江戸小紋
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

江戸小紋

江戸小紋

細かく緻密な文様を切り抜いた小紋型を用いて、

 

一色で染める型染めの一種です。

 

江戸時代武家の裃(かみしも)に用いられていて、

 

武家ごとによって小紋柄が決められていたため、

 

「留柄(とめがら)」とも呼ばれていました。

 

江戸小紋の模様の中で、鮫(さめ)、行儀(ぎょうぎ、)角通しの三種が、

 

最も格が高いとされています。

スポンサーリンク

 

これらは一つ紋付にして、準礼装として通用する格式になります。

 

江戸小紋に使う型紙は、三重県の伊勢地方(鈴鹿市)で作られていて、

 

伊勢型紙と総称されています。

 

美濃和紙を三枚重ねて、柿渋で貼りあわせて強度をもたせ、

 

錐など数種類の彫り道具を用いて、非常に細かい連続模様を彫ります。

 

型紙の種類は数千種類にも及ぶようですが、江戸小紋染めの職人が減少して、

 

型紙の保存数も減少しつつあるようです。

 

江戸の中期ころからは、町人の間でもはやったこともあり、

 

模様は縞模様から日用の生活道具などの愛らしい模様も数多く登場しています。

 

 

一色染めという特徴から、遠めには色無地にも見えますが、

 

帯び合わせの範囲も広げやすく、

 

粋な着物姿を求める方に人気があります。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する