きもの物語

講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」

白い足袋

講座「着物着付け上級までの道のり」の5ページ目です。

 

ここでは「足袋の形状・はき方・洗い方」についてお伝えします。

 

和装には足袋(たび)をはきますが、着物に接する機会がないままだと足袋をはくことはありませんね。

 

着物姿の足元を引き締め、また彩るなくてはならない存在ですから、足袋の成り立ちや特徴なども知っておいてください。

 

足袋の語源や形状、はき方・洗い方をまとめています。

 

 

足の袋とかいて「たび」・足を覆う唯一の衣類

 

「足袋」この漢字を「たび」と読める人はどれくらいいるのでしょう。

 

もし「あしぶくろ」と読んでも、笑われることはないと思います。

 

洋服を着るときには絶対身に着けないですからね。

 

足袋は下駄やぞうりをはくための、足指先が分かれ、こはぜという留め具がついています。

 

日本の着物の歴史とともに生活に密着して、愛用されてきた唯一の足を被う布(袋)です。

 

靴の発達しなかった日本では、足袋が唯一足を守る布であって被服の仲間です。

 

日本独特の履き物というわけですね。

 

スポンサーリンク


 

足袋(たび)の言われ(語源)

 

江戸時代、旅に出る時には、履き物はわらじでした。

 

昔の旅は、馬やかごもありますが、ほとんどは延々何十キロも歩いていくわけです。

 

道中素足でわらじを履いていると、足が痛んでしかたがないので、鹿皮で出来た袋で足を包んで出掛けていました。

 

その袋は、わらじを履くのですから当然指が分かれています。

 

つまり、旅行用の特別の履き物だったというわけで、名前はずばり「たび」になったということです。

 

そして「足の袋」の文字をあてて、「たび(足袋)」と読まれるようになりました。

 

(調べてみると他にも語源があります)

 

 

足袋の形状・こはぜ

 

白い足袋のこはぜと掛け糸アップ

 

こはぜは、足を入れた後、足袋を閉じる金具のことです。

 

現在は4枚付いているものを普段用として使い、礼装や日本舞踊などでは5枚こはぜの足首を深く被うタイプのものを使用します。

 

戦前はこはぜがニ枚か三枚のものが一般的だったようです。

 

こはぜを用いる今の形状になったのは明治以降になってからで、それ以前の幕末までは、ひもをつけて足首あたりでしぼるようにした足袋(あしぶくろ)が、足袋だったそうです。

 

 

足袋の形状・掛け糸

 

掛け糸は、こはぜを掛けるために縫い付けてある糸です。

 

この糸には、足の動きの強い力がかかるので、糸とは言ってもたこ糸とおなじような太くて丈夫な糸が取り付けられています。

 

永くはいていると、掛け糸でなく周囲の生地がやぶれてくるほどです。

 

 

足袋のはき方

 

和装をする際、足袋は最初に身に着けます。

 

最初にはいておいた方が、着付けがスムーズにいくからです。

 

では足袋のはき方です。

 

まず、バナナの皮をむくように、足袋を大きく開きます。

 

そして指先をぴっちりとつけてから、かかとを納め、こはぜを下から閉じます

 

靴よりワンサイズ小さ目を選び、足にぴったりと張りつくようにはくと、とてもすっきりと見えます。

 

白い足袋の場合は、ぶかぶかしていると目立ちますので、ぴったりのものを履くようにした方がいいでしょう。

 

 

足袋のいろいろと楽しみ

 

足袋は白以外の足袋も色々とありますから、出かける場所や着物とのコーディネートを楽しんでください。

 

 

日常に使う足袋

 

小紋柄の足袋

 

日常着としての着物の時には、足袋はどんな色柄でも、好きなものを着物に合わせて楽んでOKです。

 

ウールや木綿の普段着には、靴下と足袋の中間の「タビックス」でもかまいません。

 

「タビックス・足袋ソックス」は、靴下の先が二つに分かれているものなので、履き心地は靴下と同じです。

 

タビックス(足袋ソックス)白

 

伸縮性があるので、普段着用にはこちらの方が楽です。

 

また、日ごろ頻繁に足袋を履くのなら、色は濃い目で汚れが目立たないもののほうが気が楽です。

 

足袋の裏側が黒のものもあり、これならホントに気楽に過せます。

 

小紋柄の足袋の裏が黒、ラクです

 

男物の足袋には、シンプルながら落ち着いた色目のものがあるので、サイズがあえば男物の中から選ぶのもありです。

 

男性用普段用の足袋

 

 

小紋や紬着物で外出の際の足袋

 

ちょっとした外出、プライベートなお出かけで、小紋や紬の着物を着るという場合なら、足袋は細かい小紋柄や淡い無地などで、着物とのつり合いを考えて自由に合わせてみるといいでしょう。

 

また、大正ロマン風の着物には、大きい花柄のものや色のぱっちりと濃いものなどで、おしゃれを楽しんでください。

 

もちろん白い足袋でもOKです。

 

 

白い足袋のお手入れの方法

 

白い足袋は、家に帰って脱いだら、できるだけ早く手洗いをするのが理想です。

 

白い足袋は汚れが目立つので、このような洗い方をおすすめします。

 

<白い足袋の洗い方>

 

できれば手洗いで、小さなブラシ(古くなった歯ブラシでも)に石鹸か洗剤をつけて、指先、かかとなど取れにくいところの汚れを取ります。

 

すすぎは丁寧にし、洗剤が残らないようにします。

 

タオルで水気をふき取って、かかととつま先をもって引っ張るようにして、形を整えます。

 

こはぜで隠れるところを、洗濯バサミでつまんで干します。

 

 

白い足袋の替えを用意するとスマート

 

目上の方を訪問するとか、座敷の席で食事をするなど、ぞうりを脱ぐことがわかっていれば、替えの足袋を持参しましょう。

 

白い足袋は、ちょっとした汚れもかなり目立ちます。

 

訪問すお宅に上がる前に、食事会の座敷に上がる際に、そっと足袋を履き替えると一目置かれます。
次回は草履と下駄です⇒講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方