染めの着物と織りの着物・きものの基本

染めの着物と織りの着物・きものの基本

スポンサーリンク

染めの着物と織りの着物・きものの基本記事一覧

伊達締めはなぜするの?着物を着るのに必要な伊達締めは何本?

着物を着るとき、「伊達締め(=だて巻き)」を利用しますが、なぜするのか?と質問されることがあります。普通着付けのときは伊達締めを二本用意してもらいますが、着方によっては一本でも済ませられます。じゃあ最初から一本でいいんじゃない?ともいえますが、着物に慣れないうちは伊達締め二本での着方が美しい仕上がり...

≫続きを読む

 

着物の各部の名称と読み方(解説付き)

着物の着方を習うと、きものならではの名称(名前)が出てきて、分かりにくいと感じてしまいます。そこで着付けを覚えるときに「この場所は何と呼ぶのか」を知っていると、とても習得しやすいです。着物(和服)の専門用語もありますが、洋服と一緒というところもありますから、表に照らし合わせて、またご自分の着物も広げ...

≫続きを読む

 

織りの着物(織物)

(織りの着物の一例)織りの着物は、反物を織る前の糸の段階で、糸に色を染めてから織ることで模様を表現する着物です。糸に色を染める方法には、染料に糸の束をつけて染める方法と、染めたくないところを別の糸でしばってから染料につけて染める方法があります。染めたくないところをしばることで、白い部分ができた糸は、...

≫続きを読む

 

染めの着物(染物)

(染めの着物の一例)染めの着物は、白い反物に手書きで模様を描いていくものと、型をあてて色をおき模様を染めていくものとに分かれます。型をあてていろをおき模様を染めていくものは、その型の模様が繰り返されて表現されますが、手書きで模様を描くものは自由で繊細な絵柄が表現できます。手書きで模様を描いていくもの...

≫続きを読む

 


スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方