卒業袴

卒業袴

卒業袴

卒業袴着付け

卒業袴(そつぎょうばかま)は、短大や大学の卒業式に着用されるもので、女性には根強い人気が有ります。

 

袴は、ほとんどの人にとって、人生において一度きりの衣装となると思います。

 

大学の卒業式は、二十歳前後の初々しい時期です。

 

これから社会に飛び立つ晴れがましい席に、相応しいものを選んでください。

 

明治から大正期にかけて、女学校に通えるようになった時期に、女性も袴をはいて、活動的に過ごせるようになっていきましたが、その名残りとして、高学歴の女性のシンボルのように扱われることもあります。

スポンサーリンク


 

袴をはくときは、着物のおはしょりをおおきくとって、裾を短く着付けます。

 

袴は丈の調整がきかないので、身長にあわせて選択します。

 

履物はブーツか草履で、好みの方を選びますが、ブーツの場合は袴の丈を、やや短めに着付ける方が似合うので、袴を選ぶときに、決めておきます。

 

卒業袴として、袴だけのレンタルもありますし、一緒に着る着物とあわせての、セットでのレンタルも多いです。

 

セットになっているものは、色柄のバランスも考えてあるので、組み合わせに悩まずにすむのは良い点です。

 

ご自分のお手持ちの着物があるときは、袴だけをレンタルすればよいので、お値打ちにすみます。

 

袴にあわせる着物は、本来なら、色無地、小紋、銘仙絣くらいのものがよいと思いますが、ここ10年くらいは、小振袖、中振袖が主流になってきているようです。

 

振袖を成人式のときくらいしか着ない女性も増加していますので、もう一度振袖が着たい、という思いや、できるだけ華やかに装いたいという気持ちからか、振袖を選ぶ女性が増えています。

 

小紋や色無地の着物のときには、やや落ち着いた若々しい髪型がよいのですが、振袖にするなら、着物に負けないような、豪華なアップヘアと髪飾りが、やはり合うと思います。

 

レンタルにあたっては、ヘアのセットと髪飾りがついているものや、草履やバッグの一式までセットされているものなど、実にさまざまあります。

 

大学を通しての、レンタルの案内があるところもあるようです。

 

個人で貸衣装を借りるにしても、学校を通じてにしても、袴が必要な時期は、3月に集中するので、夏〜秋にかけて早めに申し込むようにすると良いと思います。

 

着付けもセットになっているのかどうかも、確認しておきましょう。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方