大きめの着物の着こなし方・工夫の仕方はここ!

大きめの着物の着こなし方・工夫の仕方はここ!

スポンサーリンク

大きめの着物の着こなし方・工夫の仕方はここ!

ちょっと大きい着物の工夫

譲ってもらった着物のサイズが、ちょっと大きいときは、よほど大きいと感じなければそのままお召になるとよいと思います。

 

着付けするときに解決できることもありますので、大きい着物ときはこんな風に工夫をしてみてくださいね。

 

袖が長いとき(袖幅が長いとき)

 

たとえば、袖の長さですが、腕を自然に降ろしたとき、手首の小指側にある骨の突起(手首のぐりぐりとか手のくるぶしとかともいいますが)がすっぽり隠れるくらいまでならそのままで大丈夫です。

 

手のひらにかかるほどの袖の長さだと長すぎますので、着用していても袖がうるさくなってしまいます。

 

そのような場合は、袖の長さを短くお直しするのを検討しましょう。

スポンサーリンク


 

身丈が長いとき(着物の上から下までの長さが長いとき)

 

また着物が大きいというとき、丈が長いのが気になるということもありますね。

 

丈が長いときは、とにかくおはしょりとしてたくし上げ、伊達締めを締めるときにしまい込むようにします。

 

こうすればまず間違いなく着用できるはずです。

 

そのとき腰ひも(第一紐ともいう)の位置を、できるだけ高いところで締めるようにしてください。

 

そうするとおはしょりになる分が少し減ります。

 

でもあまり高い位置で胸が苦しくなるような位置までは上げないでくださいね。

 

たくし上げる分が多いので、ウエストの補正をいつもよりは少なくするといいですね。

 

 

身幅が広いとき

 

そして着物が大きいというとき、もうひとつ着になるのは、身幅が広いということでしょう。

 

身幅というのは、腰に巻き付けるときの幅です。

 

よほど身幅が広い場合は別ですが、ほっそりした人がやや太った人のものまで着られるのが着物です。

 

できあがりの上前の位置は変えずに、着付けのとき下前を余分があるだけ内側に入れ込みます。

 

入れ込むといっても下前を背中の方に向かって巻き込んでしまうのでなく、裏側を見せて右方向に折り返すようにするとよいです。

 

こうすれば足先に向かってすぼみすぎたりせず、歩きやすいですよ。

 

ただし、あまり折り返しが大きいと、歩いた時下前の裏地がしっかり見えてしまうこともあるので、そこは気をつけてください。

 

帯より上の着物も身幅が広いとだぶつくことがありますから、そのときは胸の肩よりのところでタックをとってみてください。

 

これで身幅がちょっと広いという着物も、着用できるようになると思います。

 

 

ちょっと大きいだけの着物は、着付けの工夫でたいていは着られるようになりますので、お試しください。

 

以上のように着付けの工夫をしても、大きさが気になる、袖丈、身丈、身幅をどうしても小さくしたいということであれば、お直しを検討することになります。

 

お直しについては、和裁の専門の方や呉服屋さん、悉皆やさんなど仕立てをされているところにお願いしてください。

 

 

では、譲っていただいた着物がちょっと小さいというとき、そんなときも少々のことなら工夫次第で着られるようになります。

 

そんな着付けの工夫はこちらです⇒小さめの着物の着こなし方

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方