呉服着物和服の歴史と特色

呉服着物和服の歴史と特色

スポンサーリンク

呉服着物和服の歴史と特色

呉服の歴史

「呉服」は呉の国(中国)から伝わった衣装という意味で、和服着物全般を呉服と呼んでいます。

 

「着物」というのは日本の昔からの衣服として、小袖(袖口の小さい一般的な着物)が用いられてきたのですが、それが身につけるもの=着るものという意味で、日本人の衣装を総称して着物と呼びます。

 

また「和服」という言葉も、日本人の衣装を指すもので、洋服に対する日本独特の衣装ということで、和服という名称を用います。

 

これらの三つ(呉服・着物・和服)は、ほとんど同じ意味で用いられています。

 

洋服とは全く違う文化を背景に持つ着物は、生地を大切に使い、着物としての役目の後は帯や小物入れ、座布団などに形を変えて使いまわす繰り回しの文化が残っています。

スポンサーリンク


 

 

日本の着物の略歴

呉服和服着物

 

日本人がその昔、身にまとっていたものは、古墳時代にはツーピース型で、下半身には男性はズボンのような形態のものを、女性はロングスカートのようなものをはいていました。

 

弥生時代には男性は一枚の布を体に巻きつけ、女性は袖なしの頭を通す穴を開けた布を着ていました。

 

中国文化が飛鳥奈良時代に入ってきて、右前に衿を合わせる文化が定着しました。

 

それでも今の着物の原型となるよう小袖を身に付けるようになったのは、安土桃山時代から江戸時代にかけてになります。

 

女性の帯が今のように太くなったのは、江戸の中期ごろです。

 

それまでは細く短い帯を締めていました。

 

またお太鼓結びが用いられるようになったのは、江戸時代の末期ごろと言われています。

 

中国から伝わった衣装が、長い年月をかけて今の着物の形を完成させてきました。

 

 

着物の特色

呉服和服着物

 

「呉服」「着物」「和服」は、ほとんど同義語として使われていて、日本人の衣装という意味でしたね。

 

ではその特色について離しますので、便宜上、「着物」と統一して呼ぶことにします。

 

女性の場合の着物は、衿、おくみ、身頃、袖の四枚の長い布をつなげたワンピース形式のものです。

 

身長と同じくらいの長さで作り、ウェストにおはしょりというたぐみをとって着装します。

 

夏物、ひとえもの、袷(あわせ)のものと、生地の厚さや裏地のあるなしで3種類ありますが、形は同じです。

 

 

着物には帯を必ず結びますが、半幅帯を合わせるのが一番軽装です。

 

現代では半幅帯よりお太鼓の方が多く用いられていて、外出時にはほとんどの方がお太鼓結びで着ていらっしゃいます。

 

男性の着物は、形状は女性とほぼ同じですが、袖の下や脇に空きがないこと、おはしょりを取らないことが違います。

 

男性の帯は、兵児帯または角帯が用いられます。

 

着物と帯だけのスタイルを、着流しといます。女性は着物と帯だけで羽織ものをしないときは「帯付姿」といいます。

 

また、着物のことを「長着」と呼ぶこともあります。

 

これは、着物と一言で言ったときに、和装全般を指すことがあるために長じゅばんの上にきるものを指すときに、長着といって区別がつくようにしています。

 

着物を着たときは、履物は下駄か草履を合わせます。

 

下着は昔は、湯文字やふんどしを使用していました。

 

着物は現代では、主に冠婚葬祭に用いられていて、着物といえばそうした行事用のものと考える方もあるかもしれません。

 

しかしながら普段に着る着物や外出着として着る着物も、当然ながら流通していますし、愛好者も多くいます。

 

現代の着物の着方は、雑誌のモデルさんが着ているような、きっちりとしたスキのない着方が主流です。

 

普段着や遊び着といったごくプライベートなときの着方なら、補正も少々で木綿やウールやポリエステル繊維のものを利用すると気が楽です。

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方