「前結び用の伊達締め」作り方と使い方・誰でもできる手順書付き

「前結び用のベルト伊達締め・板」の作り方・お太鼓を前で結べば形もきれい

「前結び用のベルト伊達締め・板」の作り方・お太鼓を前で結べば形もきれい

「前結び用伊達締め」の作り方と前結びの方法

「時間がかかるしお太鼓の形がうまくできない」と感じていませんか?

 

後ろで締める帯結びは、慣れるまできれいにしあがらないですね。

 

それに直そうと思っても、どこをどう直したらいいかわかりにくいです。

 

そこで「前で結んだらうまくいくんじゃない?」ということで、前結びしてみました。

 

前結びなら自分の目で確かめながらできますもんね!

 

市販の前結び用の板や道具もあるようですが、ベルト式にすれば簡単に手作りできますよ。

 

ここでは前結び用のベルト(板・伊達締め)の作り方を説明しますね。

 

スポンサーリンク


 

「前結び用伊達締め」前結び補助小物の作り方

 

これから紹介する「前結び用ベルト」は、伊達締めの代わりにもなるので「前結び用伊達締め」と勝手に名付けています

 

「前結び用伊達締め」の出来上がりサイズ

 

出来上がりは伊達締めと同じくらいの幅13センチ、長さ100センチで、マジックテープを取り付けます。

 

 

<用意するもの>

 

  • 厚手の滑る生地 104センチ×15センチ
  • シーチング(芯にする生地) 104センチ×15センチ を2枚
  • マジックテープ 10センチ×5センチ
  • ミシン
  • 裁縫用具

 

シーチングでなくても厚手の木綿生地でもよいです。一枚は表の生地の補強用なので、糊の付いた接着芯でもよいです。

 

縫い代は長い辺に上下1センチずつ、短い辺にそれぞれ2センチずつ含まれています。

 

生地の見本と具体的な説明

 

前結び用伊達締め・滑る生地

 

表生地は、よく滑るつるつるした生地で厚手のものが適しています。

 

裏地に使われるものですと薄すぎて作りにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

前結び用伊達締・シーチング2枚

 

シーチングを2枚。表生地と同寸法です。

 

なければ木綿の厚い生地でもOKです。

 

一枚は表地の補強(芯)にします。

 

 

 

 

 

 

前結び用伊達締・シーチングは補強用の布

 

シーチングのアップ写真。

 

シーチングは洋裁のときの補強や内側の芯にするもので、厚手の粗い木綿です。

 

表に出るものではないので、生成りの素材です。

 

 

 

 

 

前結び用伊達締め・板の作り方
 

では、作り始めます。

 

前結び用伊達締・表生地の裏の周囲に糊

 

表生地の裏の周囲に糊を薄くつけ、芯用の一枚のシーチングを置いて、アイロンでしっかりと押さえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

前結び用伊達締・もう一枚のシーチングを中表に

 

その後もう一枚のシーチングを、中表にして重ねます。

 

周囲を短い辺は2センチ、長い辺は1センチの縫い代でミシンで縫います。

 

長い辺の中心あたりに20センチほどの返し口を開けておきます。

 

 

 

 

前結び用伊達締・縫い代を倒す

 

縫い目にはアイロンをあてて、縫い代を倒しておきます。

 

四隅は倒した縫い代を、2〜3針縫っておさえておくとよいです。

 

 

 

 

 

 

 

前結び用伊達締・返し口から返し閉じます

 

返し口から表に返し、四隅をととのえ、全体にアイロンをあてます。

 

返し口を閉じます。

 

(返し口を開けておくのを忘れ、ミシンで縫ってしまいました、あわててほどいてミシン穴あいちゃってます・・・)

 

 

 

 

前結び用伊達締・マジックテープを取り付ける

 

10センチ×5センチのマジックテープを、しっかり取り付けます。

 

 

このサイズは、着物を着て伊達締めを締めたとき、胴回りが85〜90センチになる人に適したサイズです

 

それより細い方は、マジックテープを内側に取り付けるようにしてください。

 

反対にもう少し胴回りのある方は、出来上がりの長さを、この例100センチより長くしてください。

 

 

以上最も簡単な作り方で説明しました。

 

この作り方で四隅の縫い代が重なってごわごわするようなら、このようにしてください。
 ↓↓

 

表地の芯にする生地を接着芯にして、縫い代分を除いた寸法で表生地にはりつけてください。

 

表生地を滑りにくい生地にすれば、伊達締めにもなります。

 

 

では、次に、「前結び用伊達締め」を使って、お太鼓を前結びします。

 

 

「前結び用伊達締め」でお太鼓を前結びする

 

<用意するもの>

 

大きめのクリップ二個。

 

前結び用伊達締を装着

 

「前結び用伊達締め」を胴に巻きます。

 

できた帯結びを右の方に回すので、「前結び用伊達締め」のつけ方は写真のようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前結び・お太鼓の形を前で作ります

 

お太鼓結びを、前で行います。後ろで結ぶのと同じ方法です。

 

帯枕の紐は、体にぴったりつくくらいで、帯揚げはゆるく背中で結びます。

 

帯締めは、仕上げの一歩手前の力加減で、背中で結びます。

 

お太鼓の底を決めた仮紐は、帯締めを締めたらとってもいいです。

 

 

 

 

 

前結び・後ろの姿です

 

前結びをした後姿はこのようになっています。

 

いつもの逆ですものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前結び・回す前段階

 

仮紐をとり、帯揚げと帯締めもほどきます。

 

すぐに大きいクリップで、お太鼓の上方と、帯揚げのところをしっかりと挟みます。左右二か所。

 

そして、「前結び用伊達締め」の上から帯を背中に回します。

 

形がくずれていないかを、手で触って確かめてください。

 

 

 

 

 

 

前結び・完成

 

形が整っていることを確認したら、クリップをはずします。

 

枕の紐をしっかり引き締めて結び、帯揚げを飾ります。

 

帯板を帯の一重目と二重目の帯の間にはさみます。

 

帯締めはいったんほどいて、しっかりと引き締めて結びます。

 

 

後ろで結ぶより前結びの方がきれいに仕上がったと思います。

 

帯結びそのものが苦手な方は少し練習が必要かもしれません。

 

 

鏡で結びを確認できるのが前結びの良さです。

 

背中でお太鼓をつくるのがむつかしいと感じている人は、前結びを試してみてくださいね。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方