着物・和装のときの雨傘(あまがさ)と和傘の用途

雨傘着物の女性が雨傘をさしている

日本で昔から使われてきた傘は「和傘」

和傘は紙と竹を使用して造られています。

和傘にはいくつか種類がありますが、すべてまとめて「蛇の目傘」と呼ばれているようです。

現代では着物を着ているからといって、和傘を使う人はほとんどないですね。

みなさん洋服のときに使っている「洋傘」を使っているようです。

スポンサーリンク


着物に適した洋傘とは

着物のときも好みの洋傘を使えばよいと思います。

とはいえ、やはり着物にあう傘がいいですよね。

私は無地の骨数の多い大き目の傘を利用しています。

また着物が濡れてしまうわないよう、こんな対策をしています。

雨の日の外出の対策

着物は裾が長いので、足元が濡れやすいです。

それを防ぐために、「雨用コート」を利用しています。

着物の裾がかくれる長さにするのがポイントです。

また雨コートを着る前に、より安心なように着物の裾をあげておきます。

着物の裾を帯の地位まであげて、腰ひもで留めておきます。

傘はできるだけ親骨が長く直径の長いものを利用します

できれば雨コートさえ濡れない方がいいですから。

また雨用の草履をはくことで、足袋を濡らさないようにしています。

<雨の日の着物のお出かけ対策>

  • 雨コートを着用する
  • 洋服のときより大きい傘をさす
  • 雨用ぞうりをはく

男性用の洋傘を利用するのもいいと思いますよ。

和傘の傘以外の用途について

純粋な雨傘としての用途がほとんどなくなった和傘ですが、ほかに何かに使われることがあるのでしょうか。

和傘はそのシルエットが末広がりなことから、昔から縁起がよいものとされています

結婚式や各種の贈り物として、使われることがあります。

また、八十歳のお祝いを「傘寿(さんじゅ)」といいますね。

そのお祝いに寿印の和傘を贈ったり、和傘に寄せ書きするなどして贈る習慣もあるといいます。

豆知識でした。

雨天用のコートが欲しいという人は、仕立てるときの注意点などを知っておくといいですよ。

↓↓

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました