名古屋帯

名古屋帯

スポンサーリンク

名古屋帯

あごや帯

きもの姿で一番よく見られるのは、一重太鼓です。

 

通常お太鼓結びと言われますが、

 

この結びをするのに、一番適した帯が名古屋帯です。

 

名古屋帯は、名古屋の女学校の先生が考案したため、

 

「名古屋帯」と名称され、広く全国に広まることになりました。

 

 

名古屋帯は身体に巻く部分は、帯幅を半分にしてあって、

 

胴に巻き付けやすく、

 

締めたら、お太鼓が素早くつくれるようになっています。

スポンサーリンク


 

この帯が考案されるまでは、

 

途中から半分に仕立ててある形の帯はなかったそうです。

 

従来の帯より、生地が少なくて済み、

 

長さもお太鼓専用の長さにして生地を節約してあり、

 

当時は斬新で、合理的な帯だったことから、

 

急速に全国に広まっていったそうです。

 

 

胴に巻く部分はお太鼓の幅の2分の1で、

 

約15センチくらいの幅です。

 

胴に2回巻きつけて、お太鼓の柄を背中に出し、

 

「太鼓枕」と呼ばれる帯枕でこんもりと、

 

お太鼓の山になるところを安定させます。

 

 

名古屋帯は、染めの帯に多用されていて、

 

お太鼓を形成しやすいように芯が入っています。

 

 

他に「袋名古屋帯」とよぶ名古屋帯があります。

 

これは、お太鼓に当たる場所を、袋状にして端を閉じた仕立てで、

 

芯をいれない代わり、生地を厚くして、

 

お太鼓が形づくれるようにしてあります。

 

締めやすく、軽いのが特徴ですから、

 

カジュアルな装いに向きます。

 

 

また「新名古屋帯」、といわれる、表裏が別布で、

 

袋帯に良く似たな帯もあります。

 

 

帯全部に柄のあるタイプを、全通柄、

 

6割くらいに柄のあるタイプを6通柄、

 

お太鼓と前の胴帯部分のみに柄のあるのを、ポイント柄、

 

と呼び分けています。

 

 

価格でみるとだいたい柄の多いものの方が、

 

比較的高価になります。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方