きもの物語

講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」

モノトーン着物に紅型の帯

講座「上級までの道のり」の15ページ目です。

 

ここでは「着物姿を美しく写真に残すためのコツ」「衿合わせによる印象の違い」をお伝えします。

 

これまで着物いまつわる様々な知識と、お太鼓姿できものを楽しむためのコツや技術をお伝えしました。

 

最終回の今回は、思い出に残る写真が美しくありますように、そんな願いを込めてお送りします。

 

 

美しい着姿さらに上を

 

着付けの練習を終えて、着物が着られる喜び、個性を表現できる喜びを感じることができたでしょうか。

 

着物での外出も困らないくらいになり、気持ちに余裕が出てきたら、これからさらに上を目指しましょう。

 

ここからが本番、本格的に自分の個性を生かせるようになります。

 

 

見る目を養って上級者に

 

さらに着物に精通するには、興味関心をもって、着物美人の観察を続けることです。

 

それには、お出かけになった先で出会った着物美人さんの着こなしを観察してみる。

 

きもの雑誌や芸能人の着物姿を観察してみることです。

 

観察といっても目の前の人をジロジロと見るわけではありません。

 

ちらっと見るだけです。

 

瞬時に帯の結び方や着物の色柄なんかを中心に、脳裏に残すというか感じるようにします。

 

雑誌やテレビの中の芸能人は、ゆっくり観察させてもらいましょう。

 

こうした経験をつむことで、あなたの「見る目」が養われていきます

 

周りの着物姿は、お手本です。

 

よいところは真似してみたり、自分に取り入れて、さらにセンスを磨きましょう。

 

着物で出かける機会が増えるたびに、自分の着姿にも自信がもてるようになりますし、自分らしさをだせることが喜しくなりますよ。

 

ここまでくれば、着物上級者です。

 

こんどは自分がお手本になる番・・・ですね。

 

 

着物姿を美しく写真に残すには

 

着物を着たら、やはりより美しくステキに見られたいものです。

 

そして写真をとるときにも、記念に残るよい思い出になるように残したいですね。

 

そのために、ちょっと意識しておきたいことをお伝えします。

 

 

写真に写るときの着物姿の美しい立ち姿

 

着物を着たときに見栄えのする立ち方、写り方を紹介します。

 

まず背筋を伸ばしてまっすぐの姿勢で立ちます。

 

右足を少し引いて着物の上前をカメラに向けます。

 

顔はカメラに向けて、肩の力を抜きます。

 

両手の指先を閉じて、軽く内側へ包み込むようにして重ねます。

 

ひじは、身体に沿わせて軽くまげます。

 

そして微笑んでください!

 

これで、ステキなあなたが残ります。

 

 

衿合わせ上級編・タイプ別衿合わせ

 

この講座の中では、着物の衿合わせは一般的な基本をお伝えしました。

 

その基本ができた上で、もっと個性的に装いたいときの衿合わせをみてみましょう。

 

衿は長じゅばんの衿で、首の下のところにわずかに見えるだけですが、少し変化を持たせると見た目の印象が変わってきます。

 

 

衿の合わせ方でかもし出される雰囲気4パターン

 

衿合わせによって4パターンあります。

 

マニッシュ系(活動的な感じ)

 

衿合わせをのどのくぼみに合わせて、えもんを詰める着方です。

 

街着、軽いお出かけに向き、ウールや紬着物に向きます。

 

縞、格子、幾何学模様など、あさりした模様の着物に。

 

髪がショートの人、明るくシャキシャキしたタイプの方向き。

 

色柄半衿が似合います。

 

 

華やか系

 

衿あわせをのどのくぼみまたはその1センチ下に合わせ、えもんを通常より大きく抜く着方です。

 

訪問着をはじめ柔らか着物で社交の場に出席のとき。

 

しゃれ袋帯で紬着物、色無地をおしゃれに装いたいときなど。

 

髪をアップにし髪にもボリュームを出すときに。

 

 

粋系(通らしい感じ)

 

衿あわせをのどのくぼみより2センチくらい下に合わせ、えもんを通常より大きく抜く着方。

 

若い女性には不向きかも。

 

縦じま模様、江戸小紋、とび柄の小紋、あっさりした模様のお召しなど、着物慣れした人の着姿。

 

角出し結び、個性的な半幅帯結び。

 

自由闊達な個性的な方向き。

 

 

すっきりシャープ系(現代的な感じ)

 

衿あわせをのどのくぼみより2センチくらい下に合わせ、衣紋を詰める着方です。

 

洋服感覚に近い衿合わせで、活動的で知的な印象です。

 

モノトーンの着物、色彩の少ない着物、仕事の打ち合わせのとき、日常着として着物を着る場合など。

 

髪はあっさりとまとめるだけ。

 

色柄の半衿も合います。

 

 

お好みや体型にもよりますので、基本の衿合わせを少しだけ変えて、鏡をみて確認してくださいね。

 

着物によって、場面によって、どう演出したいのかによって、変化を楽しんでください。

 

 

以上講座「上級までの道のり」を終了します。ご精読ありがとうございました。

 

着物のある暮らし、着物の楽しみを広げて、あなただけの「きもの物語」を綴ってください。

 

 

「体型補正」と「着映えする補正」についての補足はこちらです⇒講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方