大島紬(おおしまつむぎ)

大島紬(おおしまつむぎ)

大島紬(おおしまつむぎ)

大島紬

奄美大島・鹿児島県の一部で作られています。

 

現在は生糸を用いて、経糸(たていと)緯糸(よこいと)に、

 

絣(かすり)柄をいれて、1本ずつ柄を合わせながら、織り進みます。

 

大島紬の染めの技法で最も有名なのは、泥染めで、

 

テーチ(車輪梅しゃりんばい)の煮汁で20回染めて、

 

泥の田に、1回浸けます。

 

この行程を何度か繰り返して、泥大島が染めあがります。

スポンサーリンク


 

泥大島は渋い光沢があり、柔らかでありながら、しわになりにくく、

 

汚れにくく虫がつきにくいという、長所があります。

 

丹念に織られるために、非常に丈夫で、

 

何代にもわたって着られるという魅力もあります。

 

他に草木泥染大島、色大島、白大島などがあります。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方