模様...

≫続きを読む

 

笄(こうがい)

お箸のような棒状の髪飾りで、昔は髪を掻きあげたり、毛筋を立てたりするのに使う整髪具でした。先の細いものは、頭皮がかゆいときにかくのに用いられたりもしました。鯨のひれ・竹・ガラスなどいろいろの物で造られました。正式には鼈甲(べっこう)が用いられました。

≫続きを読む

 

数え方

和装関連用品の数え方着物、浴衣:枚長じゅばん:枚羽織:枚下着:枚和装コート:枚または着袴:腰(腰まわりを紐で括る形式の下衣の数え方)帯:本帯揚げ:本帯締め:本草履:足下駄:足雪駄:足足袋:足(左右そろっていないときは1枚2枚と数える)打ち掛け:領(りょう)領は首という意味で衿をもってたたむものを領と...

≫続きを読む

 

着物掛け「着付けの味方」

独自に開発した家具で、着付けの際や脱いだ後掛けておける家具が必要と思い、開発した家具商品です。名前は「着付けの味方」で、着物類を掛けるだけでなく、天然木の家具としての見栄えや、手で吊り上げて持ち運べる軽量試用のため、虫干しに利用したり、鏡のそばまで移動させたりと、使う場所を変えて利用できます。土台の...

≫続きを読む

 

吉祥模様(きっしょうもよう)

「よいきざし」「おめでたいしるし」という意味を表した、模様の総称。鳳凰(ほうおう)、鶴、亀、松竹梅、宝船、瑞雲、四君子、宝尽しなど、縁起のよい模様のこと。中国から伝わったものとしては、竜、鳳凰、雲気、含綬鳥模様、鶴、亀、松竹梅など。日本独自の吉祥模様には、橘、御簾、几帳、檜扇、冊子、御所車、貝桶、熨...

≫続きを読む

 

腰ひも

きものや長じゅばんを着るときに使用する、幅3〜4センチ、長さ2メートルくらいの紐(ひも)です。腰ひもの材質としては、毛・合繊・絹などがあり、一番しまりがよいのは、毛のもので、メリンスとかモスリンと呼ばれます。絹のもので幅広で楊柳タイプのものも、同じように使えます。ポリエステルの腰ひもは、滑りやすいた...

≫続きを読む

 

かんざし

髪をアップにするときに、髪留めを兼ねる目的も含め、和服のときには髪に欠かせない飾り。華やかなゆれる飾りは、若い女性のつややかさを一層引き立てます。かんざしをすることによって、着物姿が一層引き立ちます。かんざしひとつをぽんと何気なくさすだけで、粋な雰囲気になったり、ロマンチックな印象にうなったりと、着...

≫続きを読む

 

コート

防寒・塵除け・防雨のために長着(きもの)の上に重ねて着る、前が開いていないもの。道行(みちゆき)コート・道中着(どうちゅうぎ)・雨ゴートなどが、その仲間です。コートを選ぶとき最初は、なるべく何種類かの着物と合うように、オーソドックスな色目の、単色か飛び柄くらいのものを持つと、重宝します。コートは洋装...

≫続きを読む

 

京袋帯

京袋帯というのは、名古屋帯と長さが似ていて、表布、裏布を同寸に断って、袋状に合わせてあります。芯は入れずに仕立てるので、やや厚地の生地で仕立てられることが多いです。そのため木地の素材のよしあしが出ることと、その素材を楽しめるのがいいところです。また両面の生地でお太鼓を二種類楽しめる利点もあります。京...

≫続きを読む

 

久留米絣(くるめがすり)

福岡県久留米市および周辺の旧久留米藩地域で生産されている絣(かすり)です。絣は糸の一部をくくって、染め色がつかないようにしてから染色して織ることで、模様を織り出していきます。久留米絣の特徴は、絣の部分が白と薄い藍色で、かちっとした端正な模様であることです。木綿絣の最高級品とされていて、天然藍で染めて...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方