八寸(八寸名古屋)

八寸(八寸名古屋帯)とは・着物用語

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

八寸(八寸名古屋帯)とは・着物用語

八寸名古屋帯

「八寸(八寸名古屋帯)」とは、和装のときの「名古屋帯」の一種で、幅が八寸で織られている帯です。

 

別名を「袋名古屋帯」といいます。

 

長さは、約3メートル50〜70センチです。

 

スポンサーリンク


 

八寸名古屋帯の特徴

 

八寸名古屋帯は、お太鼓になる部分を折り返して、かがって仕立てます

 

生地は厚く、主にカジュアルな着物に合わせます

 

 

柄のつき方

 

すべてに柄のついている「全通柄」

 

お太鼓部分と、前帯の部分に柄のある「お太鼓柄」

 

手先とお太鼓部分に柄のある「六通柄」

 

の三種類があります。

 

 

全体の構成

 

お太鼓の幅は、八寸、約30センチ。

 

お太鼓になる部分の長さは、100〜110センチくらい。

 

 

夏用八寸名古屋帯は涼しく仕立てる

 

通常はお太鼓の長さ全体をかがるのですが、

 

夏用の八寸名古屋帯の場合は、風通しをよくするため、

 

たれ先20センチくらいと、胴まわりに接する20センチくらいの部分のみ、

 

両端をかがることもあります。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方