お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

スポンサーリンク

お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

お太鼓結び解説

名古屋帯で結ぶ「お太鼓結び」は、外出着やおしゃれ着の着物に結ぶ代表的な帯結びです。

 

着物姿といえばこのお太鼓結びとセットになるくらい、一番目にする機会の多い帯結びでしょう。

 

名古屋は種類が豊富で、実用性、おしゃれ性も併せ持ちます。

 

小柄な方は小さ目のお太鼓で、大柄な方は縦に長くとって体とのバランスをとるようにすると、しっくりまとまります。

 

自分で背中で結ぶと、始めは腕が痛くなる方もありますが、練習してみてくださいね。

スポンサーリンク


 

お太鼓(名古屋帯)の結び方

 

お太鼓結び・名古屋帯・背中で人結び

 

まず最初に、手先を50センチほど残して、手先から胴にきっちりと二重に帯を巻きつけます。

 

一重目と二重目の間に、帯板をはさんでおきます。

 

背中で手の元とたれの元の幅を細くして、手を下にしてひと結びします。

 

その後手は、胴の前に回して、クリップで留めておきます。

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・帯枕に帯揚げをかけ背にあてる

 

帯枕に帯揚げをかけて、背中にあてます。

 

帯揚げがずれないよう、ゴムをかけておいてもよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・たれをおろして位置確認

 

たれをいったん下ろして、お太鼓部分の柄の出方がよいかどうか確認します。

 

もし位置が悪ければ、帯枕を置く位置を変えて、一番よい位置に置くようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・帯枕の下の帯だまりをまっすぐに

 

帯枕の位置が決まったら、たれを上げて、枕の下の帯だまりをまっすぐになるよう整えます。

 

そして帯枕を背中に密着させながら、帯枕のひもを胸のところでしっかり縛ります。

 

縛ったあと、結び目は帯の内側へ深く差し込んでおきます。

 

帯揚げはあとで整えるので、胸のあたりで軽く結んでおきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・お太鼓の底に仮紐をする

 

お太鼓の底を決め、そこに仮紐をして前で結んでおきます(仮紐は帯にかからないように結んでおきます)。

 

お太鼓の底は、通常は胴に巻いた帯の底(下の端)と同じ位置にしますが、年齢の高い方は、お太鼓の底を少し下にします(その方がバランスがよくなります)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・手先をお太鼓にいれる

 

手先を留めておいたクリップをはずし、「わ」になっている方を下にして、お太鼓の中に差込ます。

 

左右の端がお太鼓の幅より1〜2センチ出るように長さを調節します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・帯締めをして仮紐をとる

 

帯締めは手先の中心を押さえ、前にまわしてしっかりと締めます。

 

仮紐をとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・帯揚げを整えます

 

帯揚げを整えて、完成です。

 

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方