きもの物語

講座「浴衣で入門」その5・下駄の選び方・歩き方・注意点」「浴衣のときの小物や持ち物」

スポンサーリンク

講座「浴衣で入門」その5・下駄の選び方・歩き方・注意点」「浴衣のときの小物や持ち物」

講座「着付けのおけいこ入門・浴衣で入門」の5ページ目です。

 

ここでは「下駄の選び方・歩き方・注意点」「浴衣のときの小物や持ち物」をまとめています

 

下駄を初めてはくにあたって、知っておきたい豆知識を紹介します。

 

また浴衣でお出かけの際に、あると便利な和の小物も紹介します。

 

 

下駄をはいてみましょう

 

底にゴムのはってある浴衣用の下駄

 

浴衣を着て帯が結べたら、お出かけには下駄をはいていきましょう。

 

ゆかたに下駄のときは、素足に下駄をはきます

 

下駄は慣れてないから嫌だというなら、サンダルやミュールでもよいでしょう

 

ただ、下駄をはくと、浴衣ならではの風情を感じることができます。

 

歩くときのカラン、コロンという乾いた音は、とても夏らしいものですから、できればはいてもらいたいです。

 

それに、木製の下駄は、はいてみるととても爽快ですよ。

 

「いいなぁ、日本の夏」ってそう思えるんじゃないかしら。

 

スポンサーリンク


 

慣れない下駄で失敗しないために

 

そうはいっても下駄はなんだか心配ですね。

 

足が痛くなることもあるので、お出かけ当日ではなく、事前に履き心地を試しておいた方がよいです。

 

買ったときは、色やデザインにひかれて買ったかもしれません。

 

実際歩いてみて、その下駄が足に合うかどうかがわかるので、一度ははいて歩いてみましょう。

 

 

下駄の歩き方

 

下駄をはいた感覚は靴とはまるで違います。歩き方も違います。

 

親指と人差し指で鼻緒をしっかりつまむように力を入れて歩きます。

 

下駄の歯をひきずらないようにしましょう。

 

前のめりにならないよう、背筋をのばして歩いてください。

 

 

下駄の選 び方

 

浴衣のときの下駄

 

初心者の方は、底にゴムがついていたり、地面と接する部分が多い下駄ほど歩きやすいです。

 

二枚の歯がついている下駄(ゲゲゲの鬼太郎がはいている)は、ある程度下駄に慣れた人向きです。

 

下駄のサイズは、足と同サイズかやや小さめを求めてください。

 

鼻緒を調整できれば、必ず足に合わせて調節してもらってください。

 

 

下駄を利用するときの注意

 

素足が丸見えになるので、かかとやつま先が見苦しくないようお手入れしておきます。

 

ズルズルっと引きずるだらしない歩行にならないようにするには、下駄の「前つぼ」を、親指と人指し指 にぐっと力をいれて歩きます。

 

初めて下ろす下駄でお出かけのときは、事前に試し履きで近所を歩いてみましょう。

 

下駄を下ろす前に、鼻緒が硬いときは手でもみほぐして硬さをとったり、履いて足首のスナップ を左右にきかして足の形に鼻緒を馴染ませるなどしてみてください。

 

下駄は靴のように周りを囲まれていないので、ケガをしやすいという点も忘れずにおいた方がよいでしょう。

 

鼻緒ずれはとても痛いので、予防や防止法はこちらを参考にしてください⇒下駄で痛い!鼻緒ずれの予防や防止方法はこれ・安心なお出かけを

 

 

ゆかたの時の小物や持ち物

 

ゆかたでお出かけするにたり、持ち物には不足のないようにしたいですね。

 

まず、ゆかたで出かける場面の想定をして、 必要な小物を考えてみましょう。

 

遊びに行く場所は、「花火大会」「夏祭り」「盆踊り」といったことろが一般的ですね。

 

その他、「ビアガーデン」「飲み会」など、気軽な集まりなら、ゆかたでOKです。

 

浴衣でお出かけするのは「屋外で、夕方〜夜ふけの大勢の人の集まる場所」が多いですね。

 

こうした所へ出掛けるときの持ち物としてっ必要最小限のものは何かということです。

 

ゆかたというと、 身の回り品を持ち歩くのに、小さい巾着袋を持っているだけのモデルさんを 雑誌で見かけます。

 

それだと、ハンカチ、テッシュ、お財布、スマホくらいしか入りません。

 

出かける先が屋外であることを考えると、大人の女性としては、もう少し必要に なるものもあります。

 

「お化粧品」、「傷バンド(素足なのでケガしやすい)」、「ハンドタオル(汗をぬぐう、飲み物をこぼしたとき に)」は必要でしょう。

 

浴衣のときの持ち物・ハンドタオル・手ぬぐい・扇子

 

また「手ぬぐい」も、食事のとき膝にかけたり、屋外で座るときにおしりにひくなど、あると重宝する場 面があります。

 

「扇子」もあった方がいいでしょう。

 

扇子なら「うちわ」より、断然ステキにみえるのは間違いありません。

 

「折り畳みの雨傘(晴雨兼用でも) 」も天候不順なときは必要になります。

 

そして「風呂敷」、お土産を買ったりパンフレットをもらったり、手荷物が増えたときに、風呂敷があるととても重宝します。

 

薄手の買い物バッグでもいいのですが、風呂敷の方が浴衣にはきっと似合うはずです。

 

また屋外でゴミが捨てられないときに、持ち帰らなくてはならないときにも使えます。

 

以上のものを入れて、少しのゆとりが欲しいので、巾着でも下半分がかごのようになったタイプの、 容量の多めのものを使うとよいでしょう。

 

または、少し大きめの「かごバッグ」もいいものです。

 

特にバッグに決まりはありませんが、「巾着」や「かご」が、夏らしくゆかたに似合います。

 

オーソドックスなのは、ベージュ系または 茶系のバッグです。

 

浴衣でお出かけの際の持ち物のまとめ

 

ハンカチ、テッシュ、お財布、スマホ

 

お化粧品、傷バンド、ハンドタオル

 

手ぬぐい、扇子、風呂敷

 

ハンドタオルは、タオルとしての用途以外にも、帯がゆるくなった時に、帯と浴衣の間にはさんでゆるみを解消するのに役だちます。

 

ですから初心者の方で浴衣に慣れていないなら、ハンドタオルは2〜3枚持っていると安心でしょう。

 

扇子、風呂敷、手ぬぐいなど、昔からある日本の小物は、小さくたためて持ち運びしやすい便利品です。

 

浴衣を着る機会に日本ならではの和の小物に親しんでみるのもいいですよ。

 

次の講座その6は⇒講座「浴衣で入門」その6・「清涼感のある着こなし」「お出かけ先で困らないために」

 

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方