着物や帯の選び方・どんな場面で必要か着物⇒帯⇒帯締め⇒帯揚げの順で

着物や帯の選び方・どんな場面で必要か着物⇒帯⇒帯締め⇒帯揚げの順で

スポンサーリンク

着物や帯の選び方・どんな場面で必要か着物⇒帯⇒帯締め⇒帯揚げの順で

着物や帯はどうやって選んだらいいの?

「着物や帯はどうやって選んだらいいのかさっぱりわからない」と思ってお手上げ状態のあなた。

 

ここを読んでいただくと、選ぶときのヒントや方法がわかってきますよ

 

最初に着物を選ぶ、そして自分の肌にあう色を選ぶ、それから帯を選ぶという順です。

 

あなたがどんな場面で着る着物なのかで、柄の豪華さや格が変わってきます

 

スポンサーリンク


 

どんな場面で着る着物かを伝える

 

どんな着物にするかを選ぶには、まずどんな場所でどんなときに着るのか、目的をはっきり伝えるようにします。

 

  • 友人の結婚披露宴に着たい。
  •  

  • 子供の入学式に着たい。
  •  

  • 成人式の振袖の娘と同行するために着たい。
  •  

  • お茶席やお茶会に着ていきたい。
  •  

  • パーティーの司会、同窓会に着ていきたい。
  •  

  • 展覧会や発表会に友人と行くときに着たい。

 

などのご希望をできるだけ詳しく伝えてください。

 

それによって、訪問着でも豪華さや柄ゆきなどを判断することになります。

 

また選択枝が訪問着、付下げ、色無地、小紋(着物の分類)へと広がるかどうかが変わります。

 

 

お顔うつりを確認する

 

着物の範囲がわかったところで、次は地色を決めます

 

あたなの目的にあった着尺(着物用の生地)を出してくれるので、お顔うつりをみます。

 

姿見の前で肌や黒目にあう色合いや、強さの着物を考えて選びます。

 

お肌の色は、ピンク系の肌、イエロー系の肌、オークル系の肌とわかれます。

 

似合う色は、お顔の輪郭がはっきりして、明るい印象になります

 

似合わない色はその反対です。

 

また黒目の色も、着物の地色を決める大きな要素です。

 

黒目の色が黒い人は、強くはっきりした色合いが似合います

 

黒目の色が薄い人は、薄く優しい色めが似合います。

 

いくつかお顔にあててみて、似合う色を見つけてください。

 

実際にあててみることで、合う合わないの違いがわかるようになってきます。

 

 

帯を選ぶ

 

着物のあとで帯を選びます

 

着物の格と着物の色が決まってから帯を選びます。

 

帯は、着る場面、着物の格、そして自分に合った色柄であることが大切です。

 

帯を選ぶ段階で着物が決まっているので、帯の格もほぼ決まります。

 

これはお店の人が判断してくれます。

 

あとは自分に合うかどうかを考えますが、好みの色や柄があれば伝えて希望にそうものから選びましょう。

 

 

最後に帯締め・帯揚げを選ぶ

 

着物と帯が決まったら、最後に帯揚げ・帯締めを決めますが、「帯締め」を先に決めます

 

それはフォーマルになるほど帯締めの選択肢が少ないからです。

 

帯締めをどれにするかで、帯揚げの色が変わってきます。

 

最後に決める帯締めの色で、全体のトータルな仕上げをするという流れで、着物を選んでいきましょう。

 

 

フォーマルは金銀の豪華さも考えて

 

フォーマルな着物の装いは、帯や帯締め帯揚げに金銀が多いほど豪華さがでます

 

帯締めは、金の量だけでなく、組み方で格が高いものもあります。

 

どれくらい豪華な装いにするのかを、場面に応じて相談してください。

 

 

着物だけ、帯だけ決まっている場合

 

すでに着物だけ、または帯だけ決まっていることがあるかもしれません。

 

手持ちの着物にあう帯が欲しいというときは、その着物を持ち込んで、どんな場面で着るのかを伝えてふさわしい帯を選んでもらいましょう。

 

同じく手持ちの帯にあう着物が欲しいというときは、その帯を持ち込んで、どんな場面で着るためなのかを伝え、誂える着物の相談にのってもらいます。

 

いずれにしても、目的や理由がはっきりわかるよう伝えれば、着物選び、帯選びはスムーズにいきます。

 

 

着物や帯の選び方・どんな場面で必要か着物⇒帯⇒帯締め⇒帯揚げの順で・まとめ

 

着物や帯を選ぶにあたっては、着る目的や場所にあった着物を選ぶ必要があります。

 

どんなシーンで着るかを伝え、まず最初に着物を選びます。

 

着物の格や豪華さなどが具体的にわかるので、その後お顔うつりのよい色を選びます。

 

二番目が帯選びです、好みがかなり取り入れられます。

 

三番目に帯締め、そして最後が帯揚げです。

 

フォーマルの着物選びの場合は、金銀の分量も加味して相談しましょう。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方