丸帯とは

丸帯とは

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

丸帯とは

女帯の一種で、最高に華やかな重量のある帯です。

 

帯幅は約68センチ、長さ約4m〜4m50cmの広幅の紋織りの生地を二つ折にして芯を入れ、幅約30cm〜32cmに仕立てた帯です。

 

おもに花嫁衣裳に用いられ、「有職(ゆうそく)模様」、「吉祥(きっしょう)模様」等を、唐織、金襴、糸錦等で織り出したもので、それは見事な豪華なものです。

 

表裏ともに絢爛豪華な柄が織り出してあるため、重くて締めにくいことから、現在では花嫁衣裳や歌舞伎の衣装などに限り用いられています。

スポンサーリンク


 

戦前までは一番格の高い帯として存在しましたが、それ以降は丸帯に代わって袋帯(明治時代から作られるようになりました)が主に用いられるようになりました。

 

今ではほとんど見かけることのない丸帯ですが、その艶やかさや技術の高さを袋帯が受け継いでいます。

 

有職(ゆうそく)模様とは、平安期の公家の衣装の中でも、特に織りで表された模様をいいます。

 

優美で洗練された様式で、改まった趣のきものや帯に用いられます。

 

季節感がないので、年間を通して使うことができる模様で、水蒸気が立ち上がる様子を文様化した、立涌(たてわく)、正六角形の幾何学文様で、亀の甲に似ていることからつけられた亀甲文、二羽の蝶を向かい合わせて、丸やひし形の中に配置した向蝶文などがその代表です。

 

吉祥(きっしょう)模様とは、「よいきざし」とか「おめでたいしるし」という意味を表した、模様の総称です。

 

代表的なのは、鳳凰(ほうおう)、鶴、亀、松竹梅、宝船、瑞雲、四君子、宝尽しなどの、縁起のよい模様です。

 

 

こういったものが丸帯ですが、現代では「アンティーク帯」として入手することができます。

 



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

着物(浴衣)の帯がゆるむ・下がる・ずれるときの解決策(ゆるまない結び方も)
袋帯から名古屋帯へ・着物帯の合理化は今も続く
作り帯の仕組み・お太鼓の市販品(固定型)はこうなっています・詳しく紹介
「作り帯」「付け帯」の紹介・名古屋帯を加工する・デメリットは
昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴を生かして楽しむ
「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯・形状や利点について
自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です
名古屋帯の構造・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を解説してます
名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します
半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方を解説しています
帯の長さが長すぎてうまく結べないあなたへ・名古屋帯でお太鼓結びがうまくできないときの解決策
袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました
袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類を解説しています
帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です
半幅帯・浴衣帯・細帯とは・特徴を写真入りで説明しています
着物のときのへこおび(兵児帯)とは男性女性用・子供用の特徴・大人の女性向結び方
「なんちゃって帯」「簡易帯」締めないのでラク・家庭用として今も利用

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方