捺染(なっせん)工場の玄関には「就業中面会謝絶」の札が

捺染(なっせん)工場の玄関には「就業中面会謝絶」の札が

スポンサーリンク

捺染(なっせん)工場の玄関には「就業中面会謝絶」の札が

捺染の風呂敷大判

徒歩で15分ほど離れたところに、捺染工場があります。

 

現在では休業中のようでいつも静まり返っているのですが、10年ほど前にはこの工場で染物の一般販売が行われていました。

 

何度かおじゃまして、写真のような風呂敷や、ハンカチのれんなどを購入したことがあります。

 

「捺染(なっせん)」というのは、主に型を用いた模様染めで、染料を糊(のり)にまぜて直接布地に摺(す)り付けて染色する方法をいいます。

 

「プリント」と同じ意味合いです。

 

染色方法のうち「直接捺染法」と呼ばれる方法の工程は、

 

染料や助剤をのりと練り合わせて 捺染のりを作り、プリント用の機械(捺染機)を使って、布生地にプリントします。

 

その後、水蒸気で加熱して布地に定着させます。

 

洗浄液で洗って、余分な染料を取り除き、水洗い、そして乾燥させます。

 

最後に幅を整えて製品になります。

 

このような工程を経て、写真のような染物ができあがるのです。

 

この工場は大量に製品を製造していたはずですが、私の知る10年前には、稼働する日を限っていたようです。

 

戸別配布のチラシがウチに配られていて、一般向けの即売会があることを知りました。

 

行ってみると、工場内の入り口付近に市が設けられています。

 

捺染の風呂敷大判

 

これも購入品の風呂敷、「せりさわ」の文字入りです。

 

ハンカチ、風呂敷の大きなものから小さいものまで、タオルの大小、テーブルクロス、のれん、間仕切りなど、一般家庭で使われる様々な捺染商品が所せましと並んでいました。

 

卸へ納品する商品そのままの100枚ほどの束のもの、10枚単位で売っているものが多く、3枚セットや単品はごくわずか。

 

10枚でも同じものなら一般人には多すぎます。なので3枚セットでいくらとかのものを探して買ってきました。

 

捺染工場の中などは、なかなか入れるものではありませんから、その市が開かれたときは、工場の奥の方を覗き見て商品も見たいし工場の中も気になるしで、気もそぞろに出かけた覚えがあります。

 

メーカー直売の捺染商品なので、その市では飛ぶように商品が売れていましたが、それでも商品がわんさか残っています。

 

在庫が山ほどあるようでした。

 

作っても売れなくなってきた時代なのでしょうね、売り子役をやっていた工場の社員さんが、とても寂しそうな顔をしていたのを思い出します。

 

幾分でも在庫を処分したい、そんな思いだったようです。

 

それでも、社員さんの中には、染め方の説明を熱心にされていた方もありましたので、なるほど〜っとそばで聞かせていただきました。

 

 

「面会謝絶」?ここは工場なのになぜ?

 

その時は気づきませんでしたが、先日閉まったままのその工場の前を通ったところ、こんな札が玄関い掲げてあるのに気付きました。

 

「就業中面会謝絶」

 

すでに文字が薄くなっていて、玄関を開けようとした人にしか目にはいらないような大きさの札です。

 

でもそこに書かれてある文字は強烈!です。

 

面会謝絶という言葉は、病院でしかみたことがありません。

 

もちろん誰にも会いたくないとか、通すなというときにも、重役室の扉にはってありそうな言葉ですが、会社の玄関にあるのは驚きでした。

 

それも就業中はお目通りがかなわないという・・・

 

仕事をしている間は、ぶっ続けで作業を続けないといけないのですよねきっと。

 

作業工程のところにさらっとかいたのですが、染料を混ぜるのだって、生地にプリントするのだって、蒸すのだって・・・みんな機械がやってくれそうな気がしましたが、そうではないようです。

 

目で確認するのは当たり前、手作業がいくつも重なっているようです。

 

水で洗う洗い場は、何メートルあるかわからない長ーい水槽に、水が筒の中からざあざあと流れていましたし、もしかしてそこも手作業でやっていたのかもしれません。

 

地道な一連の作業を、抜かりなく行って、いい製品を作り出すには、目を離すわけにはいかないということなのでしょう。

 

「就業中面会謝絶」にして集中して作業するほどの職人さんたちの心意気があったのですね。

 

 

捺染技術の進化

 

捺染の風呂敷大判

 

(この藍色と白抜きの唐草模様の風呂敷は、眺めるだけで楽しんでます^^)

 

手作業の製品を手にして、温かみや使い心地のよさを感じることができるのは嬉しいことです。

 

素朴さや自然な色味も素敵です。

 

しかしながら、もっと新しいデザインや配色など、好まれるものが変わってきているのも時代の流れなのでしょうね。

 

詳しいことはわかりませんが、大規模なインクジェットの機械を導入して、人手が少なくても現代感覚のデザインのものを大量に作れるようになっているようです。

 

今までのやり方では時代の求めるものにこたえきれない・・・ようなのです。

 

機械に任せるようになれば、染色の職人や技術者は必要なくなりますし、「面会いつでもOK」という札を掲げても大丈夫になる?かもしれないですね。

 

 

着物の染色の関係も、着物を着る人が減少したために、染物屋さんが激減しています。

 

私の住む地域でも、この20〜30年の間に、見渡せばいくつかあった染物屋さんが、一件になってしまっています(徒歩15分圏内)。

 

しかたのないこととは思いますが、伝統的な染色の技術がなくなってしまわないようにと、心の奥で願うばかりです。




スポンサーリンク




関連ページ

2017新成人おめでとうございます・女優芸能人とも見まがう美女たち
熱田神宮へ初詣・吉・本年も宜しくお願い致します
座布団型お手玉をプレゼント・そろいの巾着に入れて孫子と遊ぶ
着物日和デー・名古屋市西区円頓寺商店街
生糸ひき体験・蚕の一生を知り大切に着物を着る
紅葉情報2016年・北海道は9月初旬遅いところは12月上旬までなのですね
郡上八幡の郡上踊り・浴衣着付けとレンタルできるところは?踊り好きが着ている浴衣
レースの羽織り(裏地あり)の時期と季節について
伊勢型紙からできたイオンのオリジナル浴衣2016がステキ!
皇居の花見「皇居乾通り一般公開」2016年3月下旬
ウール製品のお手入れ収納・虫食い防止方法
女優高島礼子さんの美しすぎる秘密
朝ドラ「あさが来た」にみる帯締めの歴史
山本陽子さんの輝き続ける秘訣・着物で稟と美しくイキイキと
お手玉遊びで集中力アップと認知症予防
五代ロスでがっかり・その後のびっくりぽんな展開って?
着物アレンジの浅田真央選手の衣装にうっとり
熱田神宮の七五三(2015年10月の祝日)和服姿の子供たち
七五三のお母様N様のお着物姿(付け下げ訪問着と二重太鼓)
浴衣に合わせるならかごバック?巾着?他には何がいい
米沢織りは世界に羽ばたく
大河ドラマ「花燃ゆ」の特別展示品
入園式に色無地が着られるようになるためのOさんのお稽古
鹿児島県奄美市では大島紬の振袖で成人式に出席、モダンな存在感
成人式の前撮りのお嬢さんたち(着付け師のひとり言)
リーディングが大切ということで手始めはこれから
着物の魅力を教室で外国の方に伝えるために
新たに追加した内容、温泉浴衣の着方、京都で磨くゆかた美人「帯結びのアレンジ」など
息子も花火大会に浴衣を着たいと言い出しました
「TOMIOKA!」富岡絹の糸が世界遺産に、万歳!
浴衣で打ち水・ひんやり感がじんわりと
プチ兵児帯のアレンジ・子供浴衣着せ方などをのせました
今年2014年はレトロ柄の浴衣が人気だそうです
浴衣のレンタル事情、浴衣のときの下着はどうしたらいいか?をまとめました
振袖の着付けの特訓をしていました
浴衣の洗い方をまとめました
着物のとき必要なものや準備するものをまとめました(お太鼓結びの場合です)
「浴衣で入門 ゆかたでお出かけできるまで」の電子本ができました
きものや浴衣の帯が緩んで困ったときの対処法を詳しくかきました
2014年の浴衣古典的な浴衣が主流になるのかな?
男性の浴衣着付け方法と帯結びをまとめました
浴衣のたたみ方・浴衣の襟合わせの仕方
浴衣の着方と簡単だけど見栄えのいい浴衣帯の結び方を写真で解説しました(女性用)
今までに受けた質問にこうお応えしました
「洗える着物・洗える帯」どれも洗濯機任せで大丈夫?
アンティークの深い緑色の帯のあき子さん
よく聞かれる質問をまとめました
いよいよ作り帯の作り方にはいりました
着物リメイクで和小物を
「付け替え袖(うそつき袖)の作り方と取り付け方」などをまとめました
リメイク・繰り回しや着物生地の再利用をまとめています
「着物のある暮らしを支える優れもの」をまとめました
「着物を着るときの小物を手作りする」をまとめました
「着物を長く愛用するために」自分でもできるお直しや工夫をまとめました
譲ってもらった着物の着こなしについてまとめました
袋帯の帯結びを四種まとめました
着物に合わせる小物についてまとめました
半衿と伊達衿の取り付け方についてまとめました
着物の喪服の時の装いについて追加しました
兵児帯の結び方や補正用品の作り方などを追加
朝ドラ「ごちそうさん」半衿も見所だわ
着物生地リメイク(繰り回し)でバラのリース
新しい着物生活ブログを始めます。





  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方