レースの羽織り(裏地あり)の時期と季節について
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

レースの羽織り(裏地あり)の時期と季節について

レース裏地付きの羽織り

このレースの羽織、裏地がついています

 

「レースってそもそも透け感がいいから羽織にするととってもおしゃれ」とは思いますが、裏地がついているので透けません。

 

なので着られる時期はいつなのかしら?

 

そもそも色がイエローでかわいらしいので、私にはとても無理ですが、コーディネートするとしたらどんな着方が合うのかしら?

 

そんなことを今日は考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

レースの羽織(裏地のないもの)の着用時期(季節)

 

レースの羽織は裏地のないものが一般的だと思います。

 

レースの羽織は、塵除けまたはおしゃれのために羽織りますね。

 

透けるものですから、真夏を含めその前後まで、5月から9月いっぱいくらいと考えられます

 

盛夏の7・8月には透け感の大きい、目の大きいレースがいいと思います。

 

この羽織は、レースの目が込んでいるので、盛夏はちょっと・・・という感じです。

 

レース裏地付きの羽織りレース部分のアップ

 

年配の方ならは、盛夏にはレースより「紋紗」の透けているけど紋が浮き上がるように見える素材が好まれているのではないかと思います。

 

 

裏地があるので着用時期は限定される?

 

さてこの裏地のあるレースの羽織、裏地があるので、防寒も兼ねていると考えられます。

 

普通裏地付きの羽織の着用期間は、10月(楓が色づくころ)〜4月中旬(桜の散るころ)とされていますね。

 

裏地があることだけで考えると、この期間中OKかも?という気もしますが、やはりレースという素材なので、真冬には違和感があります。

 

羽織が防寒の目的が第一になる季節には、透け感のあるレース素材は見ていて温かみに欠けますよね。

 

そうなると袷の羽織の期間の「10月(楓が色づくころ)〜4月中旬(桜の散るころ)」のうち、10月、3月、4月ならいいかな?思えます

 

 

裏地のある羽織のコーディネート

 

この羽織を着用するときのコーディネートを考えてみました。

 

季節は4月、暖かい陽射しが心地よくなる季節に、どうかな?と。

 

裏地付きのレースの羽織りのコーディネート例

 

帯揚げはあまり見せないようにして、帯締めもあまり目立たないようにしました。

 

ちなみに羽織の丈は膝の少し上の丈で、素材はレーヨンです。

 

 

レースの羽織り(裏地あり)の時期と季節について・まとめ

 

このレースの裏地のある羽織りの場合は、裏地があるため、着用できる期間は10月と3月4月の限定ということになりそうです。

 

色目がイエローなので春にふさわしいと考てコーディネートしてみました。

 

レースの色がパステル系でなければ、10月にもコーディネートは楽しめそうです。

 

とはいえ着用時期が限られるので、裏地のついたレースの羽織りをお求めになるときは、よく考えてお求めくださいね。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する