着物のある暮らしを支える優れもの

着物のある暮らしを支える優れもの

スポンサーリンク

着物のある暮らしを支える優れもの

着物のある暮らしを、昔から支えてきたものを紹介します。

 

今ではほとんど使われなくなっているものもありますが、現代でもあればとても重宝するものばかりのような気がしています。

 

あらためて昔から受け継がれてきた、着物暮らしの中での必需品を見直してみました。

 

現代に生かしていけるもの、取り入れていけるものがあればと思います。

 

着物のある暮らしを支える優れもの記事一覧

割烹着(かっぽうぎ)とは・着物にはおる優れもの

着物を日常でも着たいとき、また着物で出かけるまでの汚れ防止として、割烹着があるととても重宝します。割烹着といえば白のものを思い浮かべますが、近年では洋服用で着用するものとして販売されているものは、袖の幅も細めで色も様々あります。洋服のときでも割烹着を着るというと、やはり年齢の高い方がほとんどのようで...

≫続きを読む

 

前掛け(手作り二幅の前掛け)の作り方は3ステップで出来上がり!

「前掛け」は文字通り、体の前にかけるもので、着物の前側の汚れを防止するものです。昔は生地が貴重だったので、着物の生地(反物)の幅そのものを利用して、腰に巻きつける紐を取り付けただけのものが、前掛けでした。前垂れ(まえだれ)とも言われていて、江戸時代のドラマなどで茶屋の接客の女性が、赤い前掛けをしてい...

≫続きを読む

 

上っ張り(着物用)とは・着物にはおる家庭用上着

着物を日常でも着るようになると、上っ張りと呼ばれる上着があるととても重宝します。「上っ張り」はひとつのものを指すのではなくて、事務服とかスモックのように、衣服の上に羽織って衣服の汚れを予防するものです。着物でいう上っ張りは、作務衣の上着によく似た、袖幅が広い上半身の衣服です。春、秋、冬に羽織ることが...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方