雨傘

雨傘

スポンサーリンク

雨傘

雨傘着物の女性が雨傘をさしている

日本で昔から使われてきた傘は「和傘」で、紙と竹を使用して造られています。

 

和傘にはいくつか種類がありますが、すべてまとめて「蛇の目傘」と呼ばれているようです。

 

(ほかに「野点傘」、「番傘」、「蛇の目傘」などが和傘の仲間です)

 

とはいえ今時、着物を着ているからといって和傘を使う人はほとんどありません。

 

特別な職業の人でない限り、雨のときは着物に合う洋傘が当たり前のように使われています。

 

スポンサーリンク


 

和傘の傘以外の用途

 

雨のときの傘は昔は番傘や蛇の目傘でしたが、現代ではほとんど利用されていません。

 

和傘はそのシルエットが末広がりなことから、昔から縁起がよいものとされ、結婚式や、各種の贈り物として使われることがあります。

 

また、八十歳のお祝いを「傘寿(さんじゅ)」といい、寿印の和傘を贈ったり、和傘に寄せ書きするなどして、贈る習慣もあるといいます。

 

 

着物に適した洋傘とは

 

着物の時に利用する洋傘は、着物姿とのバランスがとれればどんなものでもかまいません。

 

あえていえば、着物は床につくほど裾丈が長いので、雨用コートを着て着物を守っていても、やはり濡れないにこしたことはありません。

 

そのため洋服のときより広い傘をさすとよいでしょう。

 

女性用の洋傘ではやや不安であれば、男性用の広い傘を利用してみるのも手ですよ。

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方