千歳飴(ちとせ飴)

千歳飴(ちとせ飴)

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

千歳飴(ちとせ飴)

七五三

細長い紅白の棒状の飴を、千歳飴といいます。
縁起をかついで、紅白に着色されていて、
飴を入れる袋は鶴、亀、松竹梅といった、縁起のよい絵柄が描かれています。

 

最近では袋にキャラクターなどのイラストが描かれているものも増えていて、
袋の中に、祝い箸や学業成就の鉛筆やお守りなどを、一緒にいれる神社もあるようです。

 

長い千歳飴は、その名に、長く健康で幸せが末長く続くようにという
願いが込められていいます。

スポンサーリンク


 

また飴はひっぱると伸びる事から、
寿命が延びると言う願いを込めた縁起物として持つようになったともいわれています。

 

晴れ着を着た幼い子供が、千歳飴を持って写真におさまっている様は、
誰もが懐かしく思い出す、七五三の一場面です。

 

千歳飴の由来としては、二つ説があり、
1つは浅草の飴売り七兵衛が、元禄・宝永年間(1681〜1711)に紅白の棒状の飴を、
「千年飴」「寿命糖」と名付けて長い袋に入れ、売り歩いたのが始まりという説と、
1615年に大阪の平野甚左衛門が江戸に出て売りはじめたという説があります。

 

千歳飴は七五三のときにしか見かけることのない、まれな飴です。
不二家では七五三の時期に合わせて「ミルキー千歳飴」として
一本ずつ個放送されたものや、袋と飴がセットになったものも販売されています。

 

他にも千歳飴を通信販売しているお店もありますので、
七五三に行かれない方や、七五三の年齢の前後のお子様の、
健康や成長のお祝いとして、購入されるのもよいかもしれません。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

初穂料
参拝の方法

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方