久留米絣(くるめがすり)

久留米絣(くるめがすり)

スポンサーリンク

56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル

久留米絣(くるめがすり)

久留米絣

福岡県久留米市および周辺の旧久留米藩地域で生産されている絣(かすり)です。

 

絣は糸の一部をくくって、染め色がつかないようにしてから染色して織ることで、

 

模様を織り出していきます。

 

久留米絣の特徴は、絣の部分が白と薄い藍色で、

 

かちっとした端正な模様であることです。

 

木綿絣の最高級品とされていて、天然藍で染めて投杼機(なげひばた・機織機の一種)で織る昔からの技法が、

 

「本場久留米絣」として今も少ないながら生産されています。

スポンサーリンク


 

ほとんどの製品は、化学染料による染色で機械織りとなっています。

 

芸術的な絣模様が評価され、国の重要無形文化財、

 

通産大臣伝統的工芸品に指定されています。

 

 

絣は南方から琉球を経由して伝わった絣もありますが、

 

久留米絣を考案したのは井上伝という当時12歳の女性で、

 

斑点の柄を織り出すことに成功したのがはじまりとされています。

 

その後、絣で絵柄を出したいと相談をもちかけ、

 

田中久重という人が、絵柄を出す機器の発明をしたことによって、

 

複雑な絵絣が織られるようになっていったそうです。

 

主に十字絣、亀甲絣、吉祥模様の絵絣が有名。

 

戦前には若い男性の日常着として、女性や農村での働き着として、

 

全国的に着用されていました。




スポンサーリンク




56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方