な行

な行

スポンサーリンク

男性のきもの(長着)

男性の着るきものは、女性用とはちがう特徴があります。大きく違う点はおはしょりがないことと、脇の開きとたもとの開きがないことです。おはしょりがないため、着付けは女性と比べ、とても簡単です。袖に開きがないので、袖口からこものを入れておくことができ、ポケットのような役目をします。男性の着付けは、長じゅばん...

≫続きを読む

 

根付(ねつけ)

帯揚げやお太鼓枕のひもにかけるなどして、胸元にぶらぶら下げる、愛嬌のある飾りもの。身体の動きにつれて揺れ動く、前帯の飾り。和風のものに限らずあらゆる「もの」が題材にされています。現代では着物の雰囲気に合わせて、なんでも好みで合わせる楽しみがあります。もとは男性が着物を着るときに、小物入れや煙草入れ、...

≫続きを読む

 

名古屋帯

きもの姿で一番よく見られるのは、一重太鼓です。通常お太鼓結びと言われますが、この結びをするのに、一番適した帯が名古屋帯です。名古屋帯は、名古屋の女学校の先生が考案したため、「名古屋帯」と名称され、広く全国に広まることになりました。名古屋帯は身体に巻く部分は、帯幅を半分にしてあって、胴に巻き付けやすく...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方