着物の広衿の閉じ方・スナップボタンと引き糸のつけ方

着物の広衿につける「スナップボタン」と「引き糸」特徴とおすすめ

スポンサーリンク

56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル

着物の広衿につける「スナップボタン」と「引き糸」特徴とおすすめ

広衿のスナップボタンと引き糸

きものの広衿(広襟)は半分の幅に折って着付けますね。

 

衿の内側には、半分に折りやすいように「引き糸」や「スナップボタン」がついている場合があります。

 

「引き糸」や「スナップボタン」は、着付けが楽になるのでついているわけです。

 

それぞれの特徴とおすすめを紹介します。

 

スポンサーリンク


 

広衿に取り付けるスナップボタンの特徴

 

現代は着物を誂えると、「スナップボタン」を広衿に取り付けることが多いです。

 

スナップボタンは、指先でボタンを上から押さえるだけでいいので、簡単に衿の形を整えることができます。

 

取り付けるスナップボタンの数は、真ん中に一つ(一組)か、真ん中とその左右それぞれに一つ(一組)ずつ取り付けることが多いです。

 

中央一か所につけてある例

 

これは真ん中に一つ(一組)のスナップボタンをつけてある色無地の着物衿です。

 

広衿のスナップボタンと引き糸

 

わずかに右によってつけてありますね^^。

 

 

左右のみ二か所につけてある例

 

真ん中にはつけずに、左右のみスナップボタンがつけてある例です。

 

広衿のスナップボタンと引き糸

 

これでもOKです。

 

左右のスナップボタンの位置は、中央から9〜10センチ離れた位置です。

 

 

着物初心者におすすめは三か所

 

着物を始めた初心者、あるいは頻繁に着ない人は、「真ん中と左右それぞれに取り付ける」のがおすすめです。

 

三か所ついていると、後ろ衿が整いやすいので着付けが楽になります。

 

 

着付けに慣れているなら一か所がおすすめ

 

着物にある程度慣れている方は、真ん中にひとつだけにするのがおすすめです。

 

 

スナップボタンの欠点

 

スナップボタンはとても便利なのですが、サビが付きやすいのが悪い点です。

 

湿気が多い状態が長引くと、青いサビや茶色いサビがつくことがあります。

 

サビは白い裏生地に不着して見た目が不快ですし、生地の傷みを早めます。

 

表の生地の方までサビの色が移ってしまうとと、処置が大変になります。

 

 

サビがつかないスナップボタンに変更する

 

昔のスナップボタンはサビが付きやすかったです。

 

現代のものは「防錆加工」してあるものや、「さび付かない素材」のものもあります。

 

古いサビが心配なスナップボタンは、「サビがつかない」という商品表示のあるスナップボタンに取り換えると安心です。

 

 

あらかじめ白生地でくるんだスナップボタンは安心

 

上等なお着物には、サビで着物を傷めないよう、あらかじめスナップボタンが薄い白生地でくるまれています

 

これならサビの心配はほぼありません。

 

汗が染みる、長期保管するとまれにサビが出ることがあるので、乾燥した環境におきます。

 

 

広衿に取り付ける「引き糸」の特徴

 

「引き糸」は、広衿に短い糸を取り付けるだけです。

 

道具はいりませんし、針と糸があればOKです。

 

糸ですからスナップボタンのようなサビの心配はもちろんありません

 

スナップボタンから引き糸に変更してもいいですね。

 

一番簡単な「引き糸」の付け方をまず紹介します。

 

 

広衿につける「引き糸」の付け方

 

中央と左右の三ケ所に引き糸を取り付けます。

 

左右というのは、中央からそれぞれ9〜10センチの位置です。

 

広衿のスナップボタンと引き糸

 

玉止めを作り、数ミリ横にひと針さして、衿幅の向こう側に糸を渡します。

 

そして数ミリ横にひと針さして玉止めするだけです。

 

 

着用のとき糸を引っ張る

 

着るときはそれぞれの玉止めをもって衿つけの方から引っ張ります

 

引っ張ったままでも着付けはできますが、糸が緩みやすいときは、玉止めをつくって衿が動かないようにします

 

広衿のスナップボタンと引き糸

 

こんな風です。

 

 

引き糸三本のもう一例

 

こちらの例も、引き糸を三か所に渡してあります。

 

最初玉止めをつくったそばに、戻るようにして糸をわたしています。

 

広衿のスナップボタンと引き糸

 

 

二つの例ともに、木綿の縫い糸の一本どりでつけてあります

 

玉止めは大き目にして外れないようにしておきます。

 

 

広衿には「引き糸」がおすすめです

 

引き糸の悪い点は・・・特に思い当たりません。

 

スナップボタンと同じ働きがあり、劣化しても取り替えるだけです。

 

広衿のスナップボタンと引き糸

 

スナップボタンは便利ですが、昔からある「引き糸」が一番おすすめです。

 

上の写真は、ウールの胴抜きの(胴裏のない)着物につけてある「引き糸」です。

 

 

何もつけないという選択もありです

 

着物の広衿には、「スナップボタン」や「引き糸」をつけなくてはならないか?

 

というとそうでもありません。

 

何もつけないままでも着付けはできます。

 

着物に慣れてきたら、もうスナップボタンも引き糸も必要ありません。

 

 

着物の広衿につける「スナップボタン」と「引き糸」特徴とおすすめ・まとめ

 

着物の広衿の閉じ方には、「スナップボタン」と「引き糸」があります。

 

スナップボタンは扱いが簡単ですが、サビが心配です。

 

サビの出ないものに代えておけば、以降安心して使えます。

 

「引き糸」は取り付けが簡単で、扱いも簡単なのでおすすめです。

 

着付けが上達したら、何もつけなくてもよくなります。

 

写真の引き糸はわかりやすいよう黒や赤い糸を使用していますが、ご自分でなさるときは衿裏の生地と同じ色(白糸)にしてくださいね。




スポンサーリンク




56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方