女性の半襟のつけ方(バチ衿)・誰でもできる写真詳細付きです

女性の半襟のつけ方(バチ衿)・誰でもできる写真詳細付きです

スポンサーリンク

女性の半襟のつけ方(バチ衿)・誰でもできる写真詳細付きです

半衿の取付方法

女性の長じゅばんには「バチ衿」と「広衿」がありますが、最近の主流は「バチ衿」です。

 

「ばち衿」というのは、衿の先に向かって少し幅が広くなっていく衿で、礼装用の長じゅばんにもばち衿が好まれるようになっています。

 

ここでは長じゅばんの「ばち衿」につける半衿のつけ方の紹介です。

 

半衿の大きさは、長さが1メートルから1メートル10センチくらいで、幅が16センチ前後です

 

市販のものが使いやすですが、布の端切れで用意してもよいです。

 

それでは始めましょう。

 

スポンサーリンク


 

女性半襟のつけ方(バチ襟)

 

<用意するもの>

 

半衿、長じゅばん、縫い糸、針、糸切りはさみ、アイロン

 

半衿のつけ方・端を折り縫う

 

半衿の短い方の両端を1センチ折り曲げて、縫いとめます。端の始末のためなので粗くでかまいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・長さのある方に折り目をつける

 

長さのある一辺を1から1.5センチ折り曲げて、アイロンでしっかり折り目をつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・中央にも折り目をつける

 

中央にもアイロンで折り目をつけておきます(目印として)。

 

ここまでが下準備です。

 

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・衿の中心から待ち針でとめる

 

長じゅばんの表側を出して、衿を手前に向けます。

 

長じゅばんの衿の中央に、半衿のさきほどつけた中央の折り目を重ね、待ち針で留めます。(写真の長じゅばんには衣紋抜きが取り付けてあります。)

 

次に、中央から左右9から10センチ離れた位置に、待ち針を留めます。この位置が「衿肩あき」と呼ばれる位置です。

 

 

 

半衿のつけ方・右方向に2箇所待ち針でとめる

 

その後、右方向に2か所待ち針で留めます。

 

今留めた待ち針から衿の先に向かって、一本、そして半衿の先に一本留めるようにします。

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・左方向に2箇所待ち針でとめる

 

同じようにして、左方向にも2か所待ち針で留めます。

 

これで半衿が長じゅばんの表側に取り付けできました。

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・右の端から縫い始めます。

 

半衿の一番右から、縫い付けていきます。

 

最初は2度糸をかけて、しっかりとさせます。

 

そしてその後は、表側にでる針目ができるだけ少なくなるように、長じゅばんの衿と半衿の端を縫いとめていきます。

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・半衿に1〜2ミリ見えるくらいで縫いとめる

 

半衿の端に1〜2ミリ糸が出るくらいの針目で、縫いとめていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・衣紋抜きのついているあたりも同じように

 

衣紋抜きのついているあたりも同じように縫い進めていきます。

 

左の端までいったら、最後は縫い始めと同じように、2度縫いしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・裏に返して半衿を手前にします

 

表側を縫い付けたら、長じゅばんを裏側にし、半衿を手前に向けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・半衿を衿にぴったりつけ余分を折り返し待ち針を

 

半衿の中央を衿にぴったりとつけて、余分の半衿は裏側に折り返します。

 

そして中央に一本、その左右9〜10センチのところに待ち針を一本ずつ留めます。(ここが「衿肩あき」と呼ばれるところです)

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・一度衿肩あきの待ち針をはずして5ミリ半衿をそとにずらしてもう一度待ち針を

 

衿肩あきにとめた待ち針をいったんはずして、半衿を衿先方向に5ミリずらして、もういちど待ち針を留めます

 

左右の衿肩あきともにおこなってください。

 

こうすると半衿が少し突っ張ったようになります。

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・右方向に待ち針を3留めます

 

右方向に衿肩あきから3本、待ち針で留めていきます。

 

半衿をやや突っ張りぎみにして、余分な衿は内側に折りこみながら行います。

 

左方向にも同じように、衿肩あきから3本、待ち針で留めていきます。

 

最後端のところは半衿は少し斜めになっています。

 

 

 

 

半衿のつけ方・右端から縫い始めますが芯の長さで縫い始めをきめます

 

基本的には半衿の右の端から縫い始めます。

 

ですが、半衿の端から端まで縫いとめると芯がいれにくくなることもあるので、入れる芯の長さより少し長い程度までで内側の半衿を縫い留める方がよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

この場合、芯が85センチで半衿が100センチだったので、5センチあけて縫い始めました

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・表側と同じように縫い進めます

 

表側を取り付けたと同じように縫い進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・中心から10センチはこまかく

 

中央から左右9〜10のところに留めてある待ち針のところ、衿肩あきのところの間は、細かく縫ってください

 

その後また元の間隔で縫い進めて、最後は2度縫いしてしっかり留めておきます。

 

これで完了です。

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・衿芯を内側に通します

 

衿芯を内側に通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半衿のつけ方・バチ衿の半衿取り付け完了

 

長じゅばんにバチ衿の半衿の取り付けが完了し、衿芯を通しました。

 

針目については、内側の衿肩あきのところだけは、細かくきちんと縫い付けるようにしてください。

 

他のところはやや粗くても大丈夫です。

 

 

表から見えないところは、神経質にならずに縫い進めてくださいね。

 

きらこ よしえ




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方