男性の半襟の取り付け方・誰でもできる写真詳細付き

男性着物・半襟の取り付け方・誰でもできる写真詳細付き

男性着物・半襟(半衿)の取り付け方・誰でもできる写真詳細付き

男性の半襟のつけ方・完成、ボディに着付け

男性の長じゅばんに半襟(半衿)をつける方法を紹介します。

 

※写真は女性用ボディに着つけています、ご了承ください。

 

男性の長じゅばんの衿は、首にぴったりと密着させる着方です。

 

ですから女性の半衿付けよりも簡単にできます

 

和裁の縫い方では針目が表にでないようつけるのですが、↓↓

 

男性の半襟のつけ方・和裁の針目の出ない縫い方でつけた様子

 

慣れないとつけるのに時間がかります。

 

そこで、ここではもっと簡単に取り付けができる方法を紹介します

 

スポンサーリンク


 

男性半襟の取り付け方

 

<用意するもの>

 

  • 長じゅばん
  • 半衿
  • 縫い針
  • 縫い糸
  • 糸切りばさみ
  • まち針
  • アイロン

 

糸は半衿の布の色に合わせるのがよいです。
ここでは分かりやすいよう「白い糸」で縫っています。

 

 

半襟の下準備をします

 

男性の長じゅばんに半衿をつける・端を折り縫い留める

 

半衿はほつれを防ぐため、両短辺の端を1センチ裏に折って、粗く縫いとめます。

 

 

男性の長じゅばんに半衿をつけるつけ方・長い一辺を1センチ折る

 

そのあと、長い辺の一辺を1センチの幅で折り、アイロンをあてます。

 

そして中央に角がわかるようアイロンで小さく印をつけます。

 

ここまでが下準備です。

 

 

半襟を長じゅばんの外側から取り付けます

 

男性の長じゅばんに半衿をつけるつけ方・衿を手前にし半衿を中心からとめる

 

長じゅばんの背中側(外側)から取り付けます。

 

長じゅばんの衿を手前にして、半衿の折った方の中心を、背中心にあわせマチ針をうちます。

 

その左右9〜10センチのところにも、マチ針をうちます。

 

この位置が「衿肩あき」とよんでいる位置です。

 

 

右方向に待ち針でとめます

 

男性の長じゅばんに半衿をつけるつけ方、右方向に待ち針を

 

右方向に、まち針を2本とめます。

 

左方向も同じようにします。

 

(小さい紙は背中心と書いてあります)

 

 

右端から縫っていきます

 

男性の長じゅばんに半衿をつけるつけ方、右端から縫っていきます

 

半衿の右端を衿にしっかり取り付けます。(二度縫いする)

 

粗い糸目で、右端から左方向にむかって縫い付けます。

 

衿つけのところから1〜2ミリのところを縫います。

 

左の端までいったら、最後は二度縫いして終わります。

 

 

内側の作業にすすみます

 

男性の長じゅばんに半衿をつけるつけ方、衿を向こうにし裏を向け衿幅に合わせます

 

外側を縫い付けたので、今度は衿を向こう側にして長じゅばんの裏を向けます。

 

半衿を衿に沿わせて、手前に倒します

 

衿より出る分の半衿を内側に折り曲げて、中央のマチ針をうちます。

 

 

中央から左右二か所にもまち針を

 

男性の半襟のつけ方・内側に半衿をおって待ち針を

 

中央から左右9〜10センチのところにも待ち針をうちます。

 

ここは「衿肩あき」といいます。

 

右方向にまち針をうちます

 

男性の半襟のつけ方・右方向にまち針をうつ

 

右方向に、2〜3本マチ針をうちます。

 

左方向にも同じようにします。

 

半衿の落ちつきが悪いときは、アイロンをあててください

 

端から縫い留める

 

男性の半襟のつけ方・表側と同じように端から縫い留める

 

外側と同じように、端をしっかり二度縫いします。

 

衿と半衿を端から2ミリほどのところで縫いあわせていきます。

 

針目は外側と同じくらいの縫い目でOKです。

 

縫いやすい方向から進めてください。

 

最後の端を二度縫いして、おしまいです。

 

 

男性の半襟つけ・完成

 

男性の半襟のつけ方・完成、ボディに着付け

 

男性の半衿の取り付けができました。

 

※写真は女性用のボディに着せてあります、ご了承ください

 

男性への着付けの際は、首の後ろに長じゅばんの衿をぴったり沿わせてください。

 

 

男性着物・半襟(半衿)の取り付け方・誰でもできる写真詳細付き・まとめ

 

男性の長じゅばんに取り付ける半襟(半衿)の取り付けについて説明しました。

 

男性の半衿の取り付けは、外側も内側も同じ針目で縫い留めていけばよいです。

 

半衿がだぶつかないよう、長じゅばんの衿にぴったり沿わせるようにしてください。

 

 

<半衿つけ関連ページ>

 

女性の半襟の取り付けについてはこちらです。

 

「女性の半襟のつけ方(バチ衿)・誰でもできる写真詳細付き」

 

「女性の半襟のつけ方(広衿)・誰でもできる写真詳細付き」




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方