きもの物語

講座「おしゃれ着きもので着物生活」その3「譲られた着物アンティーク着物が小さい・大きい・お直し費用は

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

講座「おしゃれ着きもので着物生活」その3「譲られた着物アンティーク着物が小さい・大きい・お直し費用は

譲ってもらった着物アンティーク着物、小さい大きい対処法

講座「おしゃれ着きもので着物生活」3回めです。

 

今回は「譲られた着物やアンティーク着物の着こなし」について。

 

着こなしの中でも、ちょっと小さかったり大きかったりした場合の対処法です。

 

着物は、年代の古いものは比較的小さいものが多く、現代の女性に合わないこともあります。

 

好みのものであれば、そのまま着たいですね。

 

そのためにこんな工夫をしてみましょう

 

もし「お直し」をするとしたら、費用の目安についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

譲ってもらった着物が小さい場合の着こなし方

 

「せっかく譲ってくれたのに、随分小さかった」という場合についてまずお話します。

 

そのお着物、具体的にはどこが小さいでしょうか?

 

「身丈が短い」「袖幅が狭い」「身幅が狭い」でしょうか?

 

それぞれの対処法、工夫について順に説明しますね、

 

 

着付け着こなしの工夫で着られるように

 

「身丈が短い」という場合の着こなしの工夫

 

  • 腰ひもの位置を腰骨に近い位置に少し下げぎみにして締める。
  • おはしょりを帯でかくし、対丈(ついたけ)で着る。

 

 

「身幅が狭い」という場合の着こなしの工夫

 

  • 下前の合わせを少なめにする。裾のひるがえりを防ぐため右手で上前を押さえつつ歩く。
  • 広衿ならいつもより胸のところの衿幅を広くとってみる。

 

 

「袖幅が狭い」という場合の着こなしの工夫

 

  • 広衿なら衿を半分に折らず、浅く折って少しでも身頃にかかるようにする。
  • 半衿をたっぷり出す。

 

これで1〜2センチですが、袖幅が長くなります。

 

また所作でも袖幅の短さをカバーできます。

 

  • ひじを軽く曲げるようにすると、袖の短かさが目立ちにくくなります。
  • 冬なら羽織やコートなどでカバーする。

 

 

譲ってもらった着物が大きい場合の着付け着こなしの工夫

 

今度は「譲ってもらったけど、ずいぶん大きかった」という場合の対処法です。

 

「身丈が長い」「袖幅が長い」「身幅が広い」あなたの場合はどうでしょうか?

 

 

「身丈が長い」という場合の着こなしの工夫

 

  • 腰ひもをいつもより高い位置で締め、あまるおはしょりをちょうどよい丈にし、伊達締めにしまい込みます。

 

 

「身幅が広い」という場合の着こなしの工夫

 

  • できあがりの上前の位置は変えずに、下前を余分があるだけ内側に入れ込みます。
  • 下前は脇より奥に回り込まないようにし、右方向に折り返すようにします。

 

 

「袖幅が長い」という場合の着こなしの工夫

 

袖幅が長い場合ですが、短くする工夫は残念ながらありません。

 

 

以上のような着付けの工夫をしても、とても着られそうにないという場合は、「お直し」を考えなければならないですね。

 

 

お直しにかかる費用や考え方

 

着物姿の若い女性・お直しの費用について

 

着物の「お直し」は、呉服店、悉皆(しっかい)や、仕立てやのいずれかでお願いすることになります。

 

「悉皆や」は、着物のよろず相談所みたいなところで、染み抜きや、染め替えや、お直しなどの相談にのってくれるところです。

 

 

着物のお直しにかかる費用の目安

 

お直しは、直すところによって費用が変わります。

 

 

小さい着物を大きくする場合の費用

 

袖幅を出すときは、袖付けだけか、身ごろとともに出すかによって費用は変わります。

 

約4000〜10,000円くらい。

 

着物丈を大きくしたいときは、帯に隠れるところに継ぎ足しします。

 

約1.5万円〜2.0万円くらい。

 

身幅を広くするときは、脇から幅をだします。

 

約10,000円くらいから。

 

 

大きい着物を小さくする場合の費用

 

袖の幅を短くする場合は、袖のみの場合と身ごろとともに直すかによって違います。

 

約4000〜10,000円

 

着物丈を短くするのは、着付けで解決します。

 

身幅を狭くするのは、着付けで解決します。

 

どうしても直したいときは、約1.5万円から。

 

 

かかる費用はあくまで目安です。
必ず確認して納得してから依頼してくださいね。

 

 

色・柄などを変える場合

 

色や柄の好みが合わないというときは、どうしましょう。

 

受け継ぎたい大切な着物であれば、「染め替え」を検討してみましょう。

 

全体に色をかけるだけなら簡単にできます。

 

解く、糊伏がある、描き加える、前の色を落とすなどの作業があると、費用も時間もかかります。

 

合わせる帯によって、着こなせる場合もありますので、染め替えの前に帯とのコーディネートは十分考えてみてください。

 

 

譲ってもらった人への配慮

 

着物姿の女性・振袖と小紋

 

近親者ではなく知人から譲っていただくときは、少々気配りがいるかと思います。

 

いただく前に、着用しそうかできそうか、確認・判断してください。

 

譲る方は、あなたがお着物が好きで着てもらえると思っていらっしゃるはずですから。

 

 

昔着物・アンティーク着物の着こなしの工夫

 

昔着物とかアンティーク着物と呼ばれる着物は、大正〜昭和初期のころに作られたもので、色柄に斬新さと大胆さのある、おおらかな雰囲気の着物です。

 

随分以前のものではありますが、生地が傷んでいない限り十分着用できます。

 

依然として着物愛好家にも人気があります。

 

アンティーク着物は、当時の女性の体型で作られているので、現代女性にとってはやや小さいものが多いです。

 

そのような場合は、先に書いた「譲ってもらった着物の着こなしの工夫」と同じようにお召しください

 

 

アンティーク着物の注意点

 

仕立てられてから何十年かの年月を経ているので、生地が弱っていることがあります

 

生地の弱いものは着用しているうちに裂けてしまうこともあるので、その点気をつけてください。

 

できれば実物を見て、お店の人に説明を受けると安心です。

 

 

サイズが小さい着物は格安なことも

 

サイズが小さい着物は、お値段が比較的安いと感じます。

 

お直しをしなければならないほどなら、どれくらいの費用をかけてもいいかを判断してくださいね。

 

判断基準は、お直しの費用がかかっても、それでもほしいのかどうか、ですよね。

 

 

譲ってもらった着物やアンティーク着物の着こなし(小さい場合大きい場合)・お直し費用の目安・まとめ

 

譲ってもらった着物やアンティーク着物の、ちょっと小さいとき大きいときの着こなしの工夫の仕方です。

 

ちょっとのサイズ違いなら、そのまま着てしまいましょう。

 

お直し費用は、直す場所によって変わります。

 

着物のお直しは、生地の変色や質の劣化などの理由でお直しできない場合もあるので、よく相談してください。

 

 

次回の講座は、帯について詳しくお伝えします。

 

格やお値打ちに買うポイントなどです⇒「講座「おしゃれ着きもので着物生活」その4「帯と格・格安帯の購入ポイントと長じゅばん」

 

 

<関連ページの紹介>

 

小さい着物の着方の工夫をさらに細かく説明していますので、参考にしてください⇒「譲ってもらった着物が小さいときの着こなし方・工夫の仕方はここ!

 

大きい着物の着方の工夫をさらに細かく説明していますので、参考にしてください⇒「譲ってもらった着物が大きいときの着こなし方・工夫の仕方はここ!




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方