譲ってもらった着物の着こなし

譲ってもらった着物の着こなし

スポンサーリンク

譲ってもらった着物の着こなし

着物好きのあなたは、お母様やおばあ様、お知り合いの方などから、着物を譲ってもらう機会があるかもしれません。

 

ちょうどいいサイズならそのままどんどんお召になることができますが、中には好みは合うのに、自分で着るにはちょっと大きかったり、反対に小さかったりということもあるかもしれません。

 

そんなときには、こんな工夫をしてみてください。

 

ちょっとのサイズ違いなら、そのまま着ることもできますので。

 

そしてサイズはだいたいよいのに、色柄の感覚が今の自分に合わないというときについても、できることをお伝えします。

譲ってもらった着物の着こなし記事一覧

大きめの着物の着こなし方・工夫の仕方はここ!

譲ってもらった着物のサイズが、ちょっと大きいときは、よほど大きいと感じなければそのままお召になるとよいと思います。着付けするときに解決できることもありますので、大きい着物ときはこんな風に工夫をしてみてくださいね。袖が長いとき(袖幅が長いとき)たとえば、袖の長さですが、腕を自然に降ろしたとき、手首の小...

≫続きを読む

 

小さめの着物の着こなし方・工夫の仕方はここ!

譲ってもらった着物のサイズが、ちょっと小さいときは、よほど小さいと感じなければ着付けの工夫次第ではそのままお召になることもできます。たとえばこんな風に工夫をしてみてくださいね。袖が短いとき(袖幅が短いとき)袖が短く、腕をおろしたとき手首の小指側にある骨の突起(手首のぐりぐりとか手のくるぶしとかともい...

≫続きを読む

 

色や柄が好みに合わない着物は本当に自分に似合わないのか?

(これは昭和初期ころの、深い緑色の地の着物)譲ってもらった着物の大きさに問題はなくて、ほぼ満足に着られるものであったとしても、自分の好みに合わないということがあるかもしれません。自分の好みをよく知っている人ほど、一目見ただけで似合うかどうかはわかるものでしょう。でもちょっとだけ待ってください。それは...

≫続きを読む

 



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方