お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説しました

お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説・上達するための秘訣も

スポンサーリンク

お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説・上達するための秘訣も

お太鼓(名古屋帯)の結び方手順を詳しく解説しています

 

名古屋帯でお太鼓結びをしたところ

 

「名古屋帯」で結ぶ「お太鼓結び(一重太鼓)」は、外出着やおしゃれ用の着物に結ぶ代表的な帯結びです。

 

着物姿といえばこのお太鼓結びとセットになるくらい、一番目にする機会の多い帯結びでしょう。

 

「名古屋帯」は種類が豊富で、実用性、おしゃれ性を併せ持ったものがほとんどです。

 

小柄な方は小さ目のお太鼓で、大柄な方は縦に長くとって体とのバランスをとるようにすると、しっくりまとまります。

 

ここではお太鼓結びの手順と、上達する秘訣もお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

お太鼓(名古屋帯)の結び方

 

お太鼓結び・名古屋帯・背中で人結び

 

まず最初に、手先を50センチほど残して、手先から胴にきっちりと二重に帯を巻きつけます。

 

一重目と二重目の間に、帯板をはさみます。

 

胴に巻く終わりの部分を斜めに折り上げて細くし、背中で手の元を細くして、手を下にしてひと結びします。

 

その後手は胴の前に回して、クリップで留めておきます。

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・帯枕に帯揚げをかけ背にあてる

 

帯枕に帯揚げをかけて、背中にあてます。

 

帯揚げがずれないよう、ゴムをかけておいてもよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・たれをおろして位置確認

 

たれをいったん下ろして、お太鼓部分の柄の出方がよいかどうか確認します。

 

もし位置が悪ければ、帯枕を置く位置を変えて、一番柄が映える位置に置きかえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・帯枕の下の帯だまりをまっすぐに

 

帯枕の位置が決まったら、たれを上げて、枕の下の帯だまりをまっすぐになるよう整えます。

 

そして帯枕を背中に密着させながら、帯枕のひもを胸のところでしっかり縛ります。

 

縛ったあと、結び目は帯の内側へ深く差し込んでおきます。

 

帯揚げはあとで整えるので、胸のあたりで軽く結んでおきます。

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・お太鼓の底に仮紐をする

 

お太鼓の底を決め、そこに仮紐をして前で結んでおきます(仮紐は帯にかからないように結んでおきます)。

 

お太鼓の底は、通常は胴に巻いた帯の底(下の端)と同じ位置にしますが、年齢の高い方は、お太鼓の底を少し下にします(その方がバランスがよくなります)。

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・手先をお太鼓にいれる

 

手先を留めておいたクリップをはずし、「わ」になっている方を下にして、お太鼓の中に差込ます。

 

左右の端がお太鼓の幅より1〜2センチ出るように長さを調節します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓結び・名古屋帯・帯締めをして仮紐をとる

 

帯締めは手先の中心を押さえ、前にまわしてしっかりと締めます。

 

仮紐をとります。

 

帯揚げを整えて、完成です。帯揚げの整え方はこちら⇒「帯締めと帯揚げの結び方(本結び・絞り結び)を詳しく解説しました

 

 

 

 

 

 

お太鼓の大きさと身長

 

お太鼓結び・名古屋帯・帯揚げを整えます

 

お太鼓の大きさは、背の低い方は小さめに、背の高い方は大きく縦長に作ると、身長とのバランスがよくなります

 

ただ、身長の高い方がかわいらしい雰囲気にしたいときは、丸みを持たせた小ぶりのお太鼓にするとよいです。

 

着物の柄やお太鼓の色柄、出したい雰囲気によってお太鼓の大きさやふくらみ加減を調整してみてくださいね。

 

 

 

 

 

お太鼓結び上達するための秘訣

 

お太鼓結びは、最初はとても手間のかかるものだと感じると思います。

 

ある程度の回数を練習することが上達の早道ですが、その中でも特に大切な秘訣をおつたえします。

 

練習する際に気をつけたいこと

 

名古屋帯でつくるお太鼓結びは、締めたり形作ったりを背中で行います。

 

そのため練習を始めると、慣れない動作のため腕が痛くなることもあります。

 

体が硬い方はストレッチして柔軟な体にしておくと、辛い痛みにならず練習が継続できるでしょう。

 

鏡を見ての練習から手の感触で判断できるように

 

体の後ろ、背中での操作は、 実際に目で見ることができないので 姿見に映して確認しますが、鏡を頼っているとお太鼓の形がいびつになりやすいです。

 

ですからある程度慣れてきたら自分の指や手の感覚で位置を確認して、鏡なしでも結べるようになりましょう。

 

お太鼓結びの練習は、最初決めた一つの帯でうまくできるようになるまで練習するのが早道です。

 

 

お太鼓(名古屋帯)の結び方を詳しく解説・上達するための秘訣も

 

名古屋帯で結び「お太鼓結び」は着物姿の最もポピュラーな結びです。

 

「名古屋帯」は種類が豊富ですが、ほとんどは実用性、おしゃれ性を併せ持ったものです。

 

背の低い方は小さいお太鼓、背の高い方は大きいお太鼓がバランスよく合います。

 

上達の秘訣は、一つの帯でまず練習すること、鏡を見ずにお太鼓ができるようになるのが理想です。

 

 

お太鼓結びがうまくできるようになったら、同じ名古屋帯でできる「角出し結び」も試してみてくださいね。

 

角出し結びは、おしゃれでカジュアルな印象になりますよ。

 

上は平らでシャープな感じ下のほうはふっくらした形になる角出しA⇒「角出しA(名古屋帯で結ぶ)の結び方を詳しく解説しました

 

全体に丸みをおびたこんもりした形になる角出しB⇒「角出しB(名古屋帯で結ぶ)の結び方を詳しく解説しました




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方