織りの着物(織物)

織りの着物(織物)

スポンサーリンク

織りの着物(織物)

織りの着物の例
(織りの着物の一例)

 

織りの着物は、反物を織る前の糸の段階で、糸に色を染めてから織ることで模様を表現する着物です。

 

糸に色を染める方法には、染料に糸の束をつけて染める方法と、染めたくないところを別の糸でしばってから染料につけて染める方法があります。

 

染めたくないところをしばることで、白い部分ができた糸は、織る過程で縦糸と緯糸(よこいと)をどうあわせるかで、模様を出します。 スポンサーリンク


 

その出来上がる模様がかすれているように見えることから、織る前の糸を絣糸(かすりいと)と呼びます。

 

主に緯糸のみ絣糸を使ったものと縦緯の両方に絣糸を使ったもものがあり、縦緯両方に絣糸を使ったものほど、模様は繊細なものになります。

 

織りの着物の例・大島紬
(織りの着物の一例・大島紬)

 

織りの着物の代表格は、結城紬と大島紬です。

 

結城紬は、茨城県結城市、栃木県小山市を中心に生産されていて、精巧な亀甲絣や十字絣、複雑な絵絣で、手織りの風合いが柔らかい織物です。

 

色は藍、茶、浅葱(あさぎ)、ねずみ色が基本で落ちつきのある色合いでしたが、近年は多彩な色合いが生産されています。

 

高級なおしゃれ着としてとても人気の高い織物です。

 

反物になるまでの工程のうち「糸紡ぎ」「絣括り(くくり)」「機織(はたおり)」の三つの工程が1956年(昭和31年)に国の重要無形文化財の指定を受けています。

 

大島紬は、奄美大島と鹿児島県周辺、宮崎県都城市で生産されていて、薩摩藩の上納品として盛んに生産されるようになりました。

 

大島紬の一番の特徴は、精緻な絣柄と泥染めです。

 

伝統的な絣柄はソテツの葉、ハブのうろこ、魚の目などの南国特有の模様や奄美大島の自然を模様化した絣柄です。

 

染め色は、泥染め、藍を足した泥藍大島、植物染料だけで染めた草木染大島、科学染料を用いた色大島、白地の白大島、盛夏用の透ける夏大島があります。

 

絣柄を作る工程も、染めの工程も、絣柄を合わせるにも、時間がかかる作業の繰り返しで、完成までには半年ほどかかるものもあり、名品として名高く人気のある織物です。

 

結城紬と並んで、織物の最高峰といわれています。

 

織りの着物の例
(織りの着物の一例)

 

これらの「織りの着物」に対して「染めの着物」と呼ばれる分類があります。

 

染の着物についてはこちら⇒染の着物(染物)

 

 

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方