伊達襟の取り付け方・誰でもできる写真詳細付き

伊達襟の取り付け方・誰でもできる写真詳細付き

スポンサーリンク

伊達襟の取り付け方・誰でもできる写真詳細付き

伊達襟の取り付け方

伊達(だて)衿は、もう一枚着物を着ているように見せかけて、衿を重ねる衿のことです。

 

衿といっても衿そのものでなく、長方形の布を着物に取り付けることで、胸元を華やかにします。

 

半衿と着物の間に着物の衿に沿って伊達衿が見えるよう着付けるので、半衿と着物にあった色を選びます。

 

伊達衿は、120〜130センチ×11センチほどの長方形の生地で、裏地がついています。

 

表側になる生地は、つややかではっきりした色目が多いです。(胸元を飾るためのものですから)

スポンサーリンク


 

伊達衿の取り付け方

 

伊達衿の取り付け方・伊達衿を半分の幅に折って縫いとめます

 

伊達衿を半分の幅に折って、開かないように糸で留めます。

 

留めるところは、中央とそこから左右10センチほどのところです。

 

 

 

 

 

 

 

伊達衿の取り付け方・伊達衿を着物の衿にとめます

 

着物の衿を半分の幅に折ります(スナップボタンか糸がついていればそれを利用します)。

 

着物の衿の中央に伊達衿の中央を合わせ、「着物クリップ」などで上から挟んで動かないようにするとよいです。

 

この時、伊達衿が着物の衿より上に出ないようにしてください。

 

伊達衿を着物の衿にのせ、閉じたところ三か所を、着物衿の端に合わせて糸で縫いとめます(写真)。

 

付属の留め具(クリップのようなもの)がある場合は、糸で留めずにそれを利用して着物と伊達衿を、下から挟むように留めてください。

 

こうして伊達衿が着物の衿にきちんと付いて、動かないようにしてしておきます。

 

以上で伊達衿の取り付けがすみました。

 

 

伊達衿の取り付け方・伊達衿の取り付け後上から見ると

 

これを上から見ると、着物の衿(緑色)がわずかに出ています。

 

着物を着たときには、後ろからは伊達衿は見えないようになっています。

 

 

 

 

 

 

伊達衿の取り付け方・他の箇所を留めてもいい

 

着付けをする際、伊達衿が開いてくると着付けしにくい場合は、あらかじめ他の箇所も半分の幅に折って、何か所か糸で留めておくとよいです。

 

ここでは最初の三ケ所(中央と左右10センチほどのところ)のほか、左右のそれぞれ三ケ所ずつを糸で留め、開かないようにしてみました。

 

 

 

 

 

 

伊達衿の取り付け方・5ミリほど出して着付ける

 

伊達衿をつけての着装は、首の真横から伊達衿が見えるようにして、伊達衿が5ミリから5ミリ強出るように着付けるのが一般的です。

 

 

 

 

 

その他の伊達衿

 

上記で説明したような半衿が多いのですが、中には半分に折らない、取り付けるだけの半衿もあります。

 

そうしたタイプは半分に折る手間がなく、取り付け方法は上記の方法と同じです。

 

薄くて取り扱いしやすいので、最近はよく使われるようになっているようですし、二種類の色で伊達衿が構成されているタイプのものもあります。

 

ひとつの伊達衿を取り付けるだけで、二枚の衿を飾ることができるので、振袖や訪問着に使われるようになっています。

 

半衿の取付方法(広衿)

 

またパールやビーズ、飾り花などのアクセントがつけてある伊達衿もあります。

 

おもに振袖用ですが、縁取りのようにパールやビ―ズが取りつけてある伊達衿は、衿の後ろまでパールやビーズをだして着付けてもいいですし、後ろだけは着物衿の内側にしまってもいいです。

 

お好みの方法できつけてください。

 

また伊達衿の左側に飾り花などのアクセントがつけてあるものは、飾りがちゃんと出るよう半衿や着物の衿を調整してください。

 

いずれにしても、伊達衿は飾りのひとつなので、貧弱に見えてはもったいないです。

 

左右の伊達衿の出方が均等なのを確認して、着付けをしてください。

 

 

 

刺繍半襟に伊達衿を合わせる場合の着付け法

 

胸元を華やかに飾るとき、半襟を刺繍にしてさらに伊達衿を飾ることがあります。

 

振袖のときなどは、いっそう華やかになるので刺繍半襟と伊達衿のコーディネートが多いと思います。

 

そんなときは、刺繍の半襟をたっぷりと見せたいので、白い半衿のときよりも大きく半衿をだして伊達衿をするようにしてください。

 

胸元がさらに華やかに豪華になります。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方