きもの物語

講座「着付けのおけいこ入門・浴衣で入門」その1・スタンスと主な内容について

スポンサーリンク

講座「着付けのおけいこ入門・浴衣で入門」その1・スタンスと主な内容について

講座「着付けのおけいこ入門・浴衣で入門」は、浴衣の着付けを始める方に向けての講座です。

 

以前この講座は無料のメール講座として開講していまいたが、このブログ「きもの物語」で一般公開することとし、内容を最新のものにいたしました。

 

講座といっても堅苦しいものではありません。

 

楽しみながら浴衣の着付けを覚えて、着物への関心を持っていただけたらと思います。

 

最初に講座のスタンスと主な内容についてご案内します。

 

すぐに浴衣入門講座を始めたい方はこちらからです⇒「講座「浴衣で入門」その2・「浴衣の成り立ちと特徴」「体型の補正」

 

スポンサーリンク


 

着付けのおけいこ入門・浴衣で入門 はじめに

 

ようこそ、 「着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門」へ。

 

これをお読みくださるあなたは、きっと浴衣を気軽に楽しみたいとお思いでしょう。

 

日本の夏ならではの涼しげな浴衣姿は、蒸し暑さ吹き飛ばすような、爽やかさがありますね。

 

昔は「夕涼み用」や「寝巻き」という扱いをされていた浴衣ですが、現代では夏の風物詩のひとつとなっ て、数多くの素敵な色柄の浴衣や帯を楽しむようになりました。

 

この20〜30年は、夏のお出かけに浴衣を楽しむ方が、男女ともに増えています。

 

「着物はとっつきにくいけど、浴衣ならなんとかなりそう」、そんな風に思えますよね。

 

そうなんです。

 

浴衣を着るのは、そんなに難しくありません。

 

もともと日本人はみな、浴衣や着物を着て過ごしていたのです。

 

誰でも少しだけ練習すれば、ちゃんと着られるようになります。

 

帯の結び方も、初めての方でもできるよう簡単なものを紹介しますので、どうぞ読み進めてください。

 

洋服との違い、浴衣のしくみを理解していただければ、「なーんだ」と肩の力がぬけるはずです。

 

一人で着付けをして「浴衣がにあうわね」と褒められる日も、近いですよ

 

あなたも「浴衣美人」になって、周りをあっと驚かせてくださいね。

 

 

「着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門」の主な内容

 

この講座でお伝えする主な内容です。

 

・美しい浴衣姿のイメージ

 

・着物の成り立ちと特徴

 

・補正について

 

・浴衣を着てみる

 

・一番簡単な帯をしてみる

 

・帯結びのコツ

 

・下駄をはいてみます

 

・ゆかたの時の小物・持ち物

 

・清潔感のある着こなしのために

 

・お出かけ先で困らないために

 

 

では、浴衣姿のあなたを思い描きながら、じっくり読んでください。

 

そして、浴衣を手元において、少しだけ練習してみてくださいね。

 

ゆかたは夏を思いっきり満喫するのに、今やなくてはならないものでしょう。

 

デートにイベントに、旅行に、浴衣を身近に置いて夏を過ごしましょう。

 

この講座で、ゆかたを着ての楽しいお出かけを、 どうぞ実現してください。

 

 

美しい浴衣姿のイメージ

 

この夏こそは、絶対にゆかたデビューしたい!と、あなたはきっとお思いでしょう。

 

そのワクワクした気持ちをもって、読み進んでいってくださいね。

 

これまでにも、着付けを習いに行ってみたり、あるいは、ゆかたを買ったお店で着付けてもらったり、 なんらかのステップを踏み出したことがあるかもしれません。

 

誰かに着せてもらうとなると、その場所へ出向いたり予約したりと、準備に時間をとられますが、自 分で着たいと思ったときに、自分でさっと着付けられれば、どんなにお出かけが気楽になるでしょう。

 

そして自分が納得できるように着こなせれば、どんなにかいいでしょう。

 

自分で浴衣が着られれば、「自分で着つけたのよ」と自慢もできますしね。

 

少々の練習は必要になりますが、自分で着たという成功感は格別です。

 

それでは最短コースで、お出かけできるまでをお伝えします。

 

浴衣にまつわる豆知識も盛り込んでいますよ

 

まず最初は、「美しいゆかた姿のイメージ」を描いてみます。

 

ゆかたを着こなして、夏祭りや花火大会にお出かけしている、ゆかた姿の自分です。

 

浴衣姿が思い浮かばないときは、雑誌や本の中の浴衣を着た女性をみて、お顔を自分に置き換 えるようにしてイメージしてみてくださいね。

 

あなたは大好きな白地のゆかたを着ています。

 

大きな朝顔が紫や赤の大輪を咲かせている柄が、夏らしくてさわやかな浴衣です。

 

帯は朝顔の葉の色と同じ、濃い緑色を選んでみました。

 

ちょっとシックな装いになったけど、大人っぽくまとまってイイ感じ。

 

サンダル風の下駄が、素足にひんやりして気持ちいい。

 

かご巾着バッグも和のおしゃれっていう感じで、やっぱりこれにしてよかった。

 

シャワーのあと髪を思い切ってアップにしたから、襟元はすっきり。

 

いつもの自分とは違って、ちょっと色っぽい?かも。

 

周りの視線もチラチラ感じるし、とってもいい気分〜。

 

さあ、待ち合わせ場所にもうじきつくわ。

 

 

どうですか?なんとかイメージできましたか?

 

ゆかたも帯も、まだ持っていなくたって、平気です。

 

今は浴衣を着ている自分をイメージしてみてください。

 

 

できるだけ具体的にイメージしてみて、 大好きな柄を思い描いたり、色もはっきりと決めてみます。

 

頭の中だけではうまくいかないようだったら、 絵をかいてみるのもいいですね。

 

雑誌を広げて、モデルさんの姿を見ながらイメージを膨らませてみるのもいいですよ。

 

イメージを膨らませながら、知識を少しずつ足していってくださいね。

 

浴衣に関するいろいろなことが身に付いていくように、これからどんどんお話を進めていきますね。

 

 

次のページから、順を追ってお伝えします。

 

次の講座をページの最後に順にご案内していますので、このまま読み進めていってください。

 

次の講座その2はこちら⇒講座「浴衣で入門」その2・「浴衣の成り立ちと特徴」「体型の補正」

 

 

講座「浴衣で入門」その3「浴衣の着方(着付け方)とチェックポイント」

 

講座「浴衣で入門」その4・「浴衣に帯を簡単に結ぶ・帯結びのコツ」

 

◆講座「浴衣で入門」その5・下駄の選び方・歩き方・注意点」「浴衣のときの小物や持ち物」

 

講座「浴衣で入門」その6・「清涼感のある着こなし」「お出かけ先で困らないために」

 

 



スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方