腰紐の作り方・誰でもできる写真手順付き

腰紐の作り方・誰でもできる写真手順付き

スポンサーリンク

腰紐の作り方・誰でもできる写真手順付き

腰ひもの作り方

腰ひもは着物の着付けに欠かせない、大切な小物です。

 

腰ひもといっても、いろいろ種類がありますが、一番締りがよいのはやはりモスリンの腰ひもでしょう。

 

一般的なモスリンの腰ひもといえば、ベージュ色のものですが、薄いピンクのものも女性には人気のようです。

 

その他、可愛らしい絵柄のあるモスリンの腰ひもも販売されていますので、愛用しているという人もあるでしょう。

 

安価で販売されているものなので、わざわざ作るほどのものではないですが、気にいった生地で作れば、手作りの腰ひもに愛着もわきます。

 

着なくなったモスリンの長じゅばんから作ったり、不要な着物からでも作ることができます(昔はよくしていたのだと思います)。

 

ただ2メートル以上もあるので、いったん着物や長じゅばんになったものから作ろうとするとわずかしかできないので、その点が残念です。

 

腰ひもにできそうな長い布があれば、ぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク


 

腰紐の作り方

 

市販のものより少し短めで作ります(いつも長いと感じているので)。

 

モスリン 201センチ×9センチ (モスリンはウールの長じゅばんによく使われる生地です。ウールの薄い生地)

 

 

腰ひも・たてに中表にして5ミリの縫い代で縫う

 

内側を生地の表にして、たて半分に折って縫い代を5ミリとして、まっすぐに縫います。

 

縫い代はアイロンをあてて倒しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

腰ひも・角はこの図のように

 

両端は7ミリずつあけます。

 

両端は縫い代5ミリとして、わの方を2ミリ断ち目の方を7ミリ縫い残します。

 

こうしてたて・横の角の縫い目に少しすき間を残すことで、表に返したときに角が出やすくなります。

 

真ん中あたりに4〜5センチ縫わずにおき、返し口をあけておきます。

 

ゴム通しなどで返し口から表に返します。

 

 

 

腰ひも・端の始末

 

表に返したら、角を目打ちなどで整えます。

 

そして角のところを割るようにして先端に糸を通します。

 

 

 

 

 

 

 

腰ひも・糸はしっかりと縛ります

 

三回糸を通したら、しっかりと引き締めてきつく駒結びします。

 

糸は2〜4センチの長さで切りそろえます。

 

 

 

 

 

 

 

腰ひも・返し口閉じてアイロンをあてて完成

 

返し口のところを縫いとじて、アイロンをあてます。

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

モスリンの生地がない場合は、絹の薄手のものがかわりになります。

 

モスリンや絹は、ミシンを使用すると素早く縫えますが、生地が引きつることがあり、出来あがりが美しくできないことがあります。

 

生地が引きつらないためには、やはり手で縫っていくのがよいです。

 

手縫いの場合の針目は三ミリくらいでよいです。

 

モスリンの生地を手縫いするには、絹の手縫い糸をお使いください。

 

市販の腰ひもには端に赤い糸がついているものが多いようですが、何色でもかまいません。

 

端の糸は不可欠のものではないので、端の糸は短くてもかまいません。

 

腰ひもの幅はできあがりを4センチにしましたが、4〜5センチくらいが使いやすい幅だと思います。
お好みの幅で作ってみてください。

 

市販の腰ひもはどなたでも使えるように長めに作られていますので、痩せている方はここで紹介している2メートルか、もっと短くてもよいと思います。

 

腰紐があまり長いと、かえって余分なひもの始末が面倒な場合もありますので、ご自分の好みの長さで作ると着付けがスムーズになるはずです。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方