花角出し内巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

花角出し内巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

スポンサーリンク

花角出し内巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

一文字結び半幅帯解説

花角出しはとても簡単な結び方ですが、変化をたくさんつけることのできる半幅帯での角出し結びです。

 

変化の付け方は簡単で、結びの表情をずいぶん変えることができます。

 

浴衣に、普段用着物に、年齢を問わず結んでいただけます。

 

花角出しの内巻きでの結びとアレンジを紹介します。

 

やや厚めのはりのある半幅帯で、長さも長めのものがアレンジしやすいです。

スポンサーリンク


 

 

花角出し内巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ

花角出し・胴に二巻きし手先を下にひと結びします

 

手先を半分に折って35センチとって、胴に二巻きし、手を下にしてひと結びします。

 

たれは肩にあずけておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花角出し・手先を右にしたれをおろしてわを作る

 

手先を右に向けて、たれをおろします。

 

そこにできた輪に手を上から差し込んで、たれの元の近くをつかんで引っ張り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花角出し・たれと手先で羽根をととのえる

 

引っ張り出したたれと、手先の長さが一緒になるように調整しながら、しっかりと縛ります。

 

羽根がこれでできましたので、羽根を開いておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花角出し・たれを結び目の上から通します

 

たれを結び目の上から通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花角出し・もう一度たれを結び目の上から通し、調整して完成です

 

もう一度たれを結び目の上から通します。

 

たれの先をたれで作ったふくらみの下から見えるくらいに調整して、完成です。

 

これを基本にして、アレンジをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花角出し・アレンジです

 

これはすぐ上のものの羽根を半分の幅にして、下に向け、たれの二重のふくらみを、内側によせてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花角出し・さらにアレンジです

 

これは基本のものと羽根を同じにして背中につけるような感じで開いて、たれの一重目を裏側にして、やふくらみを大ぶりにしました。
そして形の一番上に腰紐を通して前で結び、帯に隠してあります。

 

結びの形をよりしっかりと維持したいときにやってみてくださいね。

 

 

体の大きさやヒップの大きさによって、ふくらみは好みで変更してください。

 

角にあたる羽根の部分をしっかり開く、または半分の幅にする、真横にする、下に向けるなどで変化をつけることができます。

 

また、羽根そのものを裏側を使って、変化させることもできますよ。

 

ヒップを隠したい方は、できるだけアンバランスな形に全体の形を作ってみてください。

 

20代以降、どんな年代の方にも向く帯結びです。

 

若い方は鮮やかな色の帯で華やかに結んでください。

 

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方