リボン返し(兵児帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

リボン返し(兵児帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

スポンサーリンク

リボン返し(兵児帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

リボン返し(兵児帯)の結び方とアレンジ解説

女性の兵児帯の帯結び「リボン返し」です。

 

リボン(ちょうちょ)結びをしてから、手とたれの残りを、結びめにかけただけの簡単な結びですが、かわいらしくふわっとした印象になります。

 

基本的には10代半ばから20代の方に向きますが、帯の色を変えてシックなものにすれば、年齢に関係なく結べます。

 

若い方はボリュームを出して華やかに、落ち着いた雰囲気にするには、少々小ぶりにした方がよいでしょう。

 

浴衣に、普段用の木綿、ウール、洗えるきものに、兵児帯のおしゃれをお楽しみください。

スポンサーリンク


 

 

リボン返し(兵児帯)の結び方とアレンジ

リボン返し・胴に二巻き手とたれを同じ長さに

 

リボン返し(兵児帯)・胴に二巻き手とたれを同じ長さに

 

まず胴に二巻きして、手とたれの長さを同じくらいにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リボン返し・手先を上にひと結び

 

手先を上にしてひと結びします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リボン返し・たれの元に羽根をとり手先を通す

 

たれの元に小さく羽根をとって、手先をおろして左右の羽根が同じ大きさになるように結びます。ちょうちょ結びをするということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リボン返し・羽根をひらきリボンの形を整える

 

羽根になったところを軽くひらいて形を整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リボン返し・長い方から結び目を通します

 

手とたれのどちらか長い方を、結び目の後ろ側から前に通し、短い方も同じようにします。

 

リボン(ちょうちょ)結びの上に、手とたれの先がのって、全体にボリュームのある結びになりました。

 

形を整えて完成です。

 

歩くたびに、手とたれの先がふわっふわっと動き、軽快後姿になります。若い方に向きます。

 

 

 

 

 

 

リボン返し・小ぶりにアレンジ

 

こちらは手先とたれ先の見える分量を減らして、やや小ぶりに見えるようにしたアレンジです。

 

年齢が上の方は、小ぶりに作って、躍動感のある結びにすると、さらっとした印象になると思います。

 

 

兵児帯は今後もっとおしゃれなものが出てくると思いますので、外出用にしてもいいようなコーディネートができるようになるのではと予想しています。

 

気軽に結べる帯結びとして、兵児帯をもっと利用してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方