着物や帯の選び方

着物や帯の選び方

スポンサーリンク

着物や帯の選び方

着物や帯の選び方

どんな着物にするかを選ぶには、まずどんな場所でどんなときに着るのか、目的をはっきりお店に伝えるようにします。

 

お店ではその目的にあった、着尺(着物用の生地)を出してくれるので、その中で好みのものを選んでいきます。

 

生地を並べてみるだけでなく、その中の特に気にいるものを、姿見の前で何点か体に当てて、出来上がりを想像しながら、目的の場にふさわしいか自分に似合うかなどを、お店の人の意見も聞いて考えます。

スポンサーリンク


 

訪問着などのように後で模様を描く場合や染色の指定をする以外は、着物の生地を選んだら、柄合わせの必要があるかどうかを確認して、次に合わせる帯を選びます。

 

帯を選ぶには、選んだ着物に合うのかどうかが特に重要です。

 

合うというのは色や柄が合うというだけではなく、着物との格のつりあいが取れているかどうかということです。

 

一般的に帯は着物の格(等級とか地位という意味あいです)と同等か少しだけ上のものを用いるようにしています。

 

格が上かどうかは初心者にはわかりにくいので、はじめのうちはお店の人のアドバイスを受けて選んでいくと確かです。

 

着物と帯が決まったら、それに合う帯揚げ・帯締めを決めていきます。

 

合う長じゅばんがないときは、それも同時に選んでおくと、セットでコーディネートができ安心です。

 

手持ちの着物にあう帯が欲しいというときは、その着物を持ち込んで、帯の場所に帯地をのせて、どれがふさわしいかを相談にのってもらいます。

 

また手持ちの帯にあう着物が欲しいというときは、その帯を持ち込んで、誂える着物の相談にのってもらいます。

 

いずれにしても、目的や理由がはっきりわかるよう伝えれば、着物選び、帯選びはスムーズにいきます。

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方