半衿と伊達衿の取り付け方

半衿と伊達衿の取り付け方

半襟と伊達襟の取り付け方

半襟は、長じゅばんの襟に取り付けて、着物の襟が汚れるのを防ぐ役目とともに、襟元を彩る役目をしています。

 

ここでは一般的な日常で無理なく行える、半襟のつけ方を紹介します。

半衿と伊達衿の取り付け方記事一覧

女性の半襟のつけ方(バチ衿)・誰でもできる写真詳細付きです

女性の長じゅばんには「バチ衿」と「広衿」があります。「バチ衿」というのは、衿の先に向かって少し幅が広くなっていく衿です。礼装用以外の長じゅばんに、主に使われる衿です。ここでは「バチ衿」の長じゅばんにつける「半衿」のつけ方を紹介します。女性半襟のつけ方(バチ襟)<用意するもの>半衿長じゅばんまち針縫い...

≫続きを読む

 

女性の半襟のつけ方(広襟)・誰でもできる写真詳細付き

女性の長じゅばんの衿で、「広衿」につける半襟のつけ方を紹介します。半襟の大きさは、「長さが1メートルから1メートル10センチ、幅が16センチほど」です。バチ衿に比べ広衿は衿元をふくよかに見せることができます。そのため留袖や振袖、訪問着などに合わせる長じゅばんには、広衿のものが多いです。女性の半襟のつ...

≫続きを読む

 

伊達襟(だてえり)の取り付け方・誰でもできる写真詳細付きです

伊達(だて)衿は、もう一枚着物を着ているように見せかけて「重ねる衿」のことです。「重ねる衿」といっても着物衿そのものでなく、「長方形の布」を着物の内側に重ねることで、胸元を華やかにします。伊達衿の多くは「120〜130センチ×11センチほどの長方形の生地」で、裏地がついています。胸元を飾るためなので...

≫続きを読む

 

女性の半襟のつけ方(バチ衿)・誰でもできる写真詳細付きです(コピー)

女性の長じゅばんには「バチ衿」と「広衿」があります。「バチ衿」というのは、衿の先に向かって少し幅が広くなっていく衿です。礼装用以外の長じゅばんに、主に使われる衿です。ここでは「バチ衿」の長じゅばんにつける「半衿」のつけ方を紹介します。女性半襟のつけ方(バチ襟)<用意するもの>半衿長じゅばんまち針縫い...

≫続きを読む

 


スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方