福祉着物(きものを一部改良してどなたにも着ていただける着物に)

福祉着物(きものを一部改良してどなたにも着ていただける着物に)

スポンサーリンク

福祉着物(きものを一部改良してどなたにも着ていただける着物に)

福祉着物

これは福祉着物として、どなたにでも着ていただける着物です

 

見た目は普通に着物を着ているのと全く変わりませんよね。

 

これは実は、身体への負担を減らすため、二部式にしてあります。

 

誰がみてもわからないように着物を改良しているのですが、こうすると着付けが早いだけでなく着心地が楽なのです。

 

 

スポンサーリンク


 

福祉着物

 

同じ着物を娘にも着てもらいました。

 

どうでしょう、やはり普通に着ているのとかわりない状態ですよね。

 

 

二部式でありながら普通に着物を着ているのと全く変わらない着姿になれる着物として、工夫しようと思ったきっかけは、何年も前にさかのぼります。

 

体がどんなに不自由になっても、高齢になって車いすに乗ることになっても、わずかの援助で着物を着られるようでありたいと考えたからです。

 

着物を着るということは、冠婚葬祭のためもありますが、おしゃれのひとつで、洋服のおしゃれをするのと何ら変わりがありません。

 

それなのに着物は、ただでさえ着るのは難しいと感じてしまうのですから、体が動かしにく方にとっては、着物を着るなんてできないかもしれないなと思っていました。

 

でも、制約はあるにしても、少し援助していただける人があれば、着物が着られるといいなぁと考えていました。

 

それは私が接した身体の不自由のある方たちが、いつも自分の気持ちや願いを控えながら過ごしていたのを、残念に思っていた経験があるからです。

 

私はかつて20年以上にわたって、福祉の仕事をさせていただきました。

 

その間に身体に不自由のある方とも、たくさんお目にかかる機会がありました。

 

 

ご不自由な方は、誰かの援助がないことには何もできないという、他人に迷惑がかかるという遠慮を持たれるのはしかなたのないことでしょう。

 

でもご希望や願いを全部諦めているように感じたのです。

 

誰にでも小さな願いがありますが、遠慮が優先していろんなことをあきらめてしまっているように感じたのです。

 

福祉着物

先ほどの着物の帯をとったところの写真です⇒⇒⇒

 

例えば着物のおしゃれがしたいと思っても、誰だって一人ではできません。

 

丈の長い着物をきちんと着付けるとなると、何度も練習が必要になります。

 

でも、それをなんとか体の不自由な方にも、着物を着てもらえるようにならないものかと、着付けの師範の資格をとったころから考えていました。

 

色々と考え工夫をしていくうち、丈が途中で分かれれば、着せる人にとって負担がすごく減るのではないか・・・

 

見た目がきちんとした着物を着た姿になれれば、着せ方に少々の違いがあってもいいのではないか・・・

 

そういう発想から「お気軽着物」を考案しました

 

 

どんな体型の方でもどんな状態の方でも

福祉着物

当初は一般の人が、「着物の着付けが面倒」と感じている人の多さに気づき、それがきっかけで考えはじめたのですが、体の不自由な人も、少ない援助で着られるようにならないかと、いつもそのことが念頭にありました。

 

試行錯誤しながら改良を重ねていきましたが、出来上がった「お気軽着物」への加工法は、体が不自由な方が着物を着るのにもうってつけの方法になりました。

 

歩行が困難な方、座ったままの姿勢が長い方にとっても、この着物なら少ない援助で着替えができます。

 

手や腕、体の一部が自由に動かせる方であれば、一人で着ることもできるかもしれません。(不自由な度合いは人様々ですので一概に申し上げられませんが)。

 

着替えを手伝っていただいている方であれば、その援助(介助)の方に手助けをしていただく必要はありますが、その人が着物の着付けの方法を知らなくても、「お気軽着物」にすれば着物姿になることができます。

 

それくらい、着付けの仕方をしらなくても着せられるような状態に、着物を改良することができます。

 

 

改良の方法もごく簡単なものになっています

 

例えば、車いすに常時座っている方であれば、下半身に巻き付けるスカート状にした下半分の着物をつけて、車いすに座っていただいたあと、上着を羽織っていただきます。

 

上着の紐を結んでいただければ着物が着終わります。

 

この後に帯をいたします。

 

身体に負担のかからないよう、帯も長いままでなく一部切り離して装着できるようにしています。

 

帯は通常、引き締めて結んでいきますが、この手順を省略できるものになっています。

 

身体への負担は極力減らし、つけていて楽な帯にしています。

 

身体への負担を減らすために、「お気軽着物」へ改良をするわけですが、これは一般の人にとっても体への負担を減らし着付け時間を短縮できるものになっているので、どなたでも行っていただける方法です。

 

一般の方からの要望が多かったため、おはしょりの長さなども検討して細かくテキストに書かせていただいていますが、車いすで過ごされている方なら、あまり細かい採寸は必要ないでしょう。(おはしょりの部分が隠れる場合がありますので)

 

そういうと失礼に聞こえるかもしれませんが、もし座った状態で人に接する方であれば、立った状態より座った状態できれいに見える姿がよいですからね。

 

 

身体の不自由な方でも、着物で過ごしたい、着物でどこかに参加したい、というご希望があれば、「お気軽着物」への改良をぜひ行ってみてください。

 

布の状態から作るのではありません。

 

着物に改良を加えます。

 

改良方法は、着物の一部を切り離す方法ですので、元の形にはもどらなくなりますが、着ている姿は普通の着物姿と全くかわりません。

 

 

作務衣のような着物ではありません、ちゃんとした着物姿です

福祉着物

ですからいわゆる世に出回っている「二部式着物」とは違います。

 

よく見かける二部式着物は、作務衣のように上着を両脇で小さい紐で結んで留め、帯はしませんね。

 

これで着物を着ていると言う人もありますが、帯がないのでやはり着物姿ではありません。

 

考案しました「お気軽着物」へ改良すれば、帯をつける方法になるので、着物としてちゃんとお召になることができます。

 

今まで着物をお召になるのをあきらめていた方でも、これなら日常に着物を着ていただけるようになります。

 

ご家族の方かどなたかに、お手伝いいただければ、着物姿になることは全く難しくありません。

 

これまでにこの改良をご利用になった方は、自分で着付けるのが面倒とか着付けがむつかしいと感じていた方がほとんどですが、身体のご不自由な方にも、全く同じように着ていただける改良方法です。

 

ご高齢の方も、身体の不自由な方も、着物を着てみたいという方に、気軽に着物に接していただけるようになるでしょう。

 

 

「着物を気軽に着たい」女性の願いが形になりました

 

改良の方法は電子本にまとめてあり、動画も用意しています。

 

一般の方がこの改良した着物を着ていても、どこから見ても普通に着物を着ているのと変わらない姿になれるもので、その改良法を詳しくまとめてあります。

 

ご本人にとって脱ぎ着がしやすく、援助する方にとっても気軽に着せる手助けができるものになっています。

 

テキストには、着物を格安で手にいれることから説明していますので、その点が余分になるかもしれません。

 

着物が気軽に着られるようになるために考えてあるものなので、呉服屋さんで誂える高級着物のことは念頭においていません。

 

今お持ちの着物や、お安く購入できる着物で、着物を頻繁に着て楽しんでいただくのを目的として作成したテキストです。

 

「着物を気軽に着たい」という多くの女性の願いを、形にしたものになっております

 

 

どんな身体の状態の方にも、身体への負担を最小限に減らした「福祉着物」としてこの改良をご活用いただきたいと願っております。

 

さらに詳しいご説明はこちらもご覧ください。
↓↓↓
格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

 

 

福祉着物

このようにすぐにハンガーにかけておくことができます。

 

私のプロフィールはこちらをご覧ください。

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方