呉服・着物・和服に詳しくなろう

呉服・着物・和服に詳しくなろう

呉服・着物・和服に詳しくなろう

いわゆる着物は、呉服といったり和服といったりもします。
誰も同じものをさしているのは分かっていても、生地の織り方や染め方で、非常に多くの種類があり、帯についても何種類もあります。

 

また着物・呉服・和服を着ようとすると、髪型や履物なども、洋服のときとは変えた方がいい場合もあり、頭を悩ますことでしょう。

 

日本では洋服を着るようになるまでは、誰もがみな着物を着てくらしていました。
着物には、日本独自の文化が、長く根付いていますが、現代になってその文化も廃れてきました。

 

またきものは特別なセレモニーなどに着るものとして、定着しつつあるようです。
ただ年配の方の中には、まだ着物を普段着としてお召しになっている方もあります。

 

世界が認める、日本の着物(呉服・和服)は、華やかな絵画のようなものを一般的にはさしています。
でももっと他にも、特色のある織り方や染め方があって、今も愛好家が求めているものもあります。

 

ここでは着物(呉服・和服)に関する情報を一杯にして、呉服屋さんや着物店にも、気軽に行っていただけるように、着物や帯やその周辺の小物などの知識をどんどん増やしていく予定です。

 

以下の大項目を分けて、さらに細かく項目をたてて、順次調べ次第書いていきます。
着物をもっと身近に感じていただけるようにしていこうと考えています。
どうぞよろしくお願いします!

 

■■呉服・着物・和服の特徴など

 

■■着物の楽しみ方

 

■■着物・呉服・和服の種類(女性)

 

■■着物・呉服・和服の種類(男性)

 

■■着物のコーディネート

 

■■着物のおしゃれな小物

 

■■呉服業界

 

■■新しい着物の試み

 

■■着物・呉服・和服の今後を考える

呉服・着物・和服に詳しくなろう記事一覧

「呉服」「着物」「和服」は同じ・日本独特の衣装の歴史と特色

「呉服」は呉の国(中国)から伝わった衣装という意味で、和服着物全般を 「呉服」と呼んでいます。日本は昔からの衣服として、「小袖(袖口の小さい一般的な着物)」が用いられてきました。それが「身につけるもの」=「着るもの」という意味で、日本人の衣装を総称して「着物」と呼びます。また「和服」という言葉も日本...

≫続きを読む

 

浴衣(ゆかた)を着る機会(チャンス)・ワクワクしながら楽しんで・着方の基本

浴衣(ゆかた)は日本の夏のおしゃれ着。特に夕方から夜にかけてのイベントに皆さん着ていますね。おしゃれのために装う浴衣ですが、蒸し暑い日本の夏を涼しく過ごすための衣装でもあります。着物の仲間ですが、難しく考えなくても大丈夫。洋服のTシャツとジーパンといった組み合わせと同じ感覚のものです。ここでは浴衣に...

≫続きを読む

 

女性の着物・自分で着る着方と楽しみ方について

女性の着物姿、素敵ですね。着物の女性を見ると、「冠婚葬祭?」「どんな職業の人かしら?」と思われることがあるかもしれません。それはそれとして。。自分でおしゃれを楽しめればそれが一番です。日常に着物を着る人は少ないですが、衣装の選択肢のひとつとして着物があるっていいと思いませんか?今日は、「いつかは着物...

≫続きを読む

 

着物のときの所作と立ち居振る舞い・たもとや裾が長いので気をつけたいことまとめ

着物をきたときは、洋服とは違う気遣いが必要になってきます。なぜなら、きものは洋服の構造と全く違った衣装であるからです。着物(和服)は、袖のたもとが長く、足首あたりまで裾が長い、帯の結びが後ろ側にあることなどの特徴があります。そのため洋服のままの動作や振る舞い方では、不都合がおきやすいです。洋服のよう...

≫続きを読む

 

呉服店(屋)の特徴と利用の仕方・専門店の利点

着物(和服)を販売しているところは、「呉服店(呉服屋)」と呼ばれています。現代では「着物屋(店)」と表記しているお店もあります。通常「呉服=着物=和服」と考えていいでしょう。ですから呉服店では、当然ながら着物や関連商品を取り揃えています。着物は本来、細長い幅の生地(反物)を選んでから、自分サイズに仕...

≫続きを読む

 

成人式の着物・現代好まれている振袖姿と紋付き袴姿

成人式の着物といえば、女性は「振袖」、男性は「紋付袴」となります。式典の正装として、未婚女性は振袖で、男性は未婚・既婚を問わず紋付袴です。女性の振袖のデザインや色彩は華やかさを増しています。モダンなものから古典的なもの、デザイナーによるものなどさまざまな振袖があります。一生に一度の成人式ですから、大...

≫続きを読む

 

七歳五歳三歳の祝い着(着物)フルセットの内容と購入レンタル事情

男の子はかぞえで五歳に、女の子はかぞえで三歳と七歳に、無事な成長と健康をお祝いします。かぞえの年齢でお祝いするのがならわしですが、現代では満年齢でのお祝いの方が多いようです。五歳の男の子のお祝いには、紋付羽織袴の正装が多いようです。七五三の衣装は、購入することもできますし、レンタルする家庭も増えてい...

≫続きを読む

 

七五三のお母様の着付け・着物

七五三の行事に付きそうお母さんも、お子さんが着物ならお着物で行かれるのがのぞましいですね。小さいお子さんがお祝いの主役ですが、お母さんにとっても晴れがましい場です。準備がお母さんの分までとなると大変ですが、そこをなんとかお着物にされると、思い出深いものになることでしょう。七五三の行事に付きそうお母さ...

≫続きを読む

 


スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方