角出しA(名古屋帯で結ぶ)の結び方を詳しく解説しました

角出しA(名古屋帯で結ぶ)の結び方を詳しく解説しました

スポンサーリンク

角出しA(名古屋帯で結ぶ)の結び方を詳しく解説しました

角出しA

名古屋帯で結ぶ角出しの説明です。

 

「角出し」の結び方は、見た目は同じでもやり方は何種類か考案されています。

 

そのためここでお伝えするのは名称を「角出しA」とします

 

名古屋帯で作る角出し結びは、粋な雰囲気や気軽な雰囲気を出せる帯結びです。

 

そのためお太鼓結びよりややくだけた感じになりますので、紬着物や木綿着物などに特によく合います。

 

ここで説明する「角出しA」は、上は平らでシャープな感じ、下のほうはふっくらした形になるようにします。

 

では詳しく手順を説明しますね。

 

スポンサーリンク


 

角出しA(名古屋帯)の結び方

 

「角出し用の帯枕」を作る

 

角出し用の帯枕を作成

 

あらかじめ「角出し用の帯枕」を作っておきます。

 

作り方は簡単、腰紐の中央にハンドタオルを巻きつけておくだけです。

 

タオルがあると紐が背中に密着しやすく、角出しの山がきれいにできあがります。

 

 

 

角出し用の帯枕に帯揚げをかけます

 

この帯枕に「帯揚げ」をかけます。

 

「帯揚げ」の幅が広いときは、写真のように半分の幅になるようにしてから巻きつけます。

 

「帯揚げ」が動かないように、中央を薄いゴムで留めておいてもよいです。

 

 

 

 

「角出しA」名古屋帯の結び方

 

角出し・胴に二巻きします

 

名古屋帯の手先を60センチほどとって、胴にきっちりと二巻きし、手先は下にしてひと結びします。

 

手先は胴の前に回して、クリップで留めておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角出し・帯だまりの上に枕をおく

 

「帯だまりを40センチほどとって、帯揚げをかけた枕をおきます。

 

枕の紐を前に回して、胸のところでしっかり結び、結び目は帯の内側にしまいます。

 

帯揚げは後で整えるので、軽く結んでおきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角出し・手先を帯だまりに差し込む

 

手先のクリップをはずして、後ろにまわし、帯だまりに差込ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角出し・手先を左右均等にだす

 

手先は左右均等に、3〜4センチほどだします。

 

たれを下ろします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角出し・帯締めをたれに掛け結ぶ

 

帯締めをたれの下から10〜15センチのところにあてて、胴帯の中央あたりを通るようにして前に回し、前中央でしっかりと締めます。

 

角出しの形を整えて完成です。

 

上は平らでシャープな感じに、下のほうはふっくらした形になるとよいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

「角出しA」に向いている名古屋帯は

 

角出し・完成

 

「角出しA」に向いているのは、全通柄の名古屋帯や無地、縦縞の帯が適しています。

 

普段着から街着まで(小紋・紬・ウール・木綿などの着物に)、カジュアルな雰囲気と、粋の感じられる結び方です。

 

張りのあるややかための名古屋帯で結ぶと、形がきれいにできあがると思います。

 

 

丸みを帯びた「角出しB」の結び方はこちらです。

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方