雨天の履物

雨天の履物

スポンサーリンク

雨天の履物

爪皮のついた雨用下駄

雨のときの履物は、下駄に「爪皮(つまかわ)」をつけて履くのが一般的でした。

 

「爪皮」は「爪掛け」とか「下駄カバー」という名称でも呼ばれています。

 

「爪皮」は、下駄の前方を覆って雨をよけるカバーで、ついているゴムを下駄の後ろの歯にかけて使用します

 

使わないときはゴムを前の歯にかけて、伸びないようにしておきます。

 

現代では着物のとき草履をはくのが一般的になってきたため、草履に取り付ける「草履カバー」が用いられたり、草履そのものに透明のカバーがついているものを利用する人が多いです。

 

では「爪皮のついた下駄」をもう少し詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク


 

 

爪皮のついた下駄

 

爪皮のついた雨用下駄

 

「爪皮(つまかわ)」は無地から柄ものまで種類は豊富にあります。

 

下駄の前を覆う形になっていて、雨をはじくつるりとした素材です。

 

ゴムがついていて、これを下駄の後の歯にひっかけて使用します。

 

はき終わったらタオルでふいて乾燥させ、下駄から爪皮をはずしておくか、手前の歯にかけてゴムが伸びすぎないようにして収納します。

 

下駄の歯には、滑り止めになるようゴム底がついているものが歩きやすいです。

 

爪皮はカラフルなものが多くでているので、雨コートに合わせるなど楽しんでつかってください。

 

 

雨用草履と草履カバー

 

雨用草履

 

雨用の草履は透明なビニールのカバーがついた草履で、もっぱら草履派の人はこの雨用草履を使っています。

 

透明カバーの部分が曇らないものが、履いていて気分がよいと思います。

 

雨用草履ではありますが、風よけになるので、防寒用として冬に利用することもできます。

 

冬に着物で外出すると、爪先の寒さが気になりますが、この草履ならずいぶん足先が楽です。

 

草履の本体にクッション性があり撥水性のある素材のものが多いです。

 

また草履の底(裏側)は滑りにくい加工がしてあったり、凹凸が大きくきざんであるなどしてあります。

 

透明カバーなので雨がやんでしまっても、はいていてあまり恥ずかしい思いをしなくてすみます。

 

 

「草履カバー」はビニール製で、爪先からぞうり全体を覆うタイプのもので、急な雨のとき、出かけるとき小雨で後にやむ予報のときなどに利用します。

 

草履カバーは小さく折りたためるので、旅行や外出用に、雨に備えて持ち歩くこともできます。

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

雨天用のコート
雨傘

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方