や行

や行

スポンサーリンク

有職模様(ゆうそくもよう)

有職模様(ゆうそくもよう)とは、平安期の公家の衣装の中でも、特に織りで表された模様をいいます。優美で洗練された様式で、改まった趣のきものや帯に用いられます。季節感がないので、年間を通して使うことができます。水蒸気が立ち上がる様子を文様化した、立涌(たてわく)、正六角形の幾何学文様で、亀の甲に似ている...

≫続きを読む

 

浴衣と藍染め

浴衣は、近年では、藍染めだけでなく化学染料を用いた、鮮やかな浴衣が主流となってきましたが、昔からある藍染めの浴衣は、中型の型紙を使い藍染めしたことから「中型」ともよばれます。江戸時代から伝わる伝統的な染め方として、長板中型という染め技法が、江戸時代中期に江戸で生まれました。「長板」とは、木綿の浴衣地...

≫続きを読む

 

裄(ゆき)・裄丈(ゆきたけ)裄というのは、袖幅と肩幅を足した長さで、裄丈ともいいます。背中の中心で首の付け根にあたる骨が、少し出っ張っていますが(第7頚椎)、そこを起点にして、手首のくるぶしまでの長さを、表します。裄の測り方は、まっすぐ背筋を伸ばして立ち、首の付け根(第7頚椎)ここをぐりぐりと称して...

≫続きを読む

 

結城紬(ゆうきつむぎ)

茨城県の結城地方・栃木県の小山地方で作られています。撚(よ)りをかけない、手で紡いだ糸を、日本古来の地機(じばた)で、手織りします。ふっくらとやわらかく軽く仕上がり、しわにもなりにくい生地が出来上がります。文様は亀甲、十字によって構成されて、文様が小さいほど、行程は複雑で高価になります。16項目の厳...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方