着物を長く愛用するために

着物を長く愛用するために

スポンサーリンク

着物を長く愛用するために

着物を長く愛用するために記事一覧

上質(高級)な着物にサビ・カビ・シミ・変色を発生させない方法

お値段が高かった上質(高級)な着物は、永く愛用するために大切に保管されていることと思います。保管状態がよければ、サビやシミ、カビの発生もなく、生地の変色もなく保管できるはずなのですが、うっかりして何らかのトラブルが起きてしまうことがあります。トラブルの原因は「うっかり」のことなので、何がいけないのか...

≫続きを読む

 

かんぬき止めのやり方と詳細解説です

かんぬき止め例、これはウールのひとえの着物の左袖の袖付二か所と身八つ口止まりのかんぬき止めのしてあるところです。着物を着ていると洋服のようには動きにくいは思いますが、適度な自然な動きはどうしてもしなければなりません。お出かけのちょっとの時間だけならよいのですが、もう少し頻繁に日常的にも着物を着ようと...

≫続きを読む

 

ガロンテープ(ガロンレース)とは・取り付け方を写真つくで詳しく解説・代用品でも

ガロンテープ(ガロンレース)は、着物の傷みやすいところにあらかじめつけておいて、傷みを予防する布のテープです。主に紬やお召しの着物の傷みやすいところ、裾や袖口に取り付けます。着物の生地をかばうためのものとしては、裏地があります。すでに裾にも袖口にも「ふき」という少し裏地を出して仕立ててありますね。で...

≫続きを読む

 

共衿(掛け衿)とは・付け替え方法を詳しく解説しました

共衿というのは、着物の地の衿にかけてある衿なので「掛け衿」ともいいます。着付けのときこの共衿の左右をそろえるなどして意識することがあると思います。共衿は着物を反物から仕立てるときにできる布で、着物の衿に掛けて仕上げることで着物が完成します。この共衿がある位置は、着物のなかでも汚れが付きやすいところで...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方