訪問着

訪問着

スポンサーリンク

訪問着

訪問着着付け

訪問着は、着物の柄が一枚の絵のようにつながった、絵画的で華やかな着物です。

 

絵のようにつながっている模様の付け方を、絵羽模様といい、
衿、胸、袖、後ろ身ごろ、前身ごろ、そしておくみにかけて、
模様が連なるように染めてあります。

 

つまり縫い目をわたって、模様が連続しているわけです。

 

一般的な誂え方は、着る人のサイズに合わせて、いったん白生地を仮縫いして、
それからどんな模様にするかを打ち合わせして、制作されるものです。

スポンサーリンク


 

その後、地を染めて、模様を描いて、刺繍や金箔などの加工をして、
また出来上がりに仕立てるという作業が行なわれます。

 

この間幾人もの職人さんの手を経て、出来上がりますので、
出来上がりまでの時間も相当かかるのが訪問着です。

 

一番の社交着ということで、とても華美なものは、相当高額なものもあります。

 

近年では、地味に見えるくらいの、落ち着いた模様の訪問着や、
モダンな印象の訪問着などもあり、古典的な模様に限らず種類も豊富になっています。

 

訪問着は、披露宴、お茶席、結納、目上の人への挨拶まわりなどに着用します。

 

訪問着に合う帯結びは、二重太鼓を変形(アレンジ)したやや華やかな結びで、
羽根や扇を手先などでつくったものが、若い方には
単に二重太鼓よりもよいのではと思います。

 

訪問着の柄の種類も豊富にありますので、年齢や出向く先によって、
相応しい柄を用いるようにしたいものです。

 

訪問着をレンタルするにあたっては、できれば目で確かめながら
選ぶようにしたいことと、お店の知識のある方にアドバイスをもらいながら、
帯を合わせていくと自信をもって着用できることでしょう。

 

帯は着物と最初からセットになっているものもあり、
小物までのトータルなコーディネーとしてセット内容が,
あらかじめきめられているものもあります。

 

セット内容には、外側から見えないところのものも、確認をしておきましょう。
例えば肌着、裾除けなどもあると便利です。

 

また足袋は返品しなくていいというお店もありますので、
あらかじめレンタルの品物については、しっかり確認したいものです。

 

一泊か二泊が普通で、インターネットでの申し込みでは、
遠方でも送ってもらえるシステムがほとんどです。

 

その際の送料や、送付にかかる日数について、料金の計算をどうするのかなど,
細かな点もよく確認しておくようにしましょう。

 

延泊利用すると、金額がかさんできます。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方