染め替え(染め直し)方法

着物の染め変え(染め直し)方法・現代の「丸染め」とは・費用は?

着物の染め変え(染め直し)方法・現代の「丸染め」とは・費用は?

着物の染め替え(染め直し)方法・現代の「丸染め」とは・費用は?

色が派手になりこのままでは着用できない着物を、今後も着る方法を紹介します。

 

それは「染め変え」る方法です。

 

「染め変え」るには一定条件があります。

 

着物の「染め変え」の方法、お値段の相場などをお伝えします。

 

また近年できるようになった「丸染め」の技術、相場についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

一般的な染め変えの方法

 

着物の色を染めかえる方法をまず紹介します。

 

  • 色をいったん抜いて好みの色に染め変えをする。
  • 全体に好みの色をのせて染め変える。

 

この方法は、着物をほどいて、着物生地だけを染めます。

 

生地に色が定着したのち、仕立て直します。

 

 

部分染めで着られる着物に変える方法

 

着物の全体を染めるのでなく、一部だけ染めて雰囲気を変えることもできます。

 

  • 模様に色や柄を追加して、派手さをおさえ大人っぽくする

 

この方法なら、全体を解く必要がないので、手を加えやすい方法です。

 

派手な着物を、落ち着いたものに変更できます。

 

 

染め変えのときの条件

 

染め変えをするには、一定条件があります。

 

それは、染め変え作業をすることで、今後十分着用できるかどうかです。

 

そのために確認することは、

 

  • きもの生地はしっかりしているか?

 

これは依頼先に確認してもらうのが確かです。

 

生地が弱くなっていれば、染め変えても永くは着用できません。

 

 

従来の染め変えでの予算・費用

 

さて費用はどれくらいかかるかですが、

 

着物をほどいて、生地を染める方法は、そのあと仕立てが必要になります。

 

裏生地をそのまま使うということで考えると、

 

「ほどき代+染め代+仕立て代」

 

これで約4.5万円からが一般的な相場でしょう

 

 

現代の「丸染め」はどんなものか

 

着物の染め替え(染め直し)方法・現代の「丸染め」とは・費用は?

 

近年行われるようになった染めの技術で「丸染め」があります。

 

「丸染め」は、ほどかずそのままの状態で染色します

 

この方法なら色を抜くことなく、上に色をのせるだけです。

 

どんな色にするかを決めれば、短期間でできます。

 

 

「丸染め」のよい点

 

「丸染め」のよい点をあげてみると

 

  • 期間が短い
  • 従来の染めより費用が安い
  • 裏地のシミなどがわからなくなる

 

 

「丸染め」の悪い点

 

よい点ばかりではないですね、悪い点もあります。

 

  • 裏地まで染まる
  • 今の色の上に色をのせるので、希望通りの色にならないかもしれない

 

このことがネックになるので、よく相談してくださいね。

 

 

「丸染め」できるかどうかの条件

 

「丸染め」は着物のままドボンと染めるので、この条件を満たしていなくてはなりません。

 

 

<「丸染め」できる条件は>

 

  • 着物生地がしっかりしていること
  • 縫い糸が傷んでいないこと
  • サイズはこのままでよいこと

 

 

「丸染め」の費用の相場

 

「丸染め」の費用はどれくらいかというと、先日見かけた看板では31,500円でした

 

一般的な染め変えよりは費用はかからないですね。

 

 

どんな染め替えにするかはよく相談を

 

従来の染め替え方法とともに、現代では「丸染め」をいう方法も加わりました。

 

しかしながらまだ「丸染め」を行っているところは少ないです。

 

最初から「丸染め」と決めているのなら、看板のあるところに持ち込んで相談してください。

 

 

全体に色を変える方法ではなく、色を一部追加する、柄を加えるなどで派手さをおさえることもできるので、専門家に相談してみましょう。

 

 

色は薄いものから濃いものへ

 

全体の色を染め替えるとして、染め替えしやすい色は薄い色です。

 

徐々に濃い色染めなおしていくことは容易にできます。

 

反対に濃い色目の着物を薄くするのは難しいので、いったん色を抜くこともあります。

 

 

着物の染め変え(染め直し)方法・現代の「丸染め」とは・費用は?まとめ

 

派手になった着物を染め変える方法で、従来の方法をお伝えしました。

 

費用は約4.5万円から、色を抜くと費用はかさみます。

 

近年行われるようになった「丸染め」は、一定の条件があればできます。

 

費用がおさえられ(31,500円)、小さなシミはわからなくなります。

 

色の上に色をのせるので、希望通りになるようよく相談してください。

 




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方