雨傘

着物・和装のときの雨傘(あまがさ)着物もコートもぬらさないために

スポンサーリンク

56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル

着物・和装のときの雨傘(あまがさ)着物もコートもぬらさないために

雨傘着物の女性が雨傘をさしている

日本で昔から使われてきた傘は「和傘」です。

 

和傘は紙と竹を使用して造られています。

 

和傘にはいくつか種類がありますが、すべてまとめて「蛇の目傘」と呼ばれているようです。

 

とはいえ現代では、着物を着ているからといって和傘を使う人はほとんどありません。

 

では、着物のときどんな雨傘を使うといいでしょう。

 

スポンサーリンク


 

着物に適した洋傘とは

 

「和傘」には、蛇の目傘のほか「野点(のだて)傘」、「番傘」があります。

 

「和傘」に対する言葉は「洋傘」ですね。

 

現代では着物のときも、洋傘を使っていますね。

 

着物に適した傘とはいえ、好みの洋傘を使うでよいのです。

 

着物姿とのバランスがとれていればOKです。

 

ですが、ひとつだけ注意したいことがあります。

 

 

洋傘を使う時の注意点

 

着物は裾丈が長いので、雨用コートを着て着物を守ります。

 

雨コートに撥水加工もしてあるでしょう。

 

それでも安心のために、傘はできるだけ親骨が長く使用時の直径が長いものがおすすめです。

 

コートさえ濡れない方が、脱ぐときに着物をぬらしにくくなるからです

 

  • 洋服のときより大きい傘をさす。
  •  

  • 男性用の広い傘を利用してみるのも手です。

 

 

和傘の傘以外の用途について

 

純粋な雨傘としての用途がほとんどなくなった和傘。

 

ほかに何かに使われることがあるかというと、あるんですね。

 

和傘はそのシルエットが末広がりなことから、昔から縁起がよいものとされています

 

結婚式や各種の贈り物として、使われることがあります。

 

また、八十歳のお祝いを「傘寿(さんじゅ)」といいますね。

 

そのお祝いに寿印の和傘を贈ったり、和傘に寄せ書きするなどして、贈る習慣もあるといいます。

 

豆知識でした。

 




スポンサーリンク




56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方