腰紐の作り方・誰でもできる写真手順付き

腰紐(こしひも)の作り方・自分にぴったりサイズで・誰でもできる写真手順付き

スポンサーリンク

腰紐(こしひも)の作り方・自分にぴったりサイズで・誰でもできる写真手順付き

自分にぴったりの腰ひもの作り方

「腰ひも」は着物の着付けに欠かせない、大切な小物です。

 

腰ひもには何種類かその素材のものががありますが、一番しまりがよいのはやはりモスリンの腰ひもでしょう。

 

「モスリン」というのは薄手のウールのことです。

 

一般的な「モスリンの腰ひも」といえば、ベージュ色や薄いピンク色です。

 

でも隠れたおしゃれとして、可愛らしい絵柄のあるモスリンの腰ひもの愛用者は多はず。

 

安価で購入できるのでわざわざ作るほどのものではないといえばそれまでですが、気にいった生地で作って身につければ、着物ライフはさらに充実します。

 

手作り派のあなたなら、あっけないくらい簡単にできると思いますよ。

 

スポンサーリンク


 

自分サイズの腰紐を作る

 

せっかく手作りするのですから、腰ひもに適した素材で自分にぴったりのサイズの腰ひもを作りましょう。

 

 

腰ひもの素材選び・おすすめはリメイク

 

腰紐に一番適している素材は先ほど「モスリン」薄手のウールと言いましたが、 それ以外でも 絹の素材でも 締めやすいのでOKです。

 

洋服の生地でとして絹やモスリンは販売されていますから、 それを利用しても良いですし、 使わなくなった和装品からの転用、リメイクでも 大丈夫です。

 

絹の素材が好みだという方は 着物・長襦袢・羽織などからリメイクしましょう。

 

モスリンで作ってみたいという方は、ウールの着物の下に着る長襦袢のモスリンをリメイクしましょう。

 

 

自分にぴったりの幅と長さの腰ひもを作る

 

今まで使ってきた腰紐で 不満はありませんか。 長すぎるとか太すぎるとか。

 

もしそういうことがあれば せっかく作るので、自分にぴったりの幅や長さの腰紐に仕上げましょう。

 

市販されている腰紐の多くは2メートル数センチの長さがあり、 幅が4〜5センチというのが一般的です。

 

自分には2メートルでは長すぎるので、1 メートル 90センチくらいの長さで、幅4センチのサイズで作っています。

 

これは個人差があるので、ご自分で 一番お好みの長さ幅を考えて、製作してください

 

ここではモスリンの生地で作り方を説明します。

 

 

自分にぴったりの腰ひもの作り方

 

出来上がりの「長さ2メートル・幅4センチの腰ひも」の場合です。

 

縫い代は5ミリです。

 

<用意するもの>

 

モスリン(薄手のウール生地) 201センチ×9センチ 

 

赤糸、糸切りばさみ、ミシンまたは手縫い糸、アイロン、ものさし、ゴム通し(裏返すため)

 

腰ひも・たてに中表にして5ミリの縫い代で縫う

 

中表にして、たて半分に折って縫い代を5ミリとして、まっすぐに縫います。

 

縫い代はアイロンをあてて倒しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

腰ひも・角はこの図のように

 

腰ひもの両端のしまつの仕方です。

 

両端は7ミリずつあけます。

 

両端は縫い代5ミリとして、わの方を2ミリ、断ち目の方を7ミリ縫い残します。

 

こうして、たて・横の角の縫い目に少しすき間を残すことで、表に返したときに角が出やすくなります

 

真ん中あたりに4〜5センチ縫わずにおき、返し口をあけておきます。

 

ゴム通しなどで返し口から表に返します。

 

 

 

腰ひも・端の始末

 

表に返したら、角を目打ちなどで整えます。

 

そして角のところを割るようにして先端に糸を通します。

 

 

 

 

 

 

 

腰ひも・糸はしっかりと縛ります

 

三回糸を通したら、しっかりと引き締めてきつく駒結びします。

 

糸は2〜4センチの長さで切りそろえます。

 

 

 

 

 

 

 

腰ひも・返し口閉じてアイロンをあてて完成

 

返し口のところを縫いとじて、アイロンをあてます。

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

手縫いならもっと満足できる出来栄えに

 

ここではモスリンをミシンで縫いましたが、生地が引きつることがあり、出来あがりが美しくできないことがあります。

 

出来上がりを重視するなら、手で縫っていくのがよいです。

 

手縫いの場合の針目は三ミリくらいでよいです。

 

モスリンの生地を手縫いするには、絹の手縫い糸をお使いください。

 

市販の腰ひもには端に赤い糸がついているものが多いようですが、何色でもかまいません。

 

端の糸は不可欠のものではないので、端の糸は短くてもかまいません。

 

 

幅広の腰ひもを作りたいなら

 

4〜5センチの幅の腰ひもが扱いやすいとは思いますが、もっと幅広で伊達締めと兼用できないか?とお考えなら。。。

 

そういう場合は、例えば幅8センチの腰ひもを作りたいということなら、縫い代5ミリなので、8×2+1=17センチ で裁断して作成してください。

 

もちろん長さについても、市販のものでは足りないという方は、縫い代は同じく5ミリなので、必要な長さ+1センチで裁断して作成してください。

 

 

腰紐(こしひも)の作り方・自分にぴったりサイズで・誰でもできる写真手順付き・まとめ

 

腰ひもを自分にぴったりのサイズで扱いやすいものを手作りしてみましょう。

 

腰ひもに一番重要な要素は締めやすいこと。

 

最も締めやすいのは、モスリン、そして絹(と感じます)。

 

和装品からのリメイクで十分ですが、2メートルを超えるものは長さがとりにくいかもしれません。

 

腰ひもは強い力がかかるので、途中でつながない方がよいです。

 

<モスリン・メリンス・新モス>

 

腰ひもの素材としてモスリンとなっている場合は、ウールです。

 

モスリンをメリンスと呼ぶこともあるので、メリンスの方が話が通る場合もあります。

 

また「新モス」という名称は、和装に使う木綿の薄手の素材ですので、ウールではありません。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方